ピクシブ百科事典

ガーゴルゴン

がーごるごん

『ウルトラマンX』第6話、第7話及び『ウルトラマンオーブTHE ORIGIN SAGA』第2話及び『ウルトラマンR/B』第3話に登場する怪獣の名称。
目次[非表示]

地球人タチニツグ。
 直チニ降伏シ、惑星ゴールドノ王子ヲ差シ出セ。
 猶予ハ地球時間デ44分。
 応ジナケレバ、地球上ノ全テノ生命ニ変エル。」

データ

別名石化魔獣
出身地宇宙
身長55メートル
体重5万5千トン
CVJenya(『X』のみ)


概要

石化魔獣 ガーゴルゴン


蛇のような見た目で口の中にがあるという不気味な外見を持ち、その目から放つ光線であらゆるものを石化させ、エネルギーを奪い去っていく凶悪な宇宙怪獣。石化光線の他にも、両腕からに掛けて触手状のの様なのものが生えており、その部分を伸ばして噛みついたり、青白い稲妻の様な破壊光線を発射することが出来る。

その戦闘能力は圧倒的であり、エックスに「これまでの怪獣とは格が違う」ブル「かなりヤベー奴」と言わしめたほどの強敵。

ただし、石化光線には目を傷つけられると目の傷が回復するまで使用を封じられてしまい、石化した対象も元に戻ってしまうという大きな弱点がある(一応、治癒能力もかなり高いためにさほど時間を置かずに再使用できるようにはなっているが)。また、意外にもガーゴルゴン自身は石化に対する耐性を持っておらず、過去3回の登場では、いずれも石化光線を何らかの方法で反射させられたことが敗因となっている

数多くの星を滅ぼす非常に凶暴な一面を持つ一方、Xioコンピューターをジャックして地球人とコンタクトを取る事ができるなど、宇宙人に匹敵するほどの高い知性も併せ持っている。

戦歴

ウルトラマンX

第6話「星の記憶を持つ男」、第7話「星を超えた誓い」に登場。
ゴールド星を滅ぼした後、ルディアンに秘められた惑星ゴールドのエネルギーを狙って地球へと亡命したゴールド星人テルを狙い飛来する(ただ、これ以前にも一度地球を訪れたことがあり、一つの文明を完全に石化させて滅ぼし、海の底に沈めたらしい。これがギリシャ神話の怪物ゴルゴンの伝説の由来になったのではないかと推測されている)。

地球に飛来して早々、エックスとルディアンを相手に戦闘に突入するが、圧倒的な戦闘力でこれを撃破。ルディアンをかばったエックスを光線で石化させてしまう。しかし、完全に石化する寸前に口内の目にXスラッシュを受け(この時、大地の決死の解析によって、実は口の中の目が最大の武器であると同時に弱点であることが発覚してしまう)、いったん宇宙空間へと撤退。その後、地球側に44分以内にゴールド星人を差し出さなければ地球すべての生命体を石化させると脅迫して揺さぶりをかける。UNVERは世界中のXio支部から大陸間弾道ミサイルペルセウス」を一斉発射して殲滅を図るも、すべてガーゴルゴンによって破壊されてしまう。

もはや人類に打つ手はないかに思われたが、上記の大地の解析データから目が弱点であることを見破られる。その後、戦線に復帰したテルが自らとルディアンを囮にしたことで隙を作られ、Xioの実戦隊員三名による目を狙ったウルトライザーの一斉射撃「トリプルユナイト作戦」によって目を破壊され、エックスが復活。再びエックス&ルディアンとの戦闘になるが、驚異的な細胞再生能力によって目を再生、再び石化光線を放とうとするも、エックスのベムスターアーマーによって光線を吸収反射されて自らが石化してしまう。最期は石化した状態でルディアンの銃撃を受けて遂に引導を渡されたのだった。

なお、本能で行動していたり他者に操られていた怪獣とは異なり、高い知能を持ち明確な悪意で破壊と殺戮を振り撒いていたからか、怪獣との共存主義者である大地も最初から共存の意思は示さず、エックスと戦った怪獣では初めてスパークドールズ化せず完全に死亡することになった(一応死亡した宇宙人ならいたが、いずれも倒したのはエックスではなかった)。

ウルトラマンオーブTHE ORIGIN SAGA

大昔に惑星カノンのエネルギーを求めて襲来し、戦神となったアマテ女王の母と戦った事が語られている。肩から生えた口による噛みつきや電撃攻撃で先代の戦神を苦しめたが、最後は先代の戦神の光線で石化光線を押し返され、全身が石化し倒されている。

