ピクシブ百科事典

ウルティメイトファイナル

うるてぃめいとふぁいなる

ウルトラマンジードの形態のひとつ。劇場版『つなぐぜ!願い!!』に登場する。
目次[非表示]

ウルティメイトファイナル!『シャッ!』

アルティメットエボリューション!
つなぐぜ! 願い!!

ジードッ!!

ウルトラマンジード! ウルティメイトファイナル!

データ

身長51メートル
体重4万2千トン
飛行速度マッハ9
走行速度マッハ7
ジャンプ力1800メートル
水中潜行速度マッハ4.7
地中潜行速度マッハ4.7
腕力16万2千トン
握力10万3千トン


概要

2018年公開の劇場版『ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』に登場するジードの新形態。
いわゆる劇場版限定タイプに相当する。
ウルトラマンフュージョンファイト!』での属性は「」(青属性)。
朝倉リク自身の闘志とエネルギーが、全身に走る金色の「ゴールドストリーム」を通してみなぎり、全ての能力のリミッターを解除。
誰の力も借りていないジードの『究極進化形態』である(他のウルトラマンの力を使うor合体するのが基本の新世代ヒーローズの劇場版限定タイプでは唯一)。

ギガファイナライザーにエボリューションカプセルを装填し、ジードライザーで読み込み、スライドスイッチを入れることでアルティメットエボリューション(変身)を遂げる。
プロセスは直接アーリースタイルらしき姿に変身した後、ゴールドストリームが全身に伸び、ウルティメイトファイナルへと姿を変える。
ぐんぐんカットはギガファイナライザーを持った状態で、幾何学的な模様が目立つ独特なものとなっている。また、背後にはジード自身の目が映る(オーディオコメンタリーではプリミティブのベリアルの目の描写との比較が言及されている)。

エボリューションカプセルは、これまで他者よりもたらされていたウルトラカプセルと異なり、リク自身の想いで起動したもの。
その内部には、ジードがフュージョンライズする直前に一瞬だけ変身する姿ファンの間では「ジードオリジン」「ジード素体」などと呼ばれているもので、カラータイマーこそジードのものだが全体的な容姿は在りし日の父のそれに酷似している)が描かれている。リクが他者の力に依ることなく発現させた自己進化の象徴とも言える。

TV版最終回でウルトラマンキングが述べた「本来の力はまだ秘められている。無限の可能性が。」の言葉通り、リクの闘志が尽きない限り活動時間に制限がないという、経緯が異端とはいえ光の国出身者をルーツに持つウルトラ戦士としては、中々に規格外な存在。
ウルティメイトブレスレットを装備したゼロと同様ではあるが、カラータイマーが点滅している時はゼロのようなダメージ・エネルギー問題だけでなく、闘志が折れかけている時と解釈する事もできるか。

また、スペックは握力を除く全ての能力でTV版における最強形態であるロイヤルメガマスターを上回り、「人の想いの強さ」を物理的破壊エネルギーに変換するギガファイナライザー同様、リクの想いの力によって更に戦闘力を上げていく。そのポテンシャルは無限と言っていい。

さらに、ジードがサイバー空間に囚われた際に身体に取り込まれたサイバーウィルスをギガファイナライザーで制御、増幅することで「再変身には20時間のインターバルが必要」という縛りも克服した
そのため、この形態にだけは無条件で変身が可能という、最強形態としては結構珍しい立ち位置となっている(方向性が若干違うがムテキゲーマーが似たポジションか)。

さらにさらに、設定上は各フュージョンライズ形態の技の強化版を使用可能となっている(ジードクローキングソード等の武器を用いた技やゲームオリジナル形態の技が使用できるかどうかは不明)。

ちょっとやりすぎ感な気がしなくもない。究極進化ならしょうがない。あるいは後述の強みを自覚したリクに取って、こうした凄まじいスペックや能力諸々はオマケ程度の認識かもしれない。
一応、ジードにとってはあくまでも切り札らしく、プリミティブが基本形態という扱い自体は変わっていない。

弱点(?)と真の強み

ギガファイナライザー自体は「赤き鋼」をジード専用に最適化している都合上、基本的に使用する際にはジードライザーとの連動が前提なので、インターバル無しとはいえ変身や一部の必殺技の発動には他の形態と同じくジードライザーに依存している形である。

近距離では重量級の物理攻撃、遠距離では強力無比な光線技と凄まじい強さを持つウルティメイトファイナルだが、ギガファイナライザーがジードクローキングソードと比べても非常に大型かつ重量がある武器なのもあってか攻撃が大振りになりやすく取り回しが効かない所があり、『セレクト!絆のクリスタル』においても身のこなしが軽く格闘戦でもグルーブとほぼ互角の実力を持つトレギア相手には単純な手数の多さで序盤は防戦一方だった。

無論、元々「赤き鋼」はギャラクトロンをはじめとする多くの劣兵を保有する上に頑強な本体も完全に破壊しなければ何度でもサイバー惑星と共に逃走するギルバリスをコアごと破壊することが目的である以上、クシア人の設計思想では主にギルバリス(及びコアの破壊を妨害するであろうギャラクトロン)を仮想敵として開発されたであろうことは想像に難くない。

あくまでもその頑丈なボディで敵の攻撃を受け止めるギルバリスと、ある程度の攻撃なら自分でかわしてしまうトレギアでは開発者の想定していた戦闘へのアプローチが大きく異なるため、厳密に言えば相性の問題とも考えられる。

また、前述のトレギア戦でも序盤こそ手数で遅れを取ったものの殆どの攻撃はギガファイナライザーで防いでおり、ギガファイナライザーのそれ自体が強力な盾としても機能することを示している。元々の火力に差があることや長期戦によってトレギアにも少しずつギガファイナライザーの攻撃を与えていったこともあってか徐々に形勢を逆転させており、変身に時間制限がないウルティメイトファイナル本体の能力で武器の弱点をカバーしている形とも言える。

『つなぐぜ!願い!!』でも高速移動をしながらギャラクトロンを瞬殺したり、『ニュージェネクライマックス』でも敵の攻撃をかわしつつ他のニュージェネレーションズと共に怪獣達を圧倒したシーンを見れば分かる通り、ウルティメイトファイナル自体は十分な機動力を持つ上に、後述のレッキングノバなど、ギガファイナライザーだけに留まらず単体でも強力な必殺技を使用できるなど基礎能力も底上げされている。

後の作品である意味ではジード特有とも言える弱点が判明したものの、これ自体はあくまでジードの既存の形態全てに言えることでもあるのを踏まえると結局の所総合的に見てもバランス良く能力を引き上げた隙のない最強形態という評価が揺らぐことはないだろう。


また何より、以上の隙や弱点を突かれてもフォローやバックアップをしてくれる仲間や協力者と共に肩を並べて戦える・頼り合える繋がりの力、“絆”をこれ程強くなっても見失わないのが、ジード=リクの最大にして真の強みだろう。
事実トレギア戦ではしばらくやり合った後、身軽なグルーブにバトンタッチして自分はスネークダークネスの足止めに専念。止め時に再度バトンタッチしてレッキングノバをトレギアに決める流れで勝利。
ジードライザーの破損時でも、ヒカリがペガを介する形で代用の変身アイテムを支給、それを使っての新たな形態・ギャラクシーライジングで当面の場を凌ぎその裏でジードライザーの修理をして貰うバックアップを受けられている。
そもそも振り返るなら、リクがギガファイナライザーを手に入れる経緯がウルトラマンとなった重圧で仲間との絆を見失いかけて壁にぶち当たり、その上で自覚し直して乗り越える話となっていて、この時の経験がそれ以降のリク/ジードの中で大きな存在になっている事を伺わせている。

