ピクシブ百科事典

石田ヤマト

いしだやまと

アニメ『デジモンアドベンチャー』シリーズの登場人物。複数のシリーズに登場する。
目次[非表示]

歴代の担当声優


デジモンアドベンチャー
  • (02及びアニメをベースにしたゲーム作品含む)
風間勇刀
デジモンアドベンチャーtri.細谷佳正
デジモンアドベンチャー:浪川大輔

概要

アニメ『デジモンアドベンチャー』、『デジモンアドベンチャー02』、『デジモンアドベンチャーtri.』の登場人物。『tri』の第1・4部のヒーロー。
パートナーデジモンガブモン。心の特性を表す紋章は『友情』。

両親は離婚しており、ヤマトはの石田裕明との2人暮らし。同シリーズに登場する高石タケルの高石奈津子と暮らしている。
母方の祖父フランス人で、ヤマトはクォーターとなる。
劇場版『ぼくらのウォーゲーム!』では、島根県(県東部・出雲地方の三刀屋町木次町=現在の雲南市付近とされる)にある祖母キヌ宅で弟と共に春休みを過ごす様子が描かれているが、ドラマCD「千年の封印を解け」で「ヤマトとタケルは父と島根に里帰りする途中」とアナウンスされていたため、島根は裕明の実家と思われる。

目玉焼きにはマヨネーズ派。と二人暮らしをしているためか、料理慣れていると思われる描写が作中に複数出てくる。

ファンからの人気が非常に高く、公式サイトの「選ばれし子供たちの中で1番好きなキャラは?」というアンケートでは、3回連続で1位となった。
「ヤマト」「タケル」という兄弟の名前は、日本神話に登場する『ヤマトタケル』から採られたと思われるが、公式での言及はされていない。

劇中でもイケメンに該当するらしく、02作中では大輔の姉であるジュンを始め、複数の女性ファンがいる辺り、かなりモテモテである。


デジモンアドベンチャー


Butterfly

8/1


東京都港区在住。お台場小学校5年生(本作の時代設定は1999年であるため、ヤマトは八神太一武之内空と同じく1988年度生まれである)。
一見するとクールで大人びているが、その態度は「自分の内面を他人に知られたくない」という気持ちから来るもので、本来はかなり熱く感情的な性格。真面目で責任感が強く、周囲の人間を思いやるだけの気持ちもあるが、やや短慮で、視界が狭くなりがち。
また、一人で考えすぎる傾向があり、そこをピコデビモンジュレイモンにつけこまれ、利用された事もある。
他人と付き合う事がうまくないせいか、他人から真心を向けられると激しく心を動かされる事が多い。

高石タケルに対しては、幼い頃より離れて暮らしていたせいか、非常に過保護。メンバー最年少であるタケルを気遣い、安全策をとりたがる傾向があり、突っ走りがちな太一とはたびたび対立する。
しかし、弟が冒険を通して成長し、兄である自分から次第に自立していくのを目の当たりにすると、それを認めることができず、激しく動揺するようになる。
そこから、「自分だけが成長できていない」と思い悩むようになり、太一たちメンバーと一時別行動をとるが、やがて葛藤を乗り越え、ふたたび仲間と手を携える。

なお、野球部に所属しているという公式設定があるが、作中ではまったく触れられていない。

劇場版『ぼくらのウォーゲーム』では、父親の実家の島根県に帰省中だったところに太一からの連絡を受ける。
始めは祖母に電話を切られてしまったが、察しの良さと非常用伝言ダイヤルを利用する事でどうにか連絡をつける。
祖母の家にインターネットに繋がるパソコン自体がなかったため、パソコンを求めて奔走することに。その際の叫びはある意味有名である。
「やっぱ島根にパソコンなんてあるわけないじゃん!」


デジモンアドベンチャー02


かき氷屋ヤマト


前作から3年が経ち、お台場中学校の2年生に進級している。
を伸ばしており、「TEEN-AGE WOLVES」というバンドベースボーカルをつとめている。
中学生バンドにもかかわらずライブ会場にかなりの人が入っており、相当人気が高いと思われる描写がある。

