ピクシブ百科事典

ダークルギエル

だーくるぎえる

ダークルギエルとはウルトラマンギンガの宿敵である漆黒の闇の巨人の名称である。
目次[非表示]

「我が名は『ルギエル』、『ダークルギエル』」
「愚かなる生命体人間』よ、貴様らの時間は我が力により止まる‼」

データ

登場作品:ウルトラマンギンガ
最終回「きみの未来」登場

別名:暗黒の魔神
身長:ミクロ~無限大
体重:0~無限大
出身地:
CV:杉田智和

概要

ウルトラマンギンガ宿敵にして、闇の支配者と呼ばれる闇の巨人。
ダークスパークウォーズ』時に『ダークスパーク』を用いてその場にいた全ウルトラ戦士及び怪獣、宇宙人たちを『スパークドールズ』変えた(ちなみに一部の雑誌情報によれば『ダークスパークウォーズ』を引き起こしたのも彼らしい)。

私立降星小学校で起きた様々な事件の裏で暗躍し、生きとし生きるもの全てを人形に変えて時間を奪い、全宇宙の支配を目論む最強最後の敵である。
何気に昭和を除く過去作のラスボスを手駒とした初めてのラスボスでもある。この辺に関しては元ネタの影響もあるのだろうが、ウルトラシリーズでもトップを争うレベルのヤバい奴だと言える。

が生え、を着込んだ異形の黒いウルトラマンのような禍々しい容姿をしており、腕は装甲に覆われている。

戦闘力

嘗て宇宙規模の戦争を引き起こしただけあり凄まじい戦闘力を備えており、特に専用の武器であるダークスパークを用いた際のルギエルは歴代ウルトラシリーズの敵の中でも上位に入る程危険な凶悪さを誇る。
ダークスパークには「光線を受けた生物・機械を強制的に人形化してしまう」という能力があり、もしこれをまともに食らえばウルトラの父やウルトラの母、ティガの光の戦士達のような歴戦のウルトラ戦士達グランドキング、ガタノゾーアやダークザギといったウルトラ戦士と同等以上の強大な力を持つ強敵であろうと問答無用で人形“スパークドールズ”に変えてしまうという次元のおかしいチートな力がある。
本編冒頭で宇宙規模でこの光線が弾けた結果『ダークスパークウォーズ』に参加していた全てのウルトラ戦士達と怪獣、宇宙人達が人形に変えられてしまった。
一応、バリアなどで防御することは可能だが通常の光線と同じ規模で使用してもタロウのストリウム光線と互角以上の出力があり宇宙規模で発動した際はウルトラの父と母、そしてウルトラ兄弟達がとっさに自らを犠牲に庇ってもタロウの意識だけを人形に残すのが精一杯だったほどの威力があった。
もし人形にされた場合、その生物は意識も全て消える、というよりも「生命としての時間が完全に停止」する。
ダークスパークはこの他ギンガスパークと同様に槍状のダークスパークランスに変化させる事が可能であり、光線を使用しない接近戦時などでこちらは使用される。

また、基礎戦闘力の時点でもギンガと互角の体術、光線能力、槍術を持ち人形化能力を除いても十分な戦力を持つ。
の赤い発光体から強力な光弾ダークルギエルビートを放ち、降星町を蹂躙し、人々を絶望の淵に追いやり、ギンガタロウを軽くあしらうその姿は、今まで何処かほのぼのとして圧倒的な強さから安心感もあったギンガの世界観を(良い意味でも悪い意味でも)一瞬でぶち壊し、戦慄させる程の実力者、それがルギエルである。

弱点があるとすればダークスパークの能力こそ抗えないほどのチートさを持つが逆に言えばなんらかの形でそれが手元から離れた場合ダークスパークランスも使用できなくなる為一気に弱体化する。
ギンガと互角の体術と光線力を持つとはいえ、逆に言えばそれらを上回れる戦闘力や圧倒できる経験値を持つウルトラ戦士ならルギエルを上回れるとも取ることができる。

