ピクシブ百科事典

グランドキング

ぐらんどきんぐ

映画『ウルトラマン物語』に登場する合体怪獣
目次[非表示]

データ

別名:超合体怪獣
身長:70メートル
体重:21万5千トン
出身地:宇宙

映画『ウルトラマン物語』に登場

グランドキング


宇宙帝王ジュダが、宇宙に漂っていた怪獣達の怨念を結集させ、自身のエネルギーを大量に注ぎ込んで誕生した合体怪獣(重厚な武装に身を包んだおおよそ生物的とは言えない外見をしているため、広義の意味でのロボット怪獣にも含まれると思われる)。本来は純粋な合体怪獣という設定だった為、各部パーツは歴代ウルトラ怪獣を彷彿とさせるデザインとなっており、角はゴモラで尻尾はツインテール、両腕のハサミはサドラ、左腕の装甲はバルタン星人と言われているがタイラントなどとは違って明確に合体したパーツが判断できる形状では無い。

武器は両手の鉤爪による攻撃や爪先から放つ毒ガス、頭部から放つ光線「グランレーザー」、口から放つ熱線「グランビーム」、尻尾の先端から発射する光線、全身から放つ電撃などであり、どの武器もウルトラ戦士を一撃でふっ飛ばすほどの破壊力である。グランレーザーに至っては、本気で放てば地球火星木星串刺しにした上でまとめて爆発させられるレベルらしい。そのパワーも凄まじく、ウルトラ6兄弟が同時に組み付いても全く抑えられなかった。

防御力も申し分なく、その全身は超強力な装甲で覆われており、ウルトラ兄弟格闘技どころか必殺光線をも立て続けに浴びせられても傷ひとつ付かず、ウルトラ5兄弟の合体光線(M87光線スペシウム光線2発、ワイドショットメタリウム光線の同時発射)ですらほんの一瞬動きが止まる程度で全くダメージを受けないほどの高い防御力を誇る。また、両肩にあるカメラのような器官はセンサーになっており、敵の動きなどをキャッチすることが可能である。

ウルトラ戦士を同時に5人以上も相手にした敵は、Uキラーザウルスギガキマイラウルトラマンベリアル等、歴代のシリーズでも色々と存在するが、大抵は合体光線技を食らえば大なり小なりはダメージを受けたり、バリア等で防ごうとする一方で、グランドキングは前述のとおり全くのノーガード戦法でウルトラ兄弟を圧倒しているので、今でも最強候補に挙げるファンも多い(ノーガード戦法に関していえば、スーツがあまりにも重く、操演なしではまともに立つことすら不可能であったという撮影上の理由もあるのだが。

劇中の活躍

誕生直後にジュダの名を受けてウルトラの星攻略の為に進撃し、宇宙空間ゾフィー率いるウルトラ5兄弟の迎撃に遭うが、これを物ともせず圧倒。形勢不利を感じたゾフィーの作戦で惑星フェラントにおびき寄せられるが、地上戦でも兄弟を圧倒し合体光線にも耐えてしまった。途中でタロウが加わるも戦況は全く変わらず、ウルトラ6兄弟をあと一歩の所まで追い詰めるが、ウルトラの母からのウルトラサインの指令で、タロウと5兄弟が合体した「超タロウ」の登場で形勢逆転され、最後はタロウの最強技「コスモミラクル光線」で遂に粉砕された。

ウルトラマン超闘士鎧伝

ウルトラマン超闘士激伝の完結編で、玩具展開の超闘士鎧伝ではエンペラ星人軍が使役する怪獣戦艦として登場。別名もギガメタルモンスとなっている。これ以外にもシーモンスを模した海上戦艦アクアキングナースバードンを模した空中戦艦エアロキングが登場し、この2体と合体することでグレイテストキングとなることが出来る。新章でも回想シーンにて、破壊されたグレイテストキングが漫画に初登場した。

