ピクシブ百科事典

ミレニアムシリーズ

みれにあむしりーず

平成に製作されたゴジラシリーズの第2弾。2000年以降に製作されたものが含まれる。
目次[非表示]

概要

ゴジラ 2000


21世紀に入り、再び始動したゴジラシリーズ

東宝アメリカの映画会社:トライスターピクチャーズがハリウッド版ゴジラを製作することを受け、1995年公開のゴジラVSデストロイアを最後に、ゴジラの死を描写することでシリーズをいったん集結させた。しかし、このころからゴジラの死を悼む声は多く、復活を望む声は決して少なくはなかった(『VSデストロイア』まで製作統括を担当していた田中友幸氏も、いつか必ずゴジラを復活させることを条件に、「ゴジラが死亡する」というシナリオを了承したとされる)。
そんな中、待望のハリウッド版ゴジラが公開された……が、そこに映し出されていたのは恐竜をそのままでかくしたかのような、ゴジラとは似ても似つかぬモンスターであり、世界中の多くのゴジラファンを失望させることとなった。
正真正銘の日本版ゴジラが見たいという気運は最高潮に達し、東宝は遂に、1999年にゴジラの新作を公開することを発表、ここに新生ゴジラを主役としたミレニアムシリーズ(またの名を「新世紀シリーズ」)がスタートする事となった。

本シリーズは、昭和シリーズVSシリーズとは異なり、作品の一つ一つの世界観がつながっておらず、『ゴジラ×メカゴジラ』、『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』以外は完全な一本完結型となっている。ただ、ゴジラが恐怖の象徴であり、基本的に人類とは敵対する関係にあるという点はVSシリーズから受け継がれており、どの作品にも共通して見られる。

興行不振とその要因

ファンからは大いに期待されていたミレニアムシリーズだが、残念ながら興行的には、初作の『ゴジラ2000 ミレニアム(観客動員数200万人、興行収入16億5000万円)』と、このシリーズ最大の大ヒット作、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(監督:金子修介)(観客動員数240万人、興行収入27億円)』を除いて、それほど成功したとは言い難い結果に終わった。特に『東京SOS』は観客動員数が歴代ワースト3位(当時)の110万人と大コケしてしまい、これが決定打となって、ゴジラシリーズは、僅か5年で、再び終了する事が決定してしまう事となった。

思うようにヒットしなかった背景には、以下のような要因が考えられる。

1.アニメ・特撮文化の発展

現在では特撮よりもアニメの方がジャンルとしては盛んになってきている。
アニメの人気が高まるにつれ、怪獣ものを含む特撮は以前ほどの盛り上がりができなくなってしまっていると考えられる。
また、90年代までは特撮ものといえば、平成ゴジラや平成ガメラくらいしかなかったが、2000年代は所謂イケメンヒーローブームの真っ盛りであり、お茶の間でも手軽に特撮作品を見られる環境が復活した上、東映平成仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズに至っては、ゴジラと同様、毎年コンスタントに劇場版を公開する等、今や特撮映画というのはそこまで珍しいジャンルではなくなっている。ライバルが増えたことも観客動員数が減った原因となったことは間違いない。

2.核に対する記憶の風化

終戦から60年以上が経過したことで、戦争の記憶が風化し、かつてほど“核”というものに対する人々の恐怖心や関心がなくなってしまっていた。(少なくとも、あの日までは)
このため、ゴジラを核と絡めて描写することが一層難しくなり、本来の魅力や恐ろしさを十分に引き出せなくなってしまった(もっとも、こうした傾向は昭和シリーズの中期以降からもあったのだが)。

3.子供向けアニメとの併映

ゴジハム


2001年公開の『大怪獣総攻撃』から、子供向けアニメである『とっとこハム太郎(監督:出崎統)』の劇場版との併映を3年間行った。アニメ作品との併映自体は昭和シリーズでも行われていたが、今回は内容的に明らかにミスマッチすぎたのではないかという見方が多い。東宝側としては、児童層にもゴジラを普及させたいという狙いがあったのだろうが、『ハム太郎』を目当てにやってきたちびっ子たちは、暴れまくるゴジラの姿に泣きじゃくってトラウマを植え付けられ(特にGMK)、逆にゴジラを目当てにやってきた大人たちは「ハム太郎なんてどうでもいいからさっさとゴジラを見させろ!」とじれったい気持ちになったであろうことは想像に難くない。

