ピクシブ百科事典

インファント島

いんふぁんととう

インファント島とは、特撮映画『モスラ』をはじめとした東宝特撮映画に登場する架空の島。
目次[非表示]

概要

シリーズごとに細かい設定は異なるが、太平洋上の南洋諸島に存在し、モスラが棲息している島という点は共通している。

モスラ第一作・昭和ゴジラシリーズ

ロリシカ国の統治下にある島で、長い間無人島であると思われていたため核実験場にされていたが、にあった影響で水爆実験海域に入ってしまった日本の商船員によって先住民たちが住んでいることが発覚した。
彼らは島に伝わる赤いカビをすりつぶすことで完成する放射能障害を取り除くことができる「赤いジュース」を飲まされたことで無事だった。

彼らの証言がきっかけで調査隊が派遣され、小美人と島民の存在が世間に知られる事となった。

モスラ対ゴジラ』ではその後もロリシカ国が核実験を繰り返した影響で自然が減少し、「聖なる泉」と呼ばれる泉に少しだけ残っているのみである。島には謎の生物の骨が転がっており、島民たちは赤いジュースを全身に塗りたくらなければならない程生活が悪化し、水爆を悪魔の火と呼んで憎み、外部の者に対する信用はほぼなくなっている。

三大怪獣地球最大の決戦』ではテレビで紹介される程メジャーな島となっており、「平和の島」と呼ばれている。

ゴジラ・エビラ・モスラ南海の大決闘』では島の自然はすっかり回復しているが、島民たちは革命組織「赤イ竹」に拉致され、エビラよけの黄色い汁を作らされていた。

平成ゴジラシリーズ・平成モスラシリーズ

ゴジラVSモスラ』ではインドネシア領という設定に変わり、島全体が丸友観光の所有物となっており、リゾート施設等の開発と隕石の落下が原因で荒れ果てている。
島の奥地には遺跡があり、モスラとバトラの壁画がある。

平成モスラシリーズではエリアス三姉妹以外に島民はいないが、明らかに彼女たちのサイズに合っていない祭壇があることからかつては人が住んでいたのではないかと匂わせている。
モスラ3に登場した宝物殿には「エリアスのトライアングル」のメダルが収められている。
このシリーズでの正確な場所は不明だが、モスラ幼虫が一晩で北海道に到着していることから日本近海にあるのかもしれない。

関連項目

モスラ
小美人

pixivに投稿された作品 pixivで「インファント島」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 556

コメント