ピクシブ百科事典

ハルオ・サカキ

はるおさかき

アニメ映画三部作『GODZILLA』の主人公。
目次[非表示]

CV:宮野真守(青年期)、洲崎綾(幼少期)

概要

アニメ映画三部作『GODZILLA』の主人公の24歳の日本人男性(移民船内での階級は大尉)。

地球外惑星移民計画によって建造された「アラトラム号」に乗り込む移民団のメンバーに選ばれた人間の一人で、幼少時代にゴジラの襲撃によって目の前で両親の命を奪われるという悲惨な過去を持ち、それ故にゴジラに対して人一倍強い復讐心を抱いている。

真面目かつ誠実な熱血漢だが、ゴジラ打倒への執念からか地球においてセルヴァムの襲撃で受けた被害から退却するという案が出た時にはそれに反発したり、作戦を実行する為に単身でゴジラに挑むなどゴジラ絡みでは手段を択ばなかったり暴走することも少なくない。
一方で目的地の惑星が人類が生存するには適さない環境であることが分かっていながら星への降下計画が強行された際にはテロ行為同然なやり方でもそれを止めようとする(いくら志願者を募ってのものとは言え船内の物資不足からくる事実上の口減らしではないかと考えていた)など、それ以上に同胞を思いやる意識は強く、長年の宇宙生活で多くの人間達が心身を擦り切らしていく現状を憂いながらも心中では人類の「心」を信じている熱い一面もある。

一方で人類の再起に関して「ゴジラさえ倒せば人類はかつての尊厳を取り戻せる」と考えており、後に表面化したビルサルドの目的のために種族全体を人為的に強化するという思想に対して「あくまで純粋な人類としてゴジラに勝たなければ意味がない」と主張したが、向こうからは「ゴジラを倒すということは即ちその時点で我らはゴジラを超える種になるということだ」としてその考えを否定されている。

上記の件で投獄された後も理解者のメトフィエスから与えられた過去のゴジラに関する機密データを元に密かに立案した「対ゴジラ戦術」の論文を船内に公表して艦全体の空気を地球帰還へと傾けさせることに成功し、地球到着後はメトフィエスの計らいで保釈され、そしてエリオット・リーランドユウコ・タニマーティン・ラッザリムルエル・ガルグアダム・ビンテバルトリルエル・ベルベらと共に20年ぶりの地上に降り立った。その後、降下隊の指揮官だったリーランドの戦死に伴ってメトフィエスに指揮権が移ると、さらにそれを彼から委譲されたことで自身が新たな隊の指揮官となり、その「対ゴジラ戦術」に則ってゴジラとの決戦に臨む。

地球ではゴジラ・フィリウスおよびゴジラ・アースの存在という予想外の事態や地球の現住民族であるフツアとの出会いなどを経て、やがてメカゴジラを構成していた万能金属体「ナノメタル」が生み出した超巨大要塞“メカゴジラシティ”に拠点を移してゴジラ・アースの討伐を目指すが、その一方でこの頃からは自身の想像を遥かに超えていたゴジラ・アースに対する恐怖心や無限増殖を繰り返して地球環境を作り変えているナノメタルへの不信などが重なって自分たちの行為に対して些かの迷いも抱き始めるようになり、それでもユウコとメトフィエスの励ましを受けて自らの道を突き進む意思を再確認する。

それから間もなくしてシティへのゴジラ接近が予想されたためユウコおよびベルベと共に新機動兵器「ヴァルチャー」に乗り込んでゴジラとの戦闘に参加。そしてフィリウスの時と同じ戦法でゴジラの弱点を突くことに成功するも、アースには向こうに合わせて組み直したはずの戦術が通用せず、さらにゴジラへの攻撃続行を決めたガルグがヴァルチャーのパイロットをナノメタルで強制的に改造するという強行手段に奔り、それによってユウコの命が危機に陥ったことでもはや戦闘どころではなくなってしまう(自身は治療のため身体に塗られていたフツアの鱗粉の効果によりナノメタルの侵食を免れている)。

「ユウコを助けるにはシティ中枢を破壊してナノメタルの機能を止めるしかない」というメトフィエスとそれを制止しようとするガルグ、ベルベらの言葉に挟まれて激しく葛藤、その果てに彼はユウコを救うことを選択し、ガルグもろともシティのコントロールセンターを撃ち抜いた。
しかし、時既に遅くユウコは生命機能を喪失して落命しており、ベルベもまた体内のナノメタルの停止に伴って死亡、これによりハルオはゴジラを倒せなかったばかりか、結果的に自らの手で二人の戦友の命を奪い、あまつさえ自分の迷いの所為で家族同然だった人間を死なせてしまうという最悪の結末を招いてしまった。

余談


関連タグ

GODZILLA(アニメ映画) ゴジラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルオ・サカキ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22006

コメント