ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

別名悪夢魔獣
身長62m
体重6万2千t
スーアク高橋舜


概要

悪夢魔獣 ナイトファング


第7話「魔の山へ‼」、第8話「悪魔を討て!」に登場。

太古の昔、現在は廃村となっている九頭流村に「皆既日食と共に天から舞い降りてた」と伝わる邪悪な魔獣。伝承の内容から、元は宇宙怪獣であると思われる。タイタスは噂程度だがナイトファングの事を知っており、その名を口にしていた。

村人たちから「赤目(アカメ)様」と崇められてきた守り神の正体。
位置が逆転した口と目(顔が逆さまになっているわけではない)、胴体に浮かぶ赤い目の巨大な髑髏の顔のような模様、体の各所に生えた何本もの触手、巨大な黒い翼など、その容姿は守り神というより悪魔に近く、人の啜り泣きにも薄ら笑いにも聞こえる不気味な鳴き声を発する。

かつて村人たちは偶然村にやって来た旅人たちを生贄として捧げ、その代わりに村を守ってもらっていたが、風の噂でその事を知った旅人たちが村を訪れなくなると、今度は住人の中から生贄を捧げるようになり、やがて誰も住む者がいなくなり、村は滅びる事となった。

能力

口の奥に大きな一つ目が隠されており、そこから邪悪な催眠音波『ナイトメアウェイブ』を放って人々に強制的に悪夢を見せ、その悪夢をエネルギーに変換して吸い取り糧にするというおぞましい生態を持つ。
なお、この能力の影響かどうかは不明だが、かつて生贄となった人々の霊魂はナイトファングが復活できないように現世に留まり続けており、ナイトファングが復活するとその役目を終えて成仏していった。

口から吐く強力な火球「ファングヴォルボール」と、腕の触手による拘束・殴打が主戦力。
また、タイガのアクアブラスターを飛行中に受けても意にも介さずそのまま飛び去ってしまう程の高い耐久力を有し、フォトンアースに変身するまでは終始優勢を保っていた。

活躍

遥か大昔に、古代のシャーマンが執り行った地球のパワーを利用した儀式によって、村の跡地の岩山に封印されていたが、日食の日に封印の力が弱まる事を突き止めたババルウ星人が村人達の亡霊と共謀し、シャーマンの生まれ変わりである天王寺藍を利用して封印を解いた事で現代に復活。
ファングヴォルボールを放ってフーマを圧倒し、彼と代わったタイガも劣勢に立たせるが、突如飛び立ち戦線を離脱。タイガのアクアブラスターの直撃を意にも介さず飛び去っていった。

翌日市街地に出現し、ナイトメアウェイブでE.G.I.S.のメンバーや藍を含む町の人々を眠らせて悪夢のエネルギーを吸収し始めるが、唯一催眠効果から逃れていたピリカが同じナイトファングの音波同士をぶつけると音波を無効化できる事を発見し、ホマレが近隣に音声データを配布してそれを一斉に流された事でナイトメアウェイブを無力化されてしまう。

直後に出現したタイガとの戦闘に突入すると、ナイトメアウェイブを浴びせてタイガのトラウマ(第1話冒頭でトレギアになすすべなく敗れ、3人とも光の粒子に分解されて離れ離れになってしまったこと)を引きずり出して錯乱させ、火球で容赦なく攻め立てる。
その最中、藍がナイトファングの体内に残留していた地球のパワーを引き出し、そのパワーがタイガの光の力と融合したことで強化形態フォトンアースが発現する。
黄金の鎧を纏ったタイガの猛攻に圧倒され、形勢は完全に逆転。最後は必殺のオーラムストリウムを受けて爆死した。

その後、第16話「我らは一つ」にも登場。
霧崎によって怪獣リングから召喚され、トレギアの策略で闇堕ちしたタイガを救出しようとするタイタスとフーマを同じく召喚されたヘルベロスと共に足止めする。激戦の末、タイガはヒロユキによって闇から救い出され、トライスクワッド全員の力が合わさった最強形態トライストリウムを発現させる。攻撃する暇を一切与えられず、タイガトライブレードの連続斬りを食らって爆死した。

劇場版ウルトラマンタイガ ニュージェネクライマックス

ヘルベロス、セグメゲルギガデロスゴロサンダーと共にトレギアが怪獣リングから召喚し、新世代ヒーローズと戦う。
主にオーブと戦うが、最後はとなった五大ウルトラマンの一斉攻撃の前に他の四体共々敗れ去った。

ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀

「第2章」にて登場。惑星デスターで発生した異常なエネルギーの調査に訪れたタロウトレギアの前にアブソリュートタルタロスの発生させた異空間ゲートから出現。怪力でタロウを苦しめ、立ちすくむトレギアにナイトメアウェイブを浴びせて心の闇を刺激し、アブソリュートタルタロスの傘下へ入る切っ掛けを作った。ウルトラダイナマイトで何とか倒されるが、時すでに遅く、トレギアは異空間ゲートの中に消えて行った。


余談

そのずんぐりとした体型、背中の翼、無数の触手、お腹に浮き出た顔の形状などから想像できる通り、モチーフは邪神の代名詞とも言える存在クトゥルフ。実際にクトゥルフ神話から着想を得た怪獣であると監督の神谷誠氏が明言している。
ナイトファングを崇めていた村の名前は「九頭流」であるが、こちらもクトゥルフの和名である「九頭龍(クトウリュウ)」を連想させるものである。

ナイトファングは顎の下に赤い瞳が付いているが、これは同じクトゥルフ神話の邪神をモチーフとしている怪獣ガタノゾーアの顔と非常に似通っている。このためウルバトにおいてナヴィからは「(体の特徴がどことなく似ていることから)もしかすると遠い親戚なのかもしれませんね♪」と語られている(そうなるとガタノゾーアが宇宙からやってきた可能性が出てくるが、モチーフがモチーフなだけにあり得なくもない話ではある。公式からの明言が無いため真相は今もって闇の中であるが)。

セグメゲル同様、トレギアが直接召還した怪獣ではないが怪獣リングが出現しており、後に登場するロボット怪獣と同じく事前にトレギアの感情を埋め込まれていた可能性が高い(封印される前から仕込まれていたのか、逃亡から再度出現するまでに仕込まれたのかは不明)。

初期案は、『ウルトラマンティガ』のガタノゾーアをモチーフとしたもの、コウモリをモチーフとしたもの、クトゥルフ神話をイメージした深海生物の集合体の3つの案があり、神谷監督の意向でクトゥルフ案が採用された。また、当初は一つ目はなく、本来の目は首回りの二つの目だったが、監督の神谷の提案で開いた角から単眼が出てくるというギミックとなった。神谷の意向により各部の爪や目がある首元辺りは上下逆さになった不気味に笑った人間のように見える顔がつけられ、結果的にガタノゾーアのオマージュにもなった。井野元の個人的な設定として深海に笑いながら沈んだ王様の怨念を吸収しているため、その姿が露出したものとなったイメージとしている胸部はグソクムシ、羽根は映画『巨大アメーバの惑星』に登場するコウモリグモ(コウモリダコ)の裏返した足の膜の牙のような部位、触手はイソギンチャクをモチーフとしている。触手はCGで描くことから動かすことは予算的に難しかったため、うにうにと揺れ動くような形状のデザインとなった。

カラーリングはピンク、青、紫、黒のものもあった。

当初はスーツは『ウルトラマンジード』のキメラベロスを改造する予定で、デザイン画でも翼の形状はキメラベロスに酷似しているが、造型の段階で新規造型となり、改造されたものは別のものに流用された。飛行シーンで翼を合成するという撮影手法はキメラベロスを踏襲している。

ガタノゾーアをモチーフにしている事から、『ティガ』のリブート作品である次々回作の『ウルトラマントリガー』でも再登場する可能性がある。

偶然なのか今のところ、ナイトファングが登場するともれなくトレギアも登場し、タイガが新たな力を披露している(後者2つとは直接関わってはいないが)。

関連タグ

ウルトラマンタイガ ウルトラ怪獣

ガタノゾーアゾイガーボクラグバイアクヘー:クトゥルフ神話モチーフの怪獣の先輩達。

インキュラス:夢を操る魔獣繋がり。

シアエガ:「崇拝対象を封印する為に生け贄を捧げる」点が一致。こちらも出典はクトゥルフ神話なのでモチーフの一つになっているのかもしれない。

ナイトメアウィザード:悪夢魔獣繋がり。

関連記事

親記事

ウルトラマンタイガ うるとらまんたいが

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ナイトファング」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53120

コメント