そして絆の力は、かつて父のベリアルが信じ切れず手放し、野望と覇道の果てに彼が求めた物であり、父の宿敵にしてウルトラマンとしての師でもある戦友のゼロが極めた物でもあった。
その境地へ若くして到達したジードは、ベリアルと正反対の王道を歩み、ゼロ以上に大きな絆を紡ぐ可能性を秘めた若きウルトラマンと成った。ウルティメイトファイナルの誕生はそれを証明・祝福する物と言えるかもしれない。

劇中の活躍

劇場版ジード
ライハ覚悟は決めてた!」
モア勇気出して!」
レイト衝撃を見せてやりましょう!」
ゼロお前に限界はない!
ガイ希望を守るんだ!」
ペガ運命を変えた男でしょ!」
レムジーッとしてても、ドーにもなりません!

RISE and EVOLUTION


映画終盤で、自分を想ってくれる仲間たちの言葉を受け取ったリクが、封印が解かれたギガファイナライザーに自身から出現したエボリューションカプセルを装填したことで変身。仲間たちと共にギャラクトロン軍団と戦った。
専用武器であるギガファイナライザーの性能もあり、その強さは「ジードの究極進化形態」の名に相応しく、ギャラクトロン2体をただの打撃で撃破するという活躍を見せた

最終決戦では、ギルバリスの必殺攻撃「バリスダルフィティー」による圧倒的火力に追い詰められながらも、仲間達への想いをエネルギーに変換してギルバリスが計測不能なほどパワーアップ、一気に攻勢に転じる。ゼロオーブと共にギルバリスの外装を破壊した後、逃走を図るコアを「クレセントファイナルジード」で破壊。戦いに決着をつけた。

劇場版R/B
劇場版『ウルトラマンR/B セレクト!絆のクリスタル』でも登場。
ウルトラマントレギア&スネークダークネスとの戦いで戸井の母親を庇って攻撃を喰らい続け、変身を解除されてしまったリクが「即座に変身できる唯一の形態」であるこのタイプに変身。
スネークダークネスを真っ向から圧倒、途中でスイッチしたトレギアとも正面から渡り合いレッキングノバで引導を渡すが……?

ウルトラギャラクシーファイトニュージェネレーションヒーローズ
ウルトラダークキラーとの最終決戦において、新世代ヒーローズ全員が最強形態となる中で、自身も最強形態たるこの姿に変身した。
何気にではあるが、初めてリクの姿から直接変身ではなく、ジードの別形態からチェンジすることとなった。

劇場版タイガ
今作では他のニュージェネレーションズと共に変身し、ギガデロスを含めた怪獣軍団をクレセントファイナルジードで瞬殺。グリムドに対してはエックス・ベータスパークアーマーに続く形でまたもクレセントファイナルジードを放ったが、殆どダメージを負わすことができず反撃を受けて地上に撃墜されてしまう。その後はタロウの指示とギンガの呼び掛けに従いタイガのウルトラホーンにエネルギーを集めウルトラマンレイガへの変身に貢献した。

なお、今作はあくまで時系列的には後述の『Z』第6話よりも前だが、諸事情により『ニュージェネクライマックス』の公開が延期となり『Z』のエピソードが先に放送されたため、放送順と時系列が逆になっている。

ウルトラマンZ
厳密にいえば未登場だが、惑星アインでのギルバリスとの戦いの際にジードが変身しようとしていた。
だが、それを察知したギルバリスは、ジードがギガファイナライザーを取り出した瞬間に以前の二の舞は踏むまいと言わんばかりに即座に追撃し、ジードライザーを破壊してしまった。その為、この形態の登場によって、インターバルを克服したことでジードに弱点のようなものは無くなったかに思えたが、基本的にジードライザーを使用して変身するため、そもそもジードライザーが故障するとこの形態にも変身出来なくなるという唯一と言ってもいい弱点が判明してしまった。

