ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2019年から制作が開始された特撮ウェブドラマ。
主にYouTubeのウルトラチャンネルで配信されるウルトラシリーズの作品。
その名の通り、ウルトラ戦士たちの地球外での活躍を描く物語である。

シリーズの特徴

国際色豊かな展開

海外版権問題を解決し、2010年代後半から本格的に英語圏や巨大市場であるアジア中国圏への展開に力を入れ始めている円谷プロは、当作品制作にあたり英語と中国語の吹き替え版も製作している。ほかにも解説の字幕に英訳が添えられていたり、事前のコマーシャルもすべて英語になっている。
英語版の声優は日本在住の外国人ナレーター、外国人声優が起用されている。

作品の配信尺

いままでのファイトシリーズはテレビ放送の都合もあり、「約3分間」を売りにしていたが、ネット配信のため、3分以上の尺に伸びている。そのため、全話合わせると実質的に劇場版レベルの長編になっているといえる(ソフトの収録時間は『ニュージェネレーションヒーローズ』は約60分、『大いなる陰謀』は約90分)。
なお、実際にはキリの良いところで区切っているため、長い回もあれば短い回もある。

撮影方法

以前のファイトシリーズ同様、ミニチュアなどは用いない全編グリーンバック撮影。また『ファイトビクトリー』『ファイトオーブ』では人間キャラクターが登場することもあったが、今作ではオリジナルキャスト及び声優によるアフレコのみで登場しない。これは海外展開に当たって、外国語吹き替え版を製作するという意図もある。
そのため変身シーンやインナースペースは登場しない。タイプチェンジ時の演出もカットされているが一部では変身アイテムを使用した演出がある。

TVシリーズや他作品との連動

当シリーズは単体でも楽しめる作品だが、第1作と第2作は現行の序章に位置付けられており、第3作も同様にリンクする模様。なので、視聴順としては第1作→ウルトラマンタイガ→第2作→ウルトラマンZの順に見るのが望ましい。

ただし、第2作以降は第1作以上にマニア向けな側面があり、本筋の映像作品(TVシリーズや劇場版)に加えて「ウルトラマンメビウス外伝ヒカリサーガ」や「トレギア物語/青い影」(「ウルトラマンタイガ超全集」収録)、「ウルトラヒーローズEXPO THE LIVE ウルトラマンタイガ」といった映像媒体外を含めた外伝作品の視聴も前提となっているシーンがあるので注意されたし。

評価

元々海外畑な上にアクションやフォームチェンジを多用することに定評がある坂本監督の作風や歴代ウルトラ戦士が勢揃いするというゴージャスな展開が相性が良く、英語版の製作や字幕をつけられるyoutubeの機能をフルに生かすことで海外の視聴者への配慮なども完備した結果国内外で非常に高い評価を受け、公開後約10カ月で累計4000万回再生を突破し、中国国内に至ってはなんと1億回以上の再生を記録した。

続く第2弾の『大いなる陰謀』では良くも悪くも今まであまりフィーチャーされてこなかった海外ウルトラマン達やネオスアンドロメロスジョーニアスジャスティスメビウスなど、前作以上に幅広い年代のキャラクターが登場し、更にはベリアルトレギアといった闇に堕ちたウルトラマン達の背景も掘り下げられた。そのうえ、予想外の展開やサプライズ出演がファンの間で大きな話題となった。

作品一覧

  1. ウルトラギャラクシーファイト ニュージェネレーションヒーローズ』(2019年)
  2. ウルトラギャラクシーファイト 大いなる陰謀』(2020年)
  3. ウルトラギャラクシーファイト 運命の衝突』(2022年)


番外編

  1. 『ギャラクシーレスキューフォース・ボイスドラマ』(2021年)



関連タグ

ウルトラマン ウルトラシリーズ

ファイトシリーズ
ウルトラゼロファイト ウルトラファイトビクトリー ウルトラファイトオーブ

関連記事

親記事

令和ウルトラマン れいわうるとらまん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ウルトラギャラクシーファイト」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ウルトラギャラクシーファイト」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 456793

コメント