ピクシブ百科事典

倉田明宏

くらたあきひろ

倉田 明宏とは、アニメ『デジモンセイバーズ』のキャラクターである。(メイン画像の白衣の男)
目次[非表示]

「イッツ、ショータイム!」
「私はまだ、まだぁ!」

概要

声優:菊池正美

白衣と眼鏡が目印の男。非常に臆病で神経質な性格の陰気な男。動物アレルギーを患っているのか、近くにデジモンがいると立て続けにくしゃみを出している。

元デジタルワールド探検隊の一員で、かつて大門英博士(主人公・大門大の父親)の助手をしていたデジモン研究者の一人だが、英をライバル視していた。
探検中、彼の不用意な行動がきっかけで探検隊は何日もデジモン軍団に追われ続けることとなってしまう。後にこれを「地獄のような日々」だったと語るが実質自業自得に巻き込んだような状況であり、仲間達との対立もあってかデジモンを「人間に害をなす凶悪な生物」と一方的に決めつけ、排除を考えるようになる。

人間界帰還後にデジモン抹殺兵器とも言える人工デジモン・ギズモンを開発。仲間の兵士達と共に再びデジタルワールドへと侵攻し、イクトの育ての親であったユキダルモンを含む多くのデジモン達を抹殺した。その後もメルクリモンや「聖なる都」そのものであったエルドラディモンら数多のデジモンを殺害、さらに達3人をバイオデジモンにしてデジモン達の抹殺を目論んだ。

その真の目的は人間界の王になることであり、人工デジモンによって集められたデジモンの生命エネルギーを使って目覚めたベルフェモンを利用して都市の破壊を始めた。ベルフェモンが活動停止した際も自分自身がベルフェモンと一体化することで活動を再開させ、大たちに戦いを挑む。シャイングレイモンバーストモードと大に敗れた後、時空振動爆弾を発動させて逃走を図るも、その前に散々やりたい放題したためにズタズタになった次元の壁が崩壊したことで異次元空間に呑み込まれ、情けなく喚きながら自滅した。

余談

演じる菊池氏はDIGITAL_MONSTER_X-evolutionを除くデジモンシリーズ全てに登場している(代表が無印城戸丈)が、完全な悪役としての出演はデジモンアドベンチャー02デーモン以来である(デジモンクロスウォーズダメモンは最初は敵サイドであったが、後に主人公サイドに回る)。

関連記事

デジモンセイバーズ ベルフェモン 吐き気を催す邪悪(アニメ・マンガ系)

pixivに投稿された作品 pixivで「倉田明宏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1025

コメント