ピクシブ百科事典

ユウコ・タニ

ゆうこたに

アニメ映画三部作『GODZILLA』の登場人物。
目次[非表示]

CV:花澤香菜

概要

恒星間移民船「アラトラム号」の乗組員の一人。19歳。
人類の宇宙脱出後に誕生した世代の人間で、ハルオ・サカキの幼馴染でもあり、幼少時から祖父のダイチ・タニのハルオと共に育てられた過去を持つ。
『怪獣惑星』の序盤ではハルオに対して一線を引いた態度をとっていたが、幼馴染だけあって内心ではハルオを憎からず思っており、先輩と呼んで慕うようになる。

船内での階級は曹長で、他の軍人と比べるとかなり若いが、ビルサルドのムルエル・ガルグさえも一目置くほどの優秀なエンジニアにしてパイロットでもあり、兵器の開発およびパワードスーツの操縦などで優れた技量を発揮する。


活躍

『怪獣惑星』

祖父のダイチがタウeへの地表降下中の事故で命を落としたことをうけ、その事故が人為的なものではないかという可能性を確かめるべく降下計画に最後まで反対していたハルオの話を聞こうと彼の作戦への同行を志願し、共に地上に赴いた。

ハルオの「対ゴジラ戦術作戦」においては最終段階となるゴジラへのEMPプローブスピアの打ち込みを担い、共にゴジラ討伐を果たす。
しかし、その直後に300mのゴジラ・アースが出現し、ハルオの指示で他の皆と共に撤退を試みるが、ゴジラ・アースの攻撃によって部隊は散り散りとなり、ハルオとも引き離されてしまう。

『決戦機動増殖都市』

先にベルベやアダムらと合流したところをフツアの少女・マイナに襲われるも、マイナの妹・ミアナを引き連れたハルオと再会してことなきを得る。
それからハルオと共にフツアの集落に身を寄せるが、ハルオ達がフツアからの支援を受ける中でハルオがミアナと心を通わせようとする姿を見て、嫉妬を抱くようになる。

その後、ミアナとマイナ姉妹の手引きで降下隊はかつてゴジラに破壊されたメカゴジラを構成するナノメタルの自己増殖機能によって生まれた「メカゴジラシティ」へと辿り着き、そこを拠点に開始されたゴジラ・アース討伐作戦においてその誘導役になるパワードスーツをナノメタルで強化した新型機動兵器「ヴァルチャー」のテストパイロットとなる。


余談

  • キャラデザ原案のコザキユースケ氏は当初はヘアスタイルロングヘアーだったが3DCGの手間を省く為、カチューシャをポイントにしたショートヘアに変更し、朝ドラのヒロインの女優の雰囲気をヒントに同級生後輩の雰囲気を出していると証言している。
  • ユウコ以外の女性達もヘアスタイルはショート系が多く、髪が長くてもポニーテールシニヨンなどをしており、現時点でロングヘアーの人物はいない。
  • 華奢な体型故に着痩せするタイプで、2章で普段纏っているスーツを脱いだ際にご立派なものを携えた姿を視聴者に見せつけ、公開してまもなくTwitterや感想ブログでメカゴジラに並ぶ話題の一つとなった程。
  • 花澤氏は日本の特撮物に出演した事はないが子どもの頃、ご自身の弟の怪獣図鑑に載っていたミニラを見て「自分の顔が似ていると発見してから親近感を覚えています。」と証言している。



関連タグ

GODZILLA(アニメ映画) ゴジラ ハルオ・サカキ 幼馴染


*以下ネタバレ注意














シティでのゴジラ撃滅計画の準備が進む中、改めてゴジラを倒す意味について悩むハルオに自分の心情を語って彼を励まし、さらに抱きついてのキスまでして彼への情愛を示した。

その一方で、ハルオらがビルサルド達が自らナノメタルを介してメカゴジラシティと一体化していた事実を知ってあくまで「人間としてゴジラを倒すべき」と主張して反発するハルオと、それに対して「人間のままでは決して勝てない、人智を超えた存在になるべきだ」と語るビルサルドのガルグが口論しているのを聞いた彼女はビルサルドの側に立って向こうを擁護するような態度に出るなど、ハルオ以上にビルサルドへの強い憧憬と信頼を覗かせていた(またこの際フツアを「訳の分からない連中」だとも罵っている)。

そこへゴジラ・アースがシティの存在に気づいて接近しているとの知らせを受けてハルオやベルベと共にヴァルチャーで出撃、3人で連携して誘導作戦を展開する。作戦通り徐々にメカゴジラシティ内部へと誘導し、作戦は成功したかと思われたが、それもゴジラ・アースには通用せず、逆に自身の体を高熱化させてシティ全体を焼き尽くそうという事態が発生。
この危機に際しガルグからは「ヴァルチャーもろともゴジラに特攻する」ように指示され、同時に「一つだけ熱に弱いパーツがある、そこをナノメタルで補強すれば10秒は持つ」と説明されるが、そのパーツというのが生体、つまり自身を含めたパイロットのことであり、それに返事をする間もなくヴァルチャーからナノメタルを体内に注入され、彼女はナノメタル浸食による苦痛と死への恐怖によってパニックになり、やがて意識を失ってしまう。

以前に治療のため塗られていたフツアの鱗粉の効果でナノメタルの侵食から免れたハルオが彼女を助けるためシティの中枢を破壊したことにより、体内のナノメタルが機能停止したためになんとか一命こそ取り留めたものの、彼女の意識は戻ることはなくそのまま脳死状態に陥ってしまった


『星を喰う者』のキャストに花澤の名前があったことから「ユウコは『星を喰う者』では蘇生するのではないか」とファンから期待されていたものの、結局最後まで蘇生することなく、「葬るべき旧文明の残滓として、ハルオの手によってヴァルチャーもろともゴジラに特攻する」という悲しい結末を迎えることになる。
一応本編中にセリフがあったものの、メトフィエスがハルオに見せた幻覚の中に登場しただけであり、しかもその内容も、「ユウコを脳死状態に陥らせておきながら、フツアの双子に身を重ねたハルオの罪悪感を煽る」という非情なものであった。

しかしあのまま生き続けていたとしても目覚めていた保証はないばかりか、マーティン・ラッザリ博士によって文明再興のためにナノメタルを抽出されていたことも考えると、ゴジラに再び滅ぼされる文明の萌芽として利用されるよりも、愛したハルオの腕の中で最期を迎えられたことの方が、ユウコにとっては救いだったのかもしれない。


ネタバレを含む余談

  • ガルグにいきなりナノメタルを注入された件だが、これはガルグが地球人を裏切ったからではなく、ユウコ(とハルオ)を“自分達と同じ意思を持つ同志”と認識していたためと言われている(特にユウコは先のハルオとガルグの対立でビルサルド側に立って彼らを擁護したのも大きかったと思われる)。しかし、ユウコ当人はフツアへの反発心があったとはいえ、ビルサルドのやり方にもハルオに言ったように全て賛同していたわけではなく、ナノメタルを取り込むことによる機械との一体化に関しても自分の意志でそれを望んだ者に対してはその選択を尊重してもガルグが己にしたような望まぬ者の意思を無視して強要することまで認めたわけでなかった。
  • ナノメタルの侵食を受けたユウコだが、ビルサルド側が停止操作をしたわけでもなく首あたりまでで侵食がストップしており、「ハルオとキスしたときに鱗粉の抗体が移ったからでは」という説がファンの間でささやかれていた。後に上映イベント「フツアナイト」において、ヴァルチャーの脱出装置を作動させた際に高熱を浴びたことで侵食中のナノメタルが停止したという裏設定が明かされたが、監督曰く「そっち(キスで鱗粉が移った説)の方がずっと面白い」とのことである。
  • 上記のような末路の為、『星を喰う者』公開後は「ヒロイン(笑)」という扱いが目立った。

pixivに投稿された作品 pixivで「ユウコ・タニ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29568

コメント