2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

バイオデジモン

ばいおでじもん

バイオデジモンとは『デジタルモンスター』におけるデジモンの勢力の1つであり、人間とデジモンが融合したハイブリット体と呼ばれるデジモンのことである。
目次[非表示]

概要

科学者の手によって人間と捕獲されたデジモンのデータが融合することで生み出されたハイブリット体と呼ばれるデジモンの総称で、オリジナルのデジモンの名前の前に「バイオ」とつくのが特徴。
特殊なデジヴァイスを用いることにより、人間が融合したデジモンに進化する。
その能力は元となったオリジナルのデジモンを遥かに凌駕しており、人間の姿のときの身体能力も常人以上に向上する(例としてアーマー体ベースの個体は完全体以上である)。
これらの要素から一見前作におけるスピリットエボリューションと酷似しているが、所謂『似て非なるもの』である。

公式設定が現状では存在せず、他メディアでの登場も『デジタルモンスターカードゲームα』ぐらいである。

アニメでのバイオデジモン

デジモンセイバーズ

「見せてやるぜ…その目に焼き付けろ!」
「私たちは人間を超えた存在なのです」
「今声高らかに宣言しよう!」

デジモン研究者の倉田明宏によって雇われた聖、ナナミ、イワンの3人が登場。
それぞれ「アーマー体」と「究極体」に該当する計6つのバイオハイブリット体デジモンに進化した。
身体的特徴としては、元となったデジモンとは顔の色がアーマー体時は赤、究極体時は緑色になり、さらにアーマー体時には培養液で満たされた試験管のような器官が突き刺さっている
倉田が言うにデジモンのデータが人間のDNAに融合している状態になっているようで、究極体を元にした姿に進化する為には取り込んだデジモンのデータを書き換える必要があるという。しかし、融合する際のリスクは非常に高く、身体的負担が大きい。

DATSのテイマー同様デジソウルを発現させ、腕に巻かれている専用のデジヴァイスにデジソウルを注入して進化する。
アーマー体進化時は「ハイパーバイオ・エボリューション」、究極体進化時は「ハイパーバイオ・エクストラエボリューション」の掛け声を上げる。

進化前=人間の状態でも大門大が殴ればデジソウルが発生し、敗北すると人間とデジタマに分離する。
ギズモンと共に高い戦闘力を発揮しデジタルワールドで猛威を振るったが、DATSとの死闘の末に敗れ、ついに全滅した。

一覧

アーマー体


究極体


関連タグ

デジモンセイバーズ 倉田軍団

関連記事

親記事

倉田軍団 くらたぐんだん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バイオデジモン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「バイオデジモン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3560

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました