2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ここは『はじまりの街』。死んでしまったデジモンが、デジタマになって再生する所。」(ポヨモンのセリフより)

概要

デジモンワールドのどこかにある場所で、冒険の拠点でもあり、全てのデジモン達がデジタマになって転生する所でもある。

主な登場作品

デジモンアドベンチャーデジモンアドベンチャー02

第12話にて初登場。
デビモンによって分断されてしまった選ばれし子供達のうち、タケルパタモンがたどり着いた場所。同時に、メンバー最年少であるタケルがや年上の仲間達抜きで初めてした冒険の舞台でもある。

クッションのようなふわふわの地面にこちらもふわふわとした材質の建造物が建ち並び、木にはおもちゃが実っている。管理デジモンはエレキモン
広場にはたくさんのデジタマがそこら中に転がっており、赤ちゃんが生まれると揺り籠が現れるというシステムになっている。小説版ではデジタマの殻が一度粒子になり、生まれたデジモンの下に集まって揺り籠になったと描写されている。
また、書き置きがあり、その書き置きに従ってデジタマを撫でるとデジモンが孵化する事がある。

環境は整っている一方で食料供給はされていないようで、食べ物は他のデジモンが運んでくる必要がある。作中ではエレキモンが近くの川まで魚を捕りに行っていた。

ダークマスターズによってスパイラルマウンテンが創造された際はその力により転生システムが停止してしまっていたが、スパイラルマウンテン崩壊及びデジタルワールド再生に伴い復活した。

その3年後、激しい戦いの末に打ちひしがれたある少年がデジタルワールドを当て所なくさ迷い歩く内に辿り着き

ただし、いくつか転生に関してはルールや例外がある模様。

  • 死んだあるいは力尽きたとしても、はじまりの街で転生するわけではなく、その場でデジタマになる事がある(タケルのエンジェモンが該当)
  • 現実世界でデジモンが死ぬと転生できず、データが一種の幽霊のような状態で現地に残留することがある(ウィザーモンヴァンデモンが該当)
  • 「贋作」であるダークタワーデジモンは転生できるかは不明。
    • なお、アルケニモンマミーモンなどの人工のデジモンは対象内かは不明。いずれにせよ、死んだ場所がデジタルワールドではないが…。
  • スパイラルマウンテン健在時に死んだデジモンは復興後に転生する(『tri.』にてレオモンが復活した時の描写からの推測)
  • 転生したデジモンは記憶を引き継いでいる事がある。
    • 一乗寺賢のパートナーであるリーフモンが該当。また、この時にカイザー時代に殺したと思しきデジモン達が転生した幼年期から咎められているが、これに関してはデジモン達本人の意思というより、賢の罪悪感が生み出した幻聴とも取れるので判断に困る所。

デジモンフロンティア

第42話にて登場。
七色に輝く大樹が聳え立ち、スキャンされたデジモン達が植物のようにデジタマが出現するというシステムである。誕生したらそれぞれのエリアへトレイルモン幼年期のデジモン達を運送する。管理デジモンはスワンモン
また、元・悪の闘士のデジタマが一時的にスピリットを依り代にして復活し、拓也達に手を貸している。

なお、デジタマ化したデジモンが必ずしも、この街に転送されるというわけではなく、セラフィモンは悪の闘士に敗れてデジタマ化した間一髪の所を拓也達に救われており、以降はパタモンの姿で同行している。

ゲーム作品において

デジモンワールド

デジモンワールドにやってきた主人公が最初に目覚めた場所で、冒険の拠点となる場所。
こちらではジジモンが長を務める。
記憶を失いファイル島の各地に散っていったデジモンたちを集め、街を発展させることが主人公の目的の一つとなる。

デジモンリアライズ

景観は『アドベンチャー』準拠。
複数体のエレキモンが幼年期の世話をしており、パタモンも滞在している。

漫画作品にて

デジモンネクスト

はじまりの街そのものではないが、デジモンの転生システムは本作にも存在しており、デジタマが孵る場所としてワスプモンが管理する遊園地「i-LAND」が登場している…が、バルバモンにより転生の理が歪められている上、その実態は削除部隊の育成場であった。

関連項目

デジタルワールド デジモンアドベンチャー デジモンフロンティア

関連記事

親記事

デジタルワールド でじたるわーるど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 374

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました