ピクシブ百科事典

ロゼモン

ろぜもん

ロゼモンとは、「デジタルモンスター」の究極体の一種である。
目次[非表示]

概要

レベル究極体
タイプ妖精型
属性データ
必殺技ソーンウィップ、ローゼスレイピア、フォービドゥンテンプテイション


名前の通り赤いバラがモチ-フで、女王のような姿をしている。

パルモン究極体であり割と初期のほうから存在していたが、アニメでの出番がないため知名度は低かった。

しかしデジモンセイバーズで、レギュラーキャラであるララモンの究極体として登場。一気に知名度が上がった。
ちなみに、ライラモンよりもデータ量があるためさらに巨大化するはずだが、今作の究極体では珍しく小型化している(ライラモンの項目を参照)。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

草花の女王と呼ばれる薔薇の様な姿をした妖精型デジモン。美しい大人の女性の姿をしており、常に美しくあることを願っている。
性格は多少、自意識過剰なところもあるが、その実力は他の究極体とも引けを取らないほどである。また、胸元には愛と美のシンボルが刻まれた宝玉「ティファレト」を身につけている。このティファレトを持つものは、永遠の美しさと強さを約束されると言われている。
必殺技は電気を帯びた棘の鞭でどんなに狂暴なデジモンでも手なずけてしまう『ソーンウィップ』。この技を受けたものは、身も心もロゼモンの虜になってしまうと言われている。また、鞭の切っ先で敵を仕留める『ローゼスレイピア』。そして、ロゼモンの究極にして禁断の誘惑『フォービドゥンテンプテイション』を受けたデジモンは、無数のバラの花に包まれて美しくデータ破壊される。

ロゼモンX抗体

センシティブな作品


レベル究極体
タイプ妖精型
属性データ
必殺技ソーンウィップ、ローゼンブラッド

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

ロゼモンの鮮烈なまでの美しさが引き出され、万物全ての赤色が色あせて見えてしまうほど真紅に染まった姿は、見る者に圧倒的な劣等感さえ与えてしまう。
ロゼモンの逆鱗に触れた時に見られる花弁の雫“アフロディーティア” は、ロゼモンの愛の涙と言われ、これを見たデジモンは、傷つくことを知りながらも、自らロゼモンの棘の鞭に抱かれダメージを負ってしまうという必殺技『ローゼンブラッド』で最終的に消滅してしまう。

ロゼモン:バーストモード

ロゼモンBM


レベル究極体
タイプ妖精型
属性データ
必殺技アギシャンレーヴル、シャリテ、テイファレト

ロゼモンが一時的に限界以上の力を発動させた形態。
体色が白と黒を基調したものになり、周囲に多くのティファレトが浮遊している。また通常時よりも巨大になっている。

公式設定

デジモンウェブ「デジモン図鑑」

ロゼモンがバースト進化で一時的に限界能力を発動し、愛と美のオーラをまとった特殊な姿である。
必殺技は、オーラのマントを増幅させてやさしく敵を包み込み消滅させる『シャリテ』と、唇より放つ投げキッスのレーザー『アギシャンレーヴル』。また、愛と美のシンボルが刻まれた宝玉『ティファレト』をまとい、敵に放つ。

活躍

デジモンアドベンチャー

本編では登場しないがゲーム版においてパルモンから進化する。ゲーム版の進化バンクは、「セイバーズ」版を部分的に変更したものになっている。
その後、『デジモンアドベンチャーtri.』・第二章「決意」でヴァイクモン共々正式にデビュー。本編で(大人の事情によって)進化が叶わなかったが、実に十数年ぶりの快挙である。

センシティブな作品



なお、ヴァイクモン共々、ワープ進化ではなくて超進化であるが理由は不明。ちなみに、ウォーグレイモンメタルガルルモンにもワープ進化したとする描写はないため、何かが変わったのかもしれない。

デジモンセイバーズ

ララモンの究極体。アグモンガオモンと共に第29話で初進化した。
最初の主役達が全員同時に進化するのは、究極体どころか全形態でも歴代唯一である。第43話でバーストモードに覚醒する。
全体的にお色気描写が多く、更に声を担当したゆかなの技量の高さのお陰で、ライラモンの時と声の使い分けが素晴らしい出来だった。

デジモンアドベンチャーVテイマー01

81(3)



豪徳寺マリのパートナーとして登場。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品


センシティブな作品
ロゼモン



関連タグ

デジモン デジモンアドベンチャーtri. 究極体 太刀川ミミ 藤枝淑乃

関連記事

親記事

究極体 きゅうきょくたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロゼモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1003698

コメント