ピクシブ百科事典

ハルカ・サカキ

はるかさかき

ハルカ・サカキとは、アニメ映画『GODZILLA』の登場人物。

CV:早見沙織

概要

Gフォース戦闘中隊長で、アキラ・サカキの妻。ハルオ・サカキの母。
旧姓は「ヤシロ」

戦闘中隊長として「オペレーション・エターナルライト」に従軍し、ゴロザウルスを撃破してパリを解放。二年近く地下墓地に閉じ込められていたアキラを救出して、その縁で結婚。長男のハルオを出産する。
日本に帰還後、ルーアンにてそれまで一度もゴジラとの戦闘経験がなかったフランス軍が出現したジラを撃退し、ゴジラを倒したという全世界への誤報とパリ解放の栄誉を比較した落としどころとして栄転とは名ばかりの左遷人事でメカゴジラ開発工場の防衛任務に回され、10代の少女達で構成された冷凍メーサー砲戦車大隊の指揮官となった。

2046年の富士裾野でのゴジラとの戦いでは役立たずの員数外扱いで被害が軽かったため東京に急行。翌日のゴジラ襲撃には間に合わなかったものの冷凍メーサー砲戦車で羽田の火災を沈下し、偶然そこを訪れていた夫と息子の命を救う事となった。

2048年の地球脱出時には避難が遅れたことでアキラと共にゴジラの攻撃に巻き込まれ死亡したかと思われていたが乗っていたバスが事故にあった為難を逃れていた。
その後は連合軍中将として最後の切り札となり得るモスラの卵と子供たちを日本へ輸送する「オペレーション・クレードル」へと参加した。

その後の消息は不明。

関連タグ

GODZILLA(アニメ映画)

家城茜 - 『ゴジラ×メカゴジラ』の登場人物。

コメント