ピクシブ百科事典

メカゴジラ(アニメ映画)

あにめえいがばんめかごじら

アニメ映画に関するネタバレ注意
目次[非表示]

概要

※以下、『GODZILLA』のネタバレを含みます。




















































決戦兵器メカゴジラ

メカゴジラ


体高50m
体長100m
重量3万t

正式名称は「対ゴジラ超重質量ナノメタル製決戦兵器:メカゴジラ」。
人類が異星種族ビルサルドの主導の元で開発を進めていた「地球連合」の対ゴジラ用最終決戦兵器ともいうべきゴジラを模したロボット怪獣。


身体はビルサルドの技術によって生み出された自立思考金属体「ナノメタル」で構成されており、さらに高度な量子コンピューターとAIを搭載している。

ゴジラを確実に倒せる兵器を開発する「プロジェクト・メカゴジラ」に基づき日本の富士山麓に設置された大規模な建造プラントにてそのナノメタルの精製も含めて約4年の歳月をかけて建造されたもので、その時間稼ぎのために行われた「オペレーション・ロングマーチ」および「オペレーション・グレートウォール」と呼ばれる大規模な作戦を経て完成した。
そして2046年3月のゴジラ日本襲来における「富士裾野決戦」に際して初起動が試みられるが、なんらかのトラブルにより起動に失敗、しかも直後にプラントがゴジラの直接攻撃を受けたため出撃することすら叶わずにそのまま施設ごと放棄されてしまった。

このメカゴジラの喪失が「地球連合」が人類(とエクシフおよびビルサルド)の一部を地球から脱出させるという最終計画を発動する決定的な要因になったと言われている。

ちなみにエクシフのメトフィエスは、ビルサルドのメカゴジラ開発がゴジラ打倒のみならず“その後の地球侵略”を想定してのものだった可能性について言及していたが、真偽のほどは不明。

武装

攻撃手段としてナノメタルの自在変形機能を最大限活用した以下各種兵器による連続飽和攻撃。

収束中性子砲
頭部ナノメタルプレート変形で生成した特殊砲身及び発生装置による荷電粒子砲の一種。中性子透過力を利用し、対象の外殻を貫通、体内組織を融解させる。

ブレードランチャー
鋭角部位である背部ブレードを電磁カタパルトで射出し、誘導操縦飛行させて対象を切り裂く質量弾体攻撃。

ハイパーランス
前方両腕部高速伸張及び急速粒子圧縮で硬質化させた槍状変形体による対象打突・貫通攻撃。500m程度を最大伸張として射程とする。最大硬質化先端による対象貫通後は、対象体内へとナノメタル粒子充填・侵食を行う。ナノメタル最大硬質化時のモース高度及びビッカース硬度についてはともにダイヤモンドの約10倍に到達。

テイルブロー
尾部全体を鞭状運動させた対象への切断攻撃。上体捻り運動による尾部先端速度の超音速化、プラズマブースターによる運動方向への追加加速、尾部形状の刃形状変化、ヒレ状ブレードの高速往復運動等の複合効果で、対象の切断、衝撃波粉砕を行う。


そして防衛手段として、ナノメタル粒子散布型熱エネルギー緩衝層を周囲空間へ形成、エネルギー兵器の拡散防御を行う(上記の通り、この能力は後にメカゴジラシティ機動時に実際に披露されている)。実体質量弾に対する防御も可能。また、メカゴジラ外殻部位各部の瞬時変形による積層耐熱装甲板も装備。

決戦機動増殖都市でのメカゴジラ(ネタバレ注意)

そんなメカゴジラであったが、シリーズ第2弾の「決戦機動増殖都市」のイメージビジュアルにはこの時喪失したはずのメカゴジラと思われる巨大な機械兵器が描かれている。「機動」という意味深なタイトル名であることもあり、正式版ビジュアルには「人類最後の希望〈メカゴジラ〉が、起動する。」というキャッチコピーと共に目を光らせながら立ち上がっているメカゴジラが登場しており、2作目で満を持して登場してくれるのではないかという期待の声が高まっていた。