防御に使ったギガファイナライザー自体は無事だと思われるが、上述した経緯でジードライザーに最適化されたようであることから、リクは以後の戦いではギガファイナライザーは使用せず、ウルトラゼットライザーによってギャラクシーライジングへ変身している。

なお、ジードライザーの修復は15話の時点で無事完了しており、同時にこの形態にも再び変身することができるようになったと思われる。

外見

ファイナル


メインカラーは赤、銀、黒。
これまでのどのフュージョンライズ形態とも異なる模様をしており、体格も父に似て若干だがマッチョになっている。
その今までと違う円や直線が主体で幾何学的な模様にはリク役の濱田にはすごくジードっぽくないジードと称されている。
これらや頭部の形状は今までモチーフにあまりなっていなかったウルトラマンエースの要素もあるらしい(後述)。

なお、サイドスペースの太平風土記には当形態を予言した図が描かれていたが、それは赤き鋼=ギガファイナライザーを手に鉄の悪魔=ギルバリスへ馬乗りして睨み付ける明王の如き姿だった。
ウルトラマンの口は菩薩の微笑み(弥勒菩薩像のアルカイックスマイル)を模している事は有名であり、ジードもまた同じ口元を有しているが、菩薩と真逆の手段で同じ善を成そうとする明王の眼差しもジードは併せ持つと太平風土記は示しているのである。
ジードの目付きはある意味、その出生と定められた運命を象徴する物でもあったが、それを超越した先で予言を実現させた結果、ウルトラマンに相応しい神秘的な象徴へと昇華したのである。

必殺技

  • ギガスラスト

スライドスイッチ1回操作で発動。
ギガファイナライザーの先端から、敵を貫く強力なエネルギーを放つ。

  • ライザーレイビーム
スライドスイッチ2回操作で発動。
立てたギガファイナライザーの刃から、ジードの目を模した破壊光線を放つ。
その威力はロイヤルメガマスターの「ロイヤルエンド」やジード全5タイプの必殺光線同時攻撃である「ジードプルーフ」をも超えるとされる

  • クレセントファイナルジード
『目覚めよ!最強の遺伝子!!』

ウルティメイトファイナル
クレセントファイナルジード


ジードライザーでスキャンした後、スライドスイッチ3回操作で発動する最強技。
ギガファイナライザーにジードの全エネルギーを集中・増幅させて放つ、三日月型の巨大な切断光線。
映画ではタロウら宇宙警備隊でも傷ひとつ付けられなかったギルバリスのコアを相手に、光線をギガファイナライザーに纏い直接斬撃することで破壊した。
ウルトラギャラクシーファイト』では射撃技として使用。超巨大化したウルトラダークキラーにダメージを与えた。初出の『フュージョンファイト!』でもそうだが、本来は斬撃技ではなく射撃技である。

  • レッキングノバ

たったひとりの、僕たち親子の絆


腕を十字に組んで放つ光線。プリミティブが使用したレッキングバーストの進化系。
劇場版R/B』にてウルトラマントレギアに初使用。
『ウルトラギャラクシーファイト』でも使用。エックス ベータスパークアーマーのベータスパークアロー、オーブトリニティのトリニティウムシュートと同時に発射した。その際ジード第1話のレッキングバーストを彷彿させる演出がとられた。

  • トリニティウムファイナル
『フュージョンファイト!』ルーブノキズナ4弾にて追加された、オーブトリニティとの合体技
オーブトリニティが放ったトリニティウム光輪を追いかける形で突撃し、トリニティウム光輪命中と同時にクレセントファイナルジードを浴びせ、相手を十字に切り裂く。