派生怪獣

その圧倒的な強さとかなり凝った造形からファンからの人気も高く、平成シリーズの後半に入ると着ぐるみが新造されたこともあって、再登場の機会に恵まれるようになった(ただし、いずれもパワーアップした後継機という扱いである)。

なお、現在はかつてと比べて着ぐるみの素材や構造が大幅に改良されたことなどもあり、「操演なしでは動くこともままならない」なんてことはなく、ある程度のアクションもきちんとこなせるようになっている。それ故、ノーガード戦法で相手を圧倒…というかつてのようなチートクラスの強さは見せなくなってきているが、それでも節目節目でウルトラ戦士の前に立ちはだかる強敵として登場してくることが多く、元祖劇場版ラスボスとしての威厳は全く衰えを見せていない。また、いずれも何らかの事情で弱体化するか自身の武器を利用されて倒されており、他の再登場したラスボスのように力押しで倒されたことがない

スーパーグランドキング

ウルトラマンギンガ』に登場した、グランドキングの強化体で、ダークルギエルの尖兵。
物語のヒロインが取り込まれている事情もあり、弱体化するまで味方サイドのキャラクターを次々と圧倒し続けていた。

スーパーグランドキング・スペクター

ウルトラファイトビクトリー』に登場する、スーパーグランドキングの更なる強化体。
こちらはジュダの怨念:ジュダ・スペクターの配下である。弱体化するまでウルレオ兄弟の攻撃すら受け付けなかったどころか、倒すのに特殊な手段が必要だった怪獣でもあり、(最大の必殺技を使って消耗していたとはいえ)あのギンガビクトリーを倒している。

マガグランドキング

ウルトラマンオーブ』に登場した、M78ワールドとは別次元の世界のグランドキング。
今回は魔王獣の一体という扱い(大魔王獣マガオロチに秘められたエネルギーと地球のエレメントが結びついて誕生した存在で、ジュダとの関係は一切ない)で、別名も、「ノ魔王獣」へと変わっている。

グランドキングメガロス

ウルトラマンR/B』に登場するグランドキングの強化体。
美剣サキルーブジャイロ怪獣クリスタルを装填し、サキが直接変身した形で出現した。
ウルトラマンロッソウルトラマンブルを圧倒するほどのパワーを見せ付け、歴代グランドキングの中で一番多彩な技を使用している。

余談

当初は純粋な合体怪獣という設定だったので、他の怪獣の特徴を色濃く残している姿にするという案も存在したが変更となり、デザイナーの山口修の手によってその設定を踏襲しつつ全身を装甲で覆ったような姿へと纏められている。

史上初となる劇場用ウルトラ作品のボス怪獣だったので、そのスーツは製作費300万円以上(1980年代当時の価格)である。スーツの制作方式もゴジラなどの映画怪獣と同じく、雛形の制作や削りだしで着ぐるみの骨組みを作り、それにパーツを貼り付けていく手法が採用されている。

当初は全身が黒っぽく両肩のレンズも筒状の形になっていたが、撮影前に改修されてお腹の電飾もその際に追加されている。また、頭部にあるグランレーザー発射器官や両肩のパーツは照明に似たデザインをしているが、本当に照明器具(ライト)がそのまま取り付けられている

当時600円だったウルトラ怪獣ソフビの中で、グランドキングのみ800円という価格でボリュームのある造形が再現されている(後にシラリーも800円という価格で登場)。また初版のソフビだけサイズが大きく、その希少価値の高さから現在でもオークションなどで数万円ほどの高価格帯で取引されている。

ウルトラマンランド閉園に伴い、その最後のショーを飾るべくアトラクション用の大型スーツが新造された(平成作品で活躍している亜種とは異なり、初代グランドキングの姿が再現されている)。

関連タグ

ウルトラマン物語
ジュダ
ファイティング・ベム:上司が同じ

pixivに投稿された作品 pixivで「グランドキング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30507

コメント