決戦開戦〇五一八



しかし…



















































決戦機動増殖都市メカゴジラシティ
なんと映像中に登場したのは我々の知る「メカゴジラ」ではなく、頭部のみ残存していたメカゴジラが「ゴジラを倒せ」というコマンドに従って2万年かけてプラント跡地を中心にひたすらナノメタルを増殖させて規模が直径14キロメートルの都市までに築き上げたまさに"メカゴジラシティ"だった。ゴジラが2万年を経て山のように巨大な存在に進化していたのに対抗して、メカゴジラもまたゴジラ以上に大規模な都市に増殖進化を遂げていたのだ。

コマンド一つで(時間はかかるものの)どんな武器や装甲でも生成し、ナノメタルを空中に散布すればゴジラの熱線すら偏向・拡散させるというもはやチート。ビルサルドの母星はすべてをナノメタルで管理していたというが、いったいどのような世界だったのだろうか…

その大きさはかつて打ち捨てられた富士山麓の兵器廠の跡地を起点に北西14kmまでに広がっているという非常に広大なもの。
シャーレ状に山体崩落した(かつてゴジラがメカゴジラの開発プラントを熱線で破壊した際に作られたもの)富士裾野の中心部で増殖するカビ粘菌のような存在をモチーフとしてデザインされており、メカゴジラシティの建物群はメモリの中に残っていた本来の姿と開発プラントのパーツをコピー&ペーストする形で建造されているため、メカゴジラの腕部パーツが廊下の壁面を形成していたりなど、シティ内は奇妙な連続性のある風景となっており、また内部へ入る際にユウコが「まるで怪獣の体内に入るみたい」と言い、施設内の大型のドアを開ける時の音がまるで怪獣の咆哮のような音を発している。

自身の周辺に特殊な光学遮断フィールドを形成して2万年もの間ゴジラの目から逃れており、施設に近づいてきたセルヴァム等の敵生体はナノメタルを使ったトラップで排除していた。

またナノメタルの特性上、必要な設備や装備が発生した場合は自己生成能力によって内部と外部の好きな場所に製造・設置する事が可能。これによって改良型レールガン砲台やパワードスーツをベースとした新兵器「ヴァルチャー」が開発された。さらにナノメタルの粒子をシティ周辺に散布すればゴジラの熱線を反射する特殊な力場を発生させ、シティを守ることができる。

ただしナノメタルは有機生命体の肉体に悪影響を及ぼすため、排除したセルヴァムを都市及びフィールド形成の材料としてのナノメタルにするばかりか、2万年前のゴジラ襲撃に逃げ遅れた犠牲者達の遺体もナノメタルにしては当時の姿のまま放置され、さらに施設内にいる人間を生きたまま取り込むことでシティと一体化させるといった機能も備わっており、劇中では志願していたとは言え、ビルザルドの兵士の何人かをナノメタル化させてはシティの一部として取り込んでいた
フツアはナノメタルの特性を生かして武器や刃物を制作しているが危険性も理解しており、ミアナマイナは毒と評し、それを聞いたハルオ・サカキメトフィエスはナノメタルの事を前者は次第に「恐ろしい物」と認識するようになり、後者は「禍々しい物」と評している。
さらに生きた人間のナノメタル化によって部隊、特に地球人とビルサルドの間に不和が生じるなどの問題が起こり始める事になる。

尚、ゴジラと対峙したのはメカゴジラシティであり、ロボット怪獣としてのメカゴジラ本体の活躍は一切無い前日談の小説も含め)。そのため上記の武装も映像化はされていない。(ただし改良型レールガン砲台は収束中性子砲のデータを応用していると思われる)

劇中での活躍

フツアのミアナとマイナによってハルオ達にその存在が知らされると、ビルサルドのムルエル・ガルグがコントロールを管轄する事で、対ゴジラ用要塞として改造された。

以前ゴジラ・フィリウスを撃退したハルオ考案の「対ゴジラ戦術案」をさらに発展させ、複数のトラップフィールドを設置してバルチャーに乗ったハルオ、ユウコ、ベルべがトラップフィールドに誘導、液状化させたナノメタルをゴジラの足元に流し込んで動きを止め、EMPプロープハープーンを弱点である背鰭に撃ちこみ、内側から破裂させる作戦が建てられた。

