ピクシブ百科事典

ミニラ

みにら

ミニラとは、東宝映画『ゴジラ』シリーズに登場する怪獣で、ゴジラの息子である。
目次[非表示]

概要

ミニラは二代目ゴジラ(オス)の息子である。外見は全く似ていないが、とにかくそういう設定である。
初登場は『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』で、ゾルゲル島にあったから生まれた。親のゴジラとは似ても似つかぬ姿だが、物語のラストで一緒に冬眠していたためとりあえず爬虫類であることは間違いない。

20mに満たない小さな体格でずんぐりと丸みを帯びた体型。肌はゴツゴツしたゴジラとは違い滑らか。特徴的なのは目の上に窪みがある点で、まるで太い眉毛のようにも見える。
ゴジラと違って大人しくて優しい心をもっており、人間にも親しげに接する。
取り分け『オール怪獣大進撃』では人語を喋り、人間大の大きさから怪獣としての大きさに自在に変化できるなど、不思議な能力を持つ怪獣として描かれていた(ただし、同作は“子供の夢の物語”という体裁のため、実際に持っている能力であるかどうか不明)。

そのせいか『ゴジラ対ヘドラ』以降の正義の味方になったゴジラは二代目ゴジラではなく、ミニラの成長した姿だとする説もある。
武器は口から出すリング状の光線で、『怪獣総進撃』ではこれでキングギドラにとどめを刺した。

モデルとなったのはおそ松くんチビ太

平成では

平成ゴジラシリーズでは厳密にはゴジラの息子ではない恐竜ゴジラザウルスの赤ん坊「ベビーゴジラ」や、それが怪獣化した「リトルゴジラ」「ゴジラジュニア」が登場するが、実の息子よりこちらの方がもっとゴジラっぽい姿であった。

ミニラ(2004) 【ニコニコ動画用イラスト】


そして2004年の映画『ゴジラ FINAL WARS』においてなんと35年ぶりに登場。ゴジラと人間の間をつなぐ存在として作品のシメを飾った。

その他作品

行け!グリーンマン

こちらでは何と悪の怪獣で、魔王一味によって子供を攫うために特別に連れてこられた(一応ゴジラシリーズ本編のミニラとは無関係)。よく見るとおしゃぶりを口にくわえている。
トンチキと共にグリーンマンと戦うが、最後はグリーンマンに倒されることなく去って行った。
鳴き声はウルトラマンに登場したゲスラのものになっている。

怪獣黙示録

ミニラ自身は登場していないが、ミニラをモチーフにしたと思しき人物のミラが登場。

南米のジャングルに住む太眉の少女で、遭難していた日系人少年:アルベルト・イチロウを助けた。
話の中で彼と言葉が通じないはずのアルベルトと何故か意志を通じ合わせて、共にガバラと交戦したりと、同パートは全体的に『オール怪獣大進撃』のオマージュ傾向が強く、このアルベルトの体験自体も彼自身で「夢物語かもしれない」と発言している。

映画本編に登場したミアナマイナと同じくモスラに仕える「フツアの民」と呼ばれる種族の巫女であり、2048年にイチロウと再会したときには新たな巫女となった孫のリラが登場している。


関連項目

ゴジラ ゴジラの息子 怪獣総進撃 オール怪獣大進撃 ガバラ ファイナルウォーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミニラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179209

コメント