4.怪獣やモンスターに対する子どもたちの意識変化

現代ではモンスターに対する子どもたちの見方もかなり変化してきており、ポケモンデジモン等のように、「自分のパートナーとして一緒に敵と戦う」という内容の方が人気が高い傾向にある(親戚筋ともいえるウルトラシリーズでも、仲間にした怪獣を使ってバトルを行う『大怪獣バトル』なるものが登場しており、後にTVシリーズ化された)。対して、ゴジラは人類と共闘することはあるものの、完全に味方としてのポジションではなく、どちらかといえば「相互理解が不可能な怪物」といった描かれ方をされることが多い("共闘"という描写に関しても、「共通の敵がいた場合に結果的にゴジラに救われた」と言った方が正しい)。
このように、怪獣やモンスターに対する捉え方が大きく変わってしまったことも、子供たちがゴジラに親しみが持てなかった要因として挙げられるだろう。

5.繋がらない世界観

昭和シリーズのいくつかの作品やVSシリーズの全ての作品は、時間軸・世界観に繋がりがあり、それぞれの作品の結末ごとに、「次はどんな展開になるのかな?」と、期待する者もいたという。だが、このシリーズでは、『ゴジラ×メカゴジラ』と『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』以外は、世界観が全く繋がっておらず、1つの作品の結末と次回作の最初の展開が違うため、次の作品に期待を持てなくなったものが、多くなったようである。

結論

様々な要因を解説したが、やはり、3と5が、客足が遠のいた最大の要因ではないかという見方が強い。
幾分年数が経過していたとはいえ、当時はまだ90年代の『平成シリーズ』の印象が根強く、何かとあちらと比較されてしまいがちであったことも、思うように人気が伸びなかった要因と考えられる。

その後

2004年公開の『ゴジラ FINAL WARS』で再度製作を打ち切ったゴジラシリーズだが、完全に製作を終了したわけではなく、あくまで休止という意味合いである模様。ただ、撮影終了後に東宝はこれまでゴジラ映画などの海上シーンで使用されていた大プールを解体・撤去しており、ゴジラシリーズが1つの大きな節目を迎えたことは疑いようがないだろう。2014年までの10年間、そう思われた。

一時期先端映像研究所による3D映画の企画が持ち上がったが、その後責任者である坂本義光氏がハリウッド版の3D映画のプロジェクトに加わり、企画もそちらへとシフトしていった模様。この企画は、2014年に公開されるレジェンダリー版『GODZILLA -ゴジラ-』へと受け継がれていく事となる。

シリーズ再始動決定

賀!!東宝ゴジラ復活決定!!


2014年12月8日、東宝はおよそ10年の沈黙を破り、再びゴジラシリーズを始動することを発表。
そして2016年7月29日、総監督に庵野秀明監督樋口真嗣を据えたシン・ゴジラが公開された。
さらに2017年11月17日には日本では初のアニメーション作品となるGODZILLA 怪獣惑星が公開されることが決定。
その強大な存在感を再びスクリーンにもたらしつつある。

作品

公開年タイトルタグ
1999『ゴジラ2000 ミレニアム』ゴジラ2000ミレニアム
2000『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』ゴジラ×メガギラスG消滅作戦
2001『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』GMK
2002『ゴジラ×メカゴジラ』ゴジラ×メカゴジラ
2003『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS
2004『ゴジラ FINAL WARS』ファイナルウォーズ


関連項目

東宝 怪獣映画 東宝特撮 東宝怪獣
ゴジラシリーズ 昭和ゴジラ 平成ゴジラ GODZILLA
シン・ゴジラ

pixivに投稿された作品 pixivで「ミレニアムシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12121

コメント