ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:釈由美子

概要

ゴジラ×メカゴジラ』の主人公。クールビューティーだが薄情ではなく、危険な状況でも仲間を見捨てない熱い性格。

24歳の時に千葉県館山市に現れたゴジラとの戦闘に90式メーサー殺獣光線車の操縦者として参加。戦闘中に誤って同僚を死亡させてしまい、その責任を問われる形で資料課に飛ばされていた。3式機龍開発に合わせて結成された機龍隊隊長の富樫二佐に引き抜かれて第1機龍隊に配属となり、メインオペレーターとして機龍の操縦担当を務めた。

幼少期から孤独な日々を送っており(曰く「戦って居場所を勝ち取ってきた」)、前述の一件も相まって自身の命すら軽視するようになる。配属当初もほかのメンバーとはやや距離があいており、特に同僚の葉山進(前述で戦死した同僚の弟)からは恨みを抱かれていたが仲間の危機を救ったことで隊の結束が強まり、機龍の開発者の一人娘である湯川沙羅から「生きてるだけでいい、生きてちゃいけない命なんてない」と諭されたことで自分という存在を見つめ直す。

品川埠頭に出現したゴジラとの戦闘では、攻撃の余波で遠隔操縦ができなくなった機龍に直接乗り込んで激闘を繰り広げる。改めて仲間だと受け入れた葉山が決死の行動でゴジラの口を封じるが、過去を振り切った茜は葉山を脱出させるとゴジラに突貫し、辛くも撃退した。格納庫で湯川親子から勝利の祝いとして食事に誘われると、「勝負はついてない」と言いつつも「引き分けだったから自分が奢る」と笑顔で快諾。立ち去る前に「仲間」として機龍に敬礼した。

『ゴジラ×メカゴジラ』の1年後の世界を描いた直接の続編『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』では二尉に昇格。この頃になると性格もだいぶ軟化しており、表情も柔らかくなった。
同じ隊にいた関根、葉山と共に研修生としてアメリカに派遣されることが決まり、出発前に格納庫で整備隊の一人である中條義人と対面。品川の戦いで何かを感じ取ったのか「機龍はもう戦いたくないのかもしれない」と呟き、中條に機龍の戦いを見届ける役割を託した。

他作品

スーパーロボット大戦X-Ω

ゴジラ対エヴァンゲリオン』のコラボ企画という形で参戦している。
肖像権の都合なのか、ヘルメットで素顔を隠した顔グラフィックとなっている。

関連タグ

ゴジラ×メカゴジラ ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS ゴジラ対エヴァンゲリオン
3式機龍 メカゴジラ 特生自衛隊
釈由美子

ハルカ・サカキ - アニメ版『GODZILLA』の登場人物。旧姓が“ヤシロ”であることや、小説版『怪獣黙示録』『プロジェクト・メカゴジラ』における描写などから、家城茜のオマージュキャラであると言われている。

関連記事

親記事

ゴジラ×メカゴジラ ごじらくろすめかごじら

pixivに投稿された作品 pixivで「家城茜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 697

コメント