ピクシブ百科事典

バーニングゴジラ

ばーにんぐごじら

バーンニングゴジラとは、1995年に放映にされた東宝映画『ゴジラvsデストロイア』に登場したゴジラの通称である。作品名から「デスゴジ」とも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

ネタバレ注意
体内炉心の暴走と、帰巣本能の異常によって、いつ核爆発を起こしてもおかしくない状態となったゴジラのこと。全身が暴走する核エネルギーで真っ赤になっていることからこの呼び名がついた。

住処であったバース島が、熱水の噴射によるウラン鉱脈の爆発によって消失し、その際に噴出した膨大な放射能を浴びて、体内の核分裂が制御不能なレベルにまで活性化している状態である。

火器攻撃などをきっかけとして大規模な核爆発を起こす危険性を持っており、その際の破壊力は周囲の壊滅どころか、「大気に火がついて」地球全体を焼き尽くしてしまう可能性さえあるレベル(大気に火がつくというのがどんな現象なのかは突っ込んではいけない)。
幸いにも作品中盤で過剰な核分裂は制御されたものの、その体が正常な状態に戻るには既に手遅れであり、核分裂を完全に停止しない限りは、その熱を通常通りに制御できないままメルトダウン=炉心溶融を起こすことが判明する。ゴジラがメルトダウンを起こすと周りを焼き尽くしながら地球に穴が開いてしまうほどのエネルギーが発生し、その穴は日本列島を丸々飲み込んでしまうほど。(2011年の東日本大震災をきっかけとした福島原発事故より前の1995年の時点で、この作品の誇張表現により「メルトダウン」という言葉を一躍有名にした。)

それらを阻止するため人類側は自衛隊開発のスーパーXⅢや冷凍メーサー車などの冷凍兵器を出撃させる。また過去に初代ゴジラを熱を用いず化学的に葬ったオキシジェンデストロイヤーを攻撃手段に用いる怪獣デストロイアをメルトダウン対策として利用するため、ゴジラと戦わせようと目論む。そのため同属のゴジラジュニア(ゴジラと仲が良かった前作・前々作のベビー・リトルが、上述のバース島の異変で急成長した姿)との再会を求めるゴジラを、デストロイアの暴れる場所まで誘き寄せるために、ジュニアが囮として巻き込まれてしまう。幸いジュニアは集合・飛翔体のデストロイアを撃破し互いに再会を果たして喜んだが、完全体となったデストロイアにジュニアが倒され、唯一の同属を失ったゴジラは泣き叫ぶ。この後、怒り狂ったゴジラはデストロイアに対し執拗な攻撃を繰り出す。

外見・能力

バーニングゴジラ


胸や背びれ、目など体の随所が炎のように赤く発光している。皮膚が発光しているのはゴジラの毛細管が体内の核分裂によりエネルギーが活性化し膨れ上がったため。
その姿は『ゴジラの最期』を表すようにすさまじい覇気が漂うとともに、熱で背びれが溶け、目は血走り、常にもうもうと蒸気をまとっているなどあまりに痛々しくもある。

またゴジラの必殺攻撃である放射熱線も青白色からへと変色している。
100万度のハイパーウラニウム熱線90万度のバーンスパイラル熱線などの赤色熱線は、平成ゴジラシリーズにおいてはクライマックスでのみ使用していたものを、本作では序盤から建物を破壊する程度の事にも使用している。その際やゴジラジュニアの死に直面して感情が高ぶった時やメルトダウン寸前などには、ゴジラ自身も制御できず吐血のように勝手に赤色熱線が出てしまっているかのような様子だった。
スーパーXⅢメカゴジラMOGERAと同じく熱線を防御する人工ダイヤモンドをコーティング)は赤色熱線を二発耐えて一日足らずで整備を完了し再出撃しているが、一発でコクピット内に火花が散るほどでパイロット曰く「熱線が予想以上にパワーUPしている」。デストロイア戦の炉心温度レッドゾーン(1160度以上)後には、デストロイアの弱点である胸部のミクロオキシゲン圧縮器が開かれたのを狙い撃ちして、血を吹かせ吐血させた。
また、G細胞が通常時とは比べ物にならないほどに活性化しており、オキシジェン・デストロイアー・レイやヴァリアブル・スライサーなどの大技を受けても即座に回復する治癒力を見せていた。

