2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ステゴモン

すてごもん

バンダイの育成バトルゲーム『デジタルモンスター』に登場するデジモンの一種。
目次[非表示]

データ

レベルアーマー体
種族剣竜
タイプフリー種(カードゲームではデータ種)
必殺技シェルニードルレイン
得意技ギロチン・ホイール


概要

パタモンが「友情のデジメンタル」のパワーによって進化したアーマー体の剣竜型デジモン。

その姿はステゴサウルスその物であり、背中の皮骨板が剣状になっている。

背中の剣は敵からの攻撃を防ぐのと同時に反撃を行うためのもので、ステゴモンの意思で好きな方向へ動かすことが出来る。
また、尻尾についている殆ど棘で攻撃を行うこともあるが、基本的には敵の攻撃を受け出来る、皮骨板で撃退するのが殆どだと言われている。

必殺技のシェルニードルレインだが、これは同じパタモン系列であるペガスモンのニードルレインを思わせる(違いは使用後に皮骨板を回収して再装填する必要があるということ)

派生デジモン

  • バイオステゴモン
    世代バイオハイブリッド体(アーマー体)
    種族剣竜型
    属性フリー


超生物学者の倉田明宏が捕らえたデジモンたちを使った実験によって開発したバイオデジモンの1体。
倉田がDNAにデジモンのデータを融合させた3人組の1人、イワンがハイパーバイオエボリューションの掛け声で進化する。

原種との違いは頭の部分が赤く、試験管のようなものが刺さっている点。


必殺技は原種同様シェルニードルレインだが、使用後にブレードを回収して再装填しなければならなかった原種と違い自動的にブレードが装填されるため弾切れを気にすることなく連射が可能となっており「男の純情アタック」とも呼称されている。
また防御力も高く、マッハガオガモンの拳を跳ね除けていた(究極体に匹敵するチィリンモンの技でようやくまともなダメージが入っている)。

各メディアでの登場と活躍

デジモンセイバーズ

前述したバイオステゴモンが劇中3回に渡って登場。
相方のバイオサンダーバーモンやバイオクアトルモンと共にDATS実動メンバーパートナーデジモンを苦しめた(自身は主にライラモン(ララモンが進化した完全体)の相手を担当)。
しかし3度目となる『流れ者の岬』での戦いでへの進化を会得したDATS実動メンバーの前には歯が立たず、彼らの必殺技を受けて敗北した。

デジモンアドベンチャー:

純粋なステゴモンの状態では、今作が初登場となる。OPでイッカクモンと戦ったり、第3話のラストにてモブデジモンとして登場した。

進化系統

成長期パタモン→(友情のデジメンタルによるアーマー進化)アーマー体:ステゴモン

関連タグ

デジタルモンスター デジモン
アーマー体 
パタモン
友情のデジメンタル アーマー進化
ステゴサウルス

関連記事

親記事

友情のデジメンタル ゆうじょうのでじめんたる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ステゴモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 820

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました