ピクシブ百科事典

トーマ・H・ノルシュタイン

とーまえいちのるしゅたいん

トーマ・H・ノルシュタインとは、アニメ『デジモンセイバーズ』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:野島裕史

DATSのメンバーにして、大門大のライバル。14歳。

ガオモンのパートナー。
14歳の若さでストックホルム王立科学大学を首席で卒業したという筋金入りの天才少年。
冷静沈着で何事もデータに基づいて行動する反面、プライドが高く、傷つけられると冷静さを失う行動にでることも。お金持ち特有の庶民的感覚が薄く、お好み焼き屋でキャッシュカードを使おうとして断られ、その際現金を持っていなかったためタジタジになったことがある。
ボクシングの心得があり、戦闘スタイルも猪突猛進な大とは対称的。そのため意見の合わない大とは度々衝突するが、ある程度はその実力を認めており、一定の信頼関係を持っている。でも時折は大やアグモンに突っ込みを入れる描写もある。また間が抜けてズレているところもある。

後半は大に対して嫉妬心を抱いているかの描写もあったが、倉田に半ば人質として取られてしまった妹を救うために取った裏切りの演技を行なった際、改めて大のことを信用するようになった。
全てが終わった5年後、日々の努力によって念願であった妹・リリーナの病気の治療法を発見し、治療。わずか19歳という若さでノーベル医学賞を授与された。

生い立ち

オーストリア人貴族の父親と日本人の母親の血を引くハーフ。
父親であるフランツは、日本へ留学していた際、日本人女性と恋に落ちた。
後にトーマが生まれるが、父方の親族の反対で正式には結婚することができなかった。
幼い頃は母親と日本で暮らしていたが、母が交通事故で亡くなったことから父親に引き取られる。
しかし、上記の事情から父方の祖母には正妻の子どもではない事からノルシュタイン家の人間として認められず、父親も祖母には逆らえない不甲斐なさからトーマを守ることができなかったため、トーマは父親に強い反発を抱く様になる。

その後、異母妹のリリーナがうまれるが病弱であったが故に祖母に跡継ぎとしてはふさわしくないと判断された。

母が死去し、父や妹とも疎遠になっていることもあって家族の情に特別な思いを持っており、大に「知香の誕生日を代わりに祝って欲しい」と言われた時も不思議な張り切りを見せ、その後も知香のことを気遣うことがあった。

5年後

最終回エピローグでは妹の病気を治す薬を開発してノーベル章を受章しテレビの取材に答えた。

関連タグ

デジモンセイバーズ 大門大
豪炎寺修也(イナズマイレブン)…中の人つながり、天才、クールに熱いツンデレライバル、実はお坊っちゃん、途中で敵に妹を人質に取られ一時的にチームを離脱するなど共通点が多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「トーマ・H・ノルシュタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114050

コメント