劇中での活躍

ウルトラマンギンガ

『ダークスパークウォーズ』でのウルトラマンギンガとの戦いで相打ちとなり、傷を癒すため『ダークスパーク』に宿り、眠りにつき宇宙を彷徨っていた所、『ギンガスパーク』に引き寄せられるような形で物語が開始する1ヵ月前に『銀河神社』に飛来。
様子を見にやって来た「ある人物」がそれを偶然見つけ手に取った際、その人物の僅かな心の闇に付け込み、憑依。“異形の手のモノ”と呼ばれる存在へと変え、とある共通点を持った邪な心を持った人物たちを『ダークライブ』させることで力を蓄え、“マイナスエネルギー”を喰らい、最終的にはその人物の体を完全に乗っ取り自らの完全復活を目論む。

一度は潜伏先である「ある人物」の正体に気づいた「礼堂ホツマ」と「スーパーグランドキング」を倒した“ギンガサンシャイン”の余波で追い出され、消滅したかと思われたが、実はそれは見せ掛けであり、
勝利の余韻に浸り油断していた所を完全に支配、母校が姿を消して不安に陥り、空間の歪みが解消され、再び姿を現した降星小学校に様子を見に来た卒業生たちやヒカル達の“マイナスエネルギー”を根こそぎ奪い、実体化。遂に完全復活を遂げた。

そして、一度はギンガを変身中の巨大化する最中に蹴りを入れるというどこぞのときめきを探す医者さながらのヒーロー物でのお約束をぶち破った戦法で倒し、人々が絶望に陥り、『ダークスパーク』の力で次々と倒れて行く様を嘲笑いながら、さらに全人類を人形に変えようとする。
その様を目の当たりにし、人形にされた為何も出来ないでいるタロウも戦意を消失しかけるが、彼の心の叫びに答えたウルトラの父ウルトラの母の叱咤激励により、自分が何故意識を保ったまま人形になっていたかという理由が人々の希望になる事だと気付く。
さらに決して希望を捨てずに心で闇と戦い続けた人々、そして最後まで闇に抵抗し続け、生徒たちを護ろうとした「ある人物」の強い精神力が奇跡を呼び、「ある人物」から完全に追い出され、
しかもその力で生み出された“ギンガライトスパーク”によりタロウの呪が解け復活する。

人々の希望によって力を得たタロウと戦闘になるが歴戦の戦士でもあるタロウは出会い頭に『ダークスパーク』を叩き落して体術のみの戦闘にルギエルを追い込み一方的にルギエルをボッコボコにするという活躍を見せ一気に劣勢に追い込まれてしまう。この辺りはルギエルの正体も含めて考えると流石の経験値の差があったということだろう。
猛攻に押され一方的に攻められるルギエルだったが、一瞬の隙に『ダークスパーク』を手にすることに成功し、その力でタロウを追い込みストリウム光線の相殺とバリアによる防御を破り再度人形に変える事に成功する。
しかし、その前に人々の希望の力とタロウからエネルギーを分けてもらったことにより力を取り戻したギンガが復活し、最終決戦の幕が上がる。

互いにスパークランスを構えるギンガとルギエルは激突の瞬間にエネルギーを走らせ数秒で月面にまで飛び上がりぶつかる程の超光速の鍔迫り合いを起こしそのままにまで及ぶ激闘を繰り広げる。槍術は互角、体術も互角の筈が、皆の希望の光で蘇ったギンガにはほんの僅か圧されてしまう。そうした激戦の末、互いにトドメの一撃として最強の光線を撃ち合い決着をつけようとしたが、ギンガの最強必殺技である「ギンガエスペシャリー」との鍔迫り合いに敗北し直撃を受け、「なぜ自分が敗北したのか」最後まで分からずに絶叫しながら大爆発を起こし、消滅した。

