ピクシブ百科事典

ゴジラ・フィリウス

ごじらふぃりうす

ゴジラ・フィリウスとは、アニメ映画『GODZILLA』に登場するゴジラの一種。

概要

  • 身長:50m
  • 体重:1万t


2万年前、人類文明を壊滅させたゴジラから細胞分裂して発生した個体であり、2030年にゴジラが人類の前に初めて姿を現した際と同様の体格や能力を持つ。そのため地球に帰還したアラトラム号はオリジナルのゴジラと誤認しており、ゴジラがまだ生きていたと絶望することになった。
フツアは「ゴジラのしもべ」と呼んでいる。

撃墜された無人偵察機の観測結果から、かつての山梨県神奈川県を中心とした関東地方が回遊圏内であると推測され、元丹沢渋谷のエリアにてハルオ・サカキら地球降下部隊と交戦する事になった。

初遭遇時には撤退中の地球降下部隊A中隊を元伊勢原市秦野市で襲撃。「対ゴジラ戦術案」に必要な電磁パルスパターンのデータ回収の為、単独で挑んできたハルオと交戦した。
その後、エリオット・リーランドの犠牲で回収できたデータをもとにした作戦によってホバーバイク部隊に陽動され、揚陸艇からの爆撃で作られた即席通路を通過し丹沢大関門奥に進行。

敷設トラップによる崖崩れで生き埋めにされ、非対称性透過シールドにノイズが生じた一瞬の隙に受けた攻撃で増幅装置が損傷。さらにハルオの決死の行動をきっかけに始まった砲兵隊からの集中砲火を受けて背鰭を損傷してシールドを失い、多数のEMPプローブを撃ちこまれたことで体内電磁波が暴走。上半身が爆裂し死亡した。

ちなみに「フィリウス」とはラテン語で“子供”という意味である。

関連タグ

GODZILLA(アニメ映画)
ミニラ ゴジラジュニア

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴジラ・フィリウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 253

コメント