ウルトラマンR/B

第3話「アイゼンテックへようこそ」に登場。
何者かによって怪獣クリスタルから召喚され、綾香市上空に開いた巨大な穴の中から出現(それ以前にもアイゼンテック社の上空を飛んでいた鳥が石化して落下し愛染社長の頭部に直撃する描写がある)。アイゼンテックに向かって進撃中にウルトラマンロッソウルトラマンブルと交戦し、石化光線でブルを一度石化させたが、ルーブスラッガーを手にしたロッソに目を切りつけられたことでブルは元に戻る。

目は『X』と同じように再生させることができるものの、ロッソに石化光線は鏡面に反射することを見抜かれてしまい、アクアミラーウォールによって跳ね返された石化光線が自分に直撃。動けなくなったところにブルのルーブスラッガーで目を切りつけられて怯んだ隙に、2人の放ったクロススラッガーを受けて体をX字に切られて倒された。

ウルトラ怪獣擬人化計画

ガーゴルゴン!!!!!!


『ウルトラマンR/B』での再登場に併せる形で、2018年7月30日遂にラインナップ入りを果たした。もちろん、『ウルトラマンX』出身の怪獣の中では初参戦となる。

デザインはアニメ『怪獣娘(黒)〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』でシャドウビーストのデザインを手がけたことでお馴染みのZトン氏(企画内においても、以前パワードバルタンパワードゼットンの擬人化デザインを担当したことがある)。

胸や腹部・太腿が大胆にはだけた非常にセクシーなデザインとなっており、トレードマークの単眼を“メカクレ”で表現していたり、両腕の口をドレスの袖としてアレンジしていたりと、グロテスクなガーゴルゴンの面影を人間の姿に上手く落とし込んだデザインとなっている。それでもどこか狂気を帯びたような不気味な眼差しや、毒々しい配色などもあって、他の怪獣娘とは比較にならないほどの禍々しい雰囲気を醸し出しており、基本的にエロ・グロなデザインにはしないというスタンスの本企画においては割とギリギリなデザインと言える。こうした匙加減の巧みさは、これまで多くのモンスター娘のデザインを手がけてきたZトン氏だからこそできたと言えるかもしれない。

ちなみに、公式で擬人化が行われるよりもっと前に、『ウルトラマンX』のシリーズ構成を担当し、ガーゴルゴンの登場エピソードの脚本も手掛けた小林雄次氏が、自身のtwitterにて、「ぜひウルトラ怪獣擬人化計画に加えていただきたい」と太鼓判を押したことがあった。曰く、「ルディアンに秘められた惑星ゴールドのエネルギーを狙ってやって来たというのは建前」で、「本当はテル王子が好きで好きでしょうがなくてわざわざ星を越えて追って来た執念深い女」というイメージらしく、Zトン氏も概ねこのツイートで書かれたイメージに沿ってデザインしたらしい。なお、小林氏が公式で擬人化されたことを知った際に大層喜んだのは言うまでもなく、「今宵は祝杯です」と綴っている。また、『X』でガーゴルゴンの声を担当したJenya氏もZトン氏の告知をリツイートしていた。

余談


関連タグ

ウルトラマンX ウルトラマンエックス
ゴールド星人テル ルディアン…宿敵。

石の神話


ガタノゾーア…同じく一度文明を滅ぼしており、ウルトラマンを石像にしている。
ルガノーガー…同じく超厄介者の惑星破壊者
ガクマ…同じく相手を石化させる光線を放つ能力を持っている。
ガルベロス・・・同じく三つの首を持つウルトラ怪獣。同じく神話モチーフ
ルナチクス…こちらも文明を滅ぼした者繋がり。
ゴルゴス…同じく岩系のウルトラ怪獣で、名前の由来もゴルゴン。仮面ライダーアマゾン十面鬼ゴルゴスも下半身が岩になっていた。
ガモスサンドロス ギャビッシュ…同じく高い知能を持ち、明確な悪意で破壊と殺戮を振り撒いていた怪獣。
キングギドラ…「金の星」を滅ぼし、「三つの頭がある」など共通点が多い。
サザンドラ…左右の首がなんか似てるポケモン。同じく神話モチーフ
ラグナロク天装戦隊ゴセイジャーでは遠くの星の終末論が地球に伝わり、ラグナロクの伝承に変化したものらしい。

pixivに投稿された作品 pixivで「ガーゴルゴン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 99170

コメント