ウルトラマンギンガS

本作のメインヴィランであるチブル星人エクセラーを実体化させた「グランドマスター」だったことが判明。復活のためにビクトリウムを回収させていたが、当のエクセラーはファイブキングに代わる最強の肉体として手に入れるために従っていただけだった。その後、UPGが開発したビクトリウム・キャノンに魅力を感じたエクセラーによって地球に飛来。キャノンがあるライブベースとその周辺のビクトリウムを吸収し、ビクトルギエルとなった。

なお、復活した当初は肉体だけのようで、自我は存在していないらしくただ不気味な唸り声を上げているだけであった。
だが後に意識を取りもどし、用済みと見なしてエクセラーを粛清。完全に復活しマナをも圧倒してビクトルギエルを操りギンガとビクトリーを倒す。

だがビクトリアンたちの協力によって復活したギンガとビクトリーにビクトルギエルが倒されると自身も消滅した。

決戦!ウルトラ10勇士!!

エタルガーエタルダミーとして雫が丘の人々の恐怖から生み出されて登場。しかもウルトラマンの数倍はあろうかというとてつもない巨体になっている。

が、特訓を終えてヒカルとショウが変身したギンガビクトリーには大きさで勝ってるのに全く歯が立たず、力を籠めた体当たり「ギンガビクトリーブレイカー」であっさり倒されてしまうという、ギンガビクトリーのチートぶりを見せつけるためのかませ犬となってしまった。

正体

姿形がウルトラ戦士たちに酷似しており、データがウルトラマンギンガに似通っている事から何らかの関連性が疑われるが詳しい詳細は不明だった。

光と闇


だがギンガS最終回にてギンガとは対を成し、かつ元は同一の存在で、『永遠の命=後世へ受け継がれていく命の繋がり』を信じたギンガの『』を信じられずに濃くなっていった『』が分裂した存在であることが判明した。このため、(公式では明言されていないが)ある意味ではルギエルもまた闇のウルトラマンの一人といえなくもない。『ギンガS』第13話における神山長官の「ウルトラマンがいつ地球の脅威になるか分からない」と言う発言は、皮肉にもギンガ本編開始の時点で結果的に実現していた事となる

その最終目的は「全ての生命体の時を止め、永遠の静寂を齎し、平穏なる『永遠の楽園』を築く」ことだったと発覚した。しかしそれはあくまで「争いや憎しみも生まれない幸福の中での停止」「時間が止まれば老いる必要も死を恐れる必要も無くなる」といった一方的かつ非常に性質の悪い善意の主張による『強制停止』でしかなかった。

なお、同一存在からギンガとルギエルに分かれ、上記の命題が出たきっかけは今も詳しくは判明していない。
前作『ギンガ』で前述のように人間を「愚かなる生命体」と評していることと「永遠の命」という命題に対して両者とも「悲しみや過ち」という言葉を使用していることから、「命」がある故に引き起こされた何かしらの悲劇が原因であるという推測もされているが……?

その他の作品での活躍

ウルトラマンジード

第18話でウルトラマンベリアルが隠し持っていた怪獣カプセルの1つとして登場。

ベリアルがジードロイヤルメガマスターによって撃破された際に街に落としてしまったものらしい。

AIBによって回収され、基地内で厳重に保管されていたが、第22話で、石刈アリエの協力を得た伏井出ケイによってエンペラ星人のカプセルともども奪い取られてしまう。
第23話ではペダニウムゼットンフュージョンライズしたケイが、これら2つのカプセルを自身のストルム器官に打ち込むことで一時的に大幅なパワーアップを遂げたが、フルパワーで放たれたロイヤルメガバスターのロイヤルエンドを浴びて敗北。その後は、石刈アリエに憑依していたベリアルによって強奪されてしまい、ベリアルのアトロシアスへの強化変身に使われてしまう。

酩酊!怪獣酒場

第2シーズンで新人のバイト君として登場。
素性不明。そりゃそうだ。

無口だが、かなり優秀でダークスパークで対象を人形!……ではなく、縮小化させたり、ダークルギエルビートで雨雲を晴らして見せたりと底が知れない。
同時に、水が苦手なジャミラのためにダークルギエルビートで雨雲を消し飛ばすなど、優しさを持ち合わせている。なお黒髪巨乳の女性が好みらしい。

原典でこそ闇の支配者様だったものの、かつてスパークドールズに変えたケムール人ゼットンの後輩となっており、劇中の描写から平成生まれとされている(これに関してはメタ的な意味合いがあると思われる)。

原典ではどの時代の生まれかは皆目見当がつかないのは内緒だ

ちなみに現在判明している範囲で初めて登場した平成シリーズのウルトラ怪獣だったりする。
また、元はギンガと同じ存在だった事を考えると、ある意味初のウルトラマン従業員と言える。そういえば怪獣酒場はヒーロー禁止のはずなのだが、ルギエルがアルバイトとして働いている事を考えると悪役になればセーフという事なのだろうか……

原典ではかなりお喋りだった支配者様のことを考えると、無口な彼はむしろギンガっぽいと言えるかもしれない。

後に怪獣酒場がある次元とは異なる次元に存在するとある王政国家の王子であるという衝撃の正体が明かされた。この国でルギエルは自身も政治に参加し仁政を行っていたが、とある思想家集団が起こしたクーデターによって投獄され、その際獄中で出会ったある人物の助言で亡命という形で素性を隠し怪獣酒場のある次元へとやってきた。

余談

戦闘力の項でも触れたようにルギエル自身の作中における強さと邪悪さは紛れもなく本作のラスボスに相応しいものである。
しかし復活したタロウに『ダークスパーク』を叩き落された際、最初は『ダークスパーク』無しでねじ伏せようとしたところ、肉弾戦で全く歯が立たずに返り討ちにされ、慌てて『ダークスパーク』を拾いに走って行くというどことなく情けない一面も垣間見せてしまった事でその強さと邪悪さへの評価がイマイチ高く見られていない節がある。
一部ではチート武器に頼りきっていた頃の誰かとも連想されていたり。(後にその誰かさんに自分の力が使われるとは誰も思うまい)

但し、繰り返すがルギエルの強さ自信は間違いなく本物である
自我と理性を奪われた状態だったとはいえ、復活したノアと同等の身体能力を持つザギSDに勝利したギンガとは互角の近接戦闘を行っており、やはりこの場合はルギエルが弱いというより近接戦に関してタロウが強すぎるだけと言えるだろう(また、本来変身する礼堂ホツマだけでなく複数の人間とライブしたためタロウがそれだけパワーアップしたのではないか、という説も共にある)。

ウルトラ史上に残る強敵、それがダークルギエルなのはやはり間違いないのである。

関連イラスト

我はルギエル・・・!



関連項目

ダークザギ 闇のエージェント
ウルトラマンベリアル エンペラ星人 レイブラッド星人 ジュダ ガタノゾーア…支配者仲間。この内ベリアルはM78星雲が他の世界にも齎した災い繋がりでもある。そして、ベリアルとエンペラ星人とは…
ダークルギア・・・似たような名前違い
ダークルシフェル・・・ウルトラマンネクサスで没となった真のラスボス。キャラクターイメージとしてこいつの要素も取り入れられているとのこと。
ウルトラダークキラー・・・かなり近い時期に発表された闇の巨人で、無印ギンガのころはルギエルとデザインや人物関係の類似が指摘されたことも。また近年ショーで登場したダークキラーはマイナスエネルギーの化身であり、心の闇につけ込みジードを石化させるなど誰かを彷彿とさせる設定付けがなされた。
コダラーシラリー徳間ガメラ…厳密には異なるが、「地球を汚す人間の敵になりうる」と推測されたことがある。ガメラ自身は「誰も殺したくない」らしいが。

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークルギエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33113

コメント