以下は劇中未使用の技

ビッグバスターノバ
腕をL字に組んで放つ強力な光線。

ウルティメイトリッパー
腕から手裏剣のように発射する切断光線。

ジーディウムスラッシュ
巨大な光の刃を手から打ち出し敵を両断する。

ギガエンドスライサー
光刃を手先から素早く連続発射する。
『フュージョンファイト!』の通常攻撃モーションでこれと思われる技を使用している。

ウルティメイトロアー
レッキングロアーの数倍の威力を持つ超音波攻撃。

バーニングブースト
ストライクブーストの進化系となる爆熱光線。

ストリームデトネーション
ゴールドストリームから電撃破壊光線を出す。

コラプサーブースト
ソーラーブーストが進化した破壊光線。胸全体から放つ。

スマッシュバスターブレード
手先から飛び出す光の剣。二刀流も可能。

ショッキングインパクト
アトモスインパクトの数倍の威力を持つ衝撃波動。

フルムーンネオヒーリング
癒しや沈静化の力を持つ治癒光線。

ギガライトニングバースト
額から超強力な電撃光線を放つ。

ウルティメイトファイナルバリア
ジードバリアの進化系。

他にも様々な技が使用可能とされている。その技の豊富さは、まさに僕の考えた最強のウルトラマンといった感じである。

デザインについて

ジード自身の姿ということでベリアル・アーリースタイルをベースとしつつ、これまでフュージョン形態として表立つことのなかったウルトラマンエースの意匠が取り入られている。
ただし、デザイナーの後藤正行自身は、Twitterにてエースのオマージュであることは否定し、エース要素は坂本浩一監督の趣味の一部であると答えている。
また、スーツの赤い部分は従来のウルトラマンとは異なる色を使用している。

余談

その独特なデザインと圧倒的な活躍、既存の5形態とも大きく差別化された設定やファイトスタイルから人気の高いフォームであり、実際2020年7月にはS.H.Figuartsで大型フィギュアとしては初の商品化を果たした。何気に新世代ヒーローズ作品の究極形態としてはギンガビクトリーやベータスパークアーマーなどを押さえて初の立体化であり、近年の究極形態の中でもかなり優遇されているといえるだろう。

Figuartsからはゼロビヨンドオーブオリジンジャグラー魔人態トレギアも発売されており、劇中のシーンの多くを再現することができる。

偶然にも発送時期の7月ではジードの新しい形態が登場した上、諸事情で公開延期となっていた劇場版タイガが翌月に公開され、ウルティメイトファイナル自身も再登場した。

S.H. Figuarts版には勿論ギガファイナライザーが付属するため、同じくFiguarts版のプリミティブと組み合わせれば、前述の『Z』第6話でも一瞬見せたギガファイナライザーを装備したプリミティブも再現可能である。

関連イラスト

つなぐぜ
ツイッター1時間お絵描き其の101
アルティメットエボリューション
ファイナル



関連タグ

ウルトラシリーズ 劇場版ウルトラマン
ウルトラマンジード ジード(ウルトラマン) つなぐぜ!願い!!
劇場版限定タイプ ギガファイナライザー ジードライザー
ロイヤルメガマスター:テレビ本編におけるジードの最強形態。武器持ちでのぐんぐんカットが受け継がれた。

ウルトラマンノアネクサス本来の姿。究極最終形態(ウルティメイトファイナルスタイル)と呼ばれる。
シャイニングウルトラマンゼロゼロが自身の光の力を発現させた、金色の光のラインを持つ超常的な戦士。制約の多さや戦闘スタイルとしては真逆。
オーブオリジン:劇場版で共演した、オーブ本来の姿。他の戦士の力を借りない"己自身"という点で共通するが、通常形態かつ玩具販促上の最終形態という特殊な立ち位置。
オーブトリニティ:劇場版や『ウルトラギャラクシーファイト』で共演。設定上のオーブ最強形態はこちら。

ウルトラマンギンガビクトリー
ウルトラマンギンガストリウム ウルトラマンビクトリーナイト
ベータスパークアーマー ウルトラマングルーブ
新世代ヒーローズ

関連動画

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルティメイトファイナル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76134

コメント