物語前半では、やや小学生時代を彷彿とさせる短慮・短気な面がみられたが、本宮大輔とタケルの衝突を見て「俺と太一もそうだった」と理解を示したり、落ち込む井ノ上京フォローを入れるなど、徐々に年上として頼れる姿も見せはじめる。
一方、タケルに対しては相変わらず甘い上に 過剰に構う癖が抜けておらず、激しく憤っている最中でもタケルになだめられるとコロッと落ち着いたり、自分とタケルを「織姫彦星」に例えたり、ドラマCDではボルトモンが立て籠もっているデパートに潜入する為とはいえ、タップダンスを踊った為、空にドン引かれたりとツッコミどころの多い言動を見せる。
ちなみにスペイン語は全くできない為、現地の警官に威嚇として銃を向けられた際には必死に片言の英語で応対していた。
終盤で、空からの告白をきっかけに男女交際を始めてからは(TVシリーズでは)かなり落ち着き、感情的になることはほとんど無くなった。

後に人類初のパートナーデジモンを連れた宇宙飛行士となった。
空とは結婚し、一男一女をもうけている。

デジモンアドベンチャーtri.

月島総合高校の2年生に進級しており、音楽性の違いから「TEEN-AGE WOLVES」を解散し、現在は新しいバンド「KNIFE OF DAY」でボーカルを務めている。
これまでのようなブラコンぶりは鳴りを潜め、今度はガブモンを可愛がるようになった。
ガブモンが文化祭の「キモカワキャラコンテスト」に飛び入り参加した際には順位をかなり気にしていた(ガブモンが出場を認められた=「キモカワ枠」として認められた事に関してはどう思ったのだろうか…)。
今回は「デジモンアドベンチャー」時代の太一のポジションで戦うことに対して迷いは一切なく、戦うことに悩む太一と衝突する。

02の裏設定では宇宙からの敵の正体をつかむべく宇宙飛行士になったのだが、本作では太一の進路変更を受けて「(ならば)自分は宇宙を目指す」という理由になっている。

LASTEVOLUTION絆

理工学部に進学。音楽活動は趣味と割り切り、バンドを休止している。
バンドに代わる新たな趣味としてバイクを購入しており、劇中でも颯爽と乗りこなすほど気に入っている様子。
なお、この趣味が作中であるデジモンの意匠に反映されるようになる。


デジモンアドベンチャー:

上着が半袖付き、色も緑から紫に変わっている。

アニメでは一話ラストにセリフ無しで登場。
既にガルルモンを連れており、ED「悔しさは種」をほぼ独占しているなど、三回連続1位の貫禄を見せつけた。

元祖と違って太一や光子郎とは初対面になっており、仲間の選ばれし子供たちを名字で読んでいるがタケルとは両親が離婚して離ればなれなのは共通している模様。

クールに見えて感情的な性格だった元祖と違い、本作では戦いの時も沈黙且つ冷静沈着で感情をあまり表に出さない性格となっている。
2話でもアルゴモン成長期と戦うが、太一とあまり連携や意志疎通を取っておらず、再会した時も空達を足手まとい扱いするなど、コミュ症気味に見えたがその実、相手を冷たく突き放している様でいて本当は相手を思いやっており、ガブモンには裏でその事を茶化されている。
スコピオモンに怯えるネーモン達を、一度は自分達の使命とタケルの安否を理由に見捨てるも、やはり放っておけなくなり、空と丈の危機に颯爽と登場し、ガルルモンをワーガルルモンに超進化できた。
その後は空と丈に自分の家族関係と、使命を果たそうと躍起になっている理由を空と丈に明かし、少しだが心を開いた。
暫くしてタケルと再会してから少しずつではあるが態度が柔らかくなっている。


関連タグ


東映アニメーション デジモンシリーズ
デジモンアドベンチャー デジモンアドベンチャー02 デジモンアドベンチャーtri.

パートナー
プニモン ツノモン ガブモン ガルルモン ワーガルルモン メタルガルルモン
八神太一 / アグモン … ジョグレス進化のパートナー
オメガモン

家族・血縁
高石タケル 石田裕明 高石奈津子

コンビ・グループタグ
選ばれし子供達 5年無印組
高石田兄弟 / 高石田

カップリングタグ
NLヤマ空 太ヤマ空
BLヤマ太 / 太ヤマ ヤマ丈 / 丈ヤマ ヤマタケ / タケヤマ

他言語
매튜

他作品

関連記事

親記事

デジモンアドベンチャー でじもんあどべんちゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「石田ヤマト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4230152

コメント