ピクシブ百科事典

バイオデジモン

ばいおでじもん

バイオデジモンとは、人間とデジモンが融合したハイブリット体と呼ばれるデジモンの事。
目次[非表示]

概要

科学者の手によって、人間とデジモンのデータが融合することで生み出されたハイブリット体と呼ばれるデジモンの総称。オリジナルのデジモンの名前の前に「バイオ」とつくのが特徴。
特殊なデジヴァイスを用いることにより、人間が融合したデジモンに進化する。その能力は元となったオリジナルのデジモンを遥かに凌駕している。また、人間の姿のときの身体能力も常人以上に向上する。
デジモンフロンティアのスピリットエボリューションとは別物。

アニメでのバイオデジモン

デジモンセイバーズ』にてデジモンの抹殺を図る倉田博士によって雇われた聖、ナナミ、イワンの三人が登場。それぞれ「アーマー体」と「究極体」に該当する計6つのバイオハイブリット体デジモンに進化した。
身体的特徴としては、元となったデジモンとは顔の色がアーマー体時は赤、究極体時は緑色になり、さらにアーマー体時には培養液で満たされた試験管のような器官が突き刺さっている。
DATSのテイマー同様デジソウルを発現させ、腕に巻かれている専用のデジヴァイスにデジソウルを注入して進化する。
アーマー体進化時は「ハイパーバイオ・エボリューション」、究極体進化時は「ハイパーバイオ・エクストラエボリューション」の掛け声を上げる。

人間の状態でも大が殴ればデジソウルが発生し、倒されると人間とデジタマに分離する。しかし融合する際のリスクは非常に高く、身体的負担が大きい。高い戦闘力を誇っていたが、大たちとの激闘の末に敗れ、ついに全滅した。

一覧

アーマー体


究極体

関連記事

親記事

倉田軍団 くらたぐんだん

兄弟記事

コメント