インフィニット熱線

ジュニアを殺され、なおも戦おうとするデストロイアに対して、
怒り狂ったゴジラが放った熱線である。
この怒りにより、炉心温度が一気に1180度に急上昇し、上昇速度も急激に早くなった。
この熱線は、平成ゴジラVSシリーズどころか歴代ゴジラの中でも最大級の破壊力を持ち、放射直前の時点で背ビレから凄まじい熱風を吹き起こしていた。同時に、その高熱によって背ビレが溶けていってしまった。
体からもデストロイアが怯むほどの熱気が放たれ、同時に放った体内放射は、今までそれを放った怪獣の時より遠い距離にいたデストロイアにも届き、周囲を炎上させるほどに威力・攻撃範囲ともに上昇している。
熱線は着弾すると同時に凄まじい大爆発を引き起こし、高熱に強いはずのデストロイアの体表をボロボロに焼き尽くし、耳(?)を抉り、怯えて逃走するほどに威力が上昇した。
熱線はゴジラがメルトダウンするまではその名の通り理論上無限に熱量が上昇し続けるため、
まさにゴジラ最期の技である。

最期

ゴジラ、死す。


完全体となったデストロイアとの死闘の末(デストロイアはインフィニット熱線のダメージで瀕死の状態を、自衛隊によって止めをさされた)、ついに体内融合炉が臨界点を突破するも、自衛隊によって冷凍兵器を次々と撃ち込まれ、メルトダウンによる最悪の被害は阻止された。
しかし肉体の溶融は止まらず、大量の放射能を東京に撒き散らしながら骨さえ残さずに溶解していった。

だが、ゴジラの塵と放射能は対デストロイア戦で死んだはずのゴジラジュニアに吸収され、新たなるゴジラとして復活させたのである。

1995




商品展開など

当然ながら人気は非常に高く、フィギュアなどの歴代ゴジラ作品を扱う玩具シリーズにおいて、同シリーズのゴジラと同時にほぼ確実に発売が期待できるほど。リアルタイム時にはバーニングゴジラのソフビの流用で、数々の限定商品も製造・発売され、現在も価値が高い。

ソフビやガレキなどでは、尻尾や両脇の小さな背ビレは劇中どおりの白(暗い灰色)ではなく、この記事のトップ画像のようにメインの背ビレと同じ赤で統一することも多い。S.H.MonsterArtsのゴジラ(1995)はその背ビレに白を採用しているが、製品はサンプル画像と違い大量生産の都合で、劇中よりも明るい白の塗装が目立っている。またその型を黒く塗って流用し、ノーマル状態のVSゴジラ(&復活したジュニア)に仕立てあげた新商品も発売され、今後のpixivでのデジラマによる活躍が期待される。

TVゲームのゴジラUnleashedではVSゴジラだけではなく、他シリーズのゴジラや他の怪獣さえも条件を満たすことによってバーニング化できるというバーニング怪獣のバーゲンセールな仕様になっている。VSゴジラ、初代ゴジラ、ゴジラ2000によってバーニングの模様もそれぞれ違っている。

関連イラスト

何故産まれ闘い続ける
炉心融解



余談

唯でさえ重く、呼吸もしづらいことで有名なゴジラの着ぐるみ(暴れると3分ぐらいで酸欠起こすレベル)に、電飾やら蒸気を出すギミックを組み込んだせいで、空気穴が蒸気で詰まったり、電飾が漏電して感電したりと、何時にも増して危険な撮影となり、スーツアクターの薩摩剣八郎氏は冗談抜きで何度も死にかけたとの事。

関連タグ

怪獣 ゴジラ ゴジラVSデストロイア 最終形態

pixivに投稿された作品 pixivで「バーニングゴジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 166300

コメント