作戦通りまんまとトラップにゴジラを誘導し、プローブの打ち込み事態には成功したが、ゴジラが全身を赤熱化させてプローブを焼き切ってしまうという不測の事態が発生(本作の予告編で登場する、全身が真っ赤に染まったゴジラはこの時の姿である)。これによって発生した高熱波でシティを燃やし尽くされようとしたが、ナノメタルの特性を利用してガルグがメカゴジラシティと、ベルべがバルチャーと一体化し、機体ごと特攻させることで攻撃を続行しようとする。
しかしそれによってハルオとユウコを無理やりナノメタルで一体化させようとするビルサルドたちの思惑を拒絶したハルオがコントロールセンターを破壊したことでシティの全てが沈黙、直後にゴジラの熱線を受けてメカゴジラシティは大爆発を起こし、完全に失われてしまった。
なお、ビルサルドは「我々人型種族こそがゴジラと呼ばれるに至らなければならない」と述べ、人間であることを捨ててでも自らがゴジラを超える存在になるとの考えからこれを実行したが、ハルオは「人間としてゴジラに打ち勝つ」と考えており、また他の地球人も人間性を失うことを受け入れることができなかったことが対立の原因であり、ビルサルドに悪意はなかったどころか普通のことだと思っていた(逆に彼らからすれば個人や肉体に固執する地球人の方が理解できなかったと思われる。2万年前にもヒマラヤ山脈を破壊する是非に関して似たようなことが起きていた)。

なお、ハルオはナノメタルの浸食を受けた際になぜかこれに対する拒絶反応が起きたために辛くも取り込まれずに済んだ(対するユウコはそのままナノメタルの浸食を受け、肉体がそれに耐えきれずに結果的に命を落とすことになってしまった)。作戦前にフツアの鱗粉による治療を受けていたこととの関連性が示唆されているが、今のところ詳細は不明。

余談

実は本編以前の世界状況について説明していた歴史年表資料の中でもメカゴジラが作られていたことが示唆されており(資料の公開当初はこのメカゴジラの部分を記載していた箇所は黒塗りという形で隠されていたが、後に黒塗りは消されてその存在が明らかにされた)、さらに第一章本編にも序盤の記録映像シーンにおいて僅かではあるが登場している。

一般人にもメカゴジラの存在は公にされていたようで、これまでになんと5作ものこのメカゴジラを主役にした映画が作られていたという。しかもその宣伝文句には「宇宙を飛び、ミサイルをぶっ放す!」「新世紀覇王誕生」などどこかで聞いたものを捩ったようなコピーが使われていたとか。
ちなみに世間に公表されていたビルサルドの戦闘シミュレーションに基づく設定によると収束中性子砲、背部のブレードランチャー、超音速ハイパーランス、ゴジラの熱線をも跳ね返すナノメタル粒子フィールド、積層耐熱装甲板、飛行用プラズマブースターを備えると言われていたが、仕様想定書にはそんなものは書かれておらず、これらはあくまで対外的なダミー情報なのか、元より予定されていた武装に後から正式に付けられた名称なのかは定かではない。

公開されている全体的なシルエットは確かにゴジラのそれに近い感じだが、全身の各部からはブレードやエッジが突き出している極めて刺々しいデザインが特徴で、何より頭部はある程度はゴジラに似せていた従来のメカゴジラと違い、『スターウォーズ』のミレニアム・ファルコンをデフォルメして取り付けたような何かの虫に見えるなんとも形容しがたい独特な形状をしている。これはウニをモチーフとしてデザインされたからである(参照)。

関連タグ

GODZILLA(アニメ映画) ゴジラ メカゴジラ プロジェクト・メカゴジラ

pixivに投稿された作品 pixivで「メカゴジラ(アニメ映画)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4101

コメント