ピクシブ百科事典

宇宙恐魔人ゼット

うちゅうきょうまじんぜっと

宇宙恐魔人ゼットとは、2016年に開催された『ウルトラマンフェスティバル2016』のライブステージ「ウルトラマンepisode:-z 脅威のゼットン軍団」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

ここが墓場になるのはお前だ、ウルトラマン

CV:杉田智和

概要

杰顿魔人
宇宙恐魔人ゼット


ウルトラマンフェスティバル2016のライブステージ第2部「ウルトラマン episode‐Z ~脅威のゼットン軍団~」にて初登場したキャラクター。
バット星人が対ウルトラマン用に誕生させた、全てのゼットンの頂点に君臨する人工生命体である。
ウルトラマン戦用に特化させたためか従来のゼットンよりも人型に近く、胸にはカラータイマーのような発光体が付いている。

これまで歴代のゼットンがウルトラマンを倒しきれなかったのは、ゼットンに心が無かったためだと考えたバット星人によって「悪の心」を植え付けられ、自分の意思で行動をする。

戦闘力は非常に高く、訓練用に戦わせたスーパーグランドキングを瞬殺し、ウルトラの父初代ウルトラマンの2人をも圧倒。
パンチの一撃でウルトラマンを粒子状に分解して消滅させた。
武器として「さすまた」を持っており、ウルトラマンゼロウルトラマンオーブ・ハリケーンスラッシュとも互角に戦った。
さらには他のゼットンを操る能力まであり、ゼットを倒さない限り無尽蔵にゼットンを増やすことまでできる等、全てのゼットンの頂点に立つにふさわしい力を持つ。
反面ゼットンの代名詞ともいえる一兆度の火球やテレポーテーション、バリア等は一切使用せず主に格闘戦で闘う(なお、海外のステージ用に作られた映像ではテレポート能力を駆使してウルトラマンを翻弄する姿も見られた)。

「誰の命令にも従わない」という理念のもと、スーパーグランドキングを倒した直後に生みの親であるバット星人をも殺害(だがバット星人本人はこうなることを予測していたようだった)。
誰かに言われたからではなく自分自身の意思でウルトラ戦士を倒すため光の国に侵入、ウルトラの父とウルトラの母を撃退。
救援に現れた自身の最大のターゲットであるウルトラマンの力量を試すべくゼットンやEXゼットン、クローンゼットンらのゼットン軍団を召喚し、自らは地球に赴く(召喚されたゼットン達は救援であるウルトラセブンウルトラマンマックスウルトラマンスコットレッド族の戦士達により撃退された)。

地球でゼットン達と戦うウルトラマンエックスの前に現れ、追って来たウルトラマンゼロウルトラマンメビウスにゼットン軍団を差し向け、ウルトラマンと一対一の戦いを開始。
怪獣を倒したゼロ達に新たにマガゼットンを送り込んで撤退させると、自らの手でウルトラマンを粒子状に分解し消滅させた。

しかしオーブの参戦で状況は不利になって行き、ライトニングアタッカーに変身したオーブの攻撃と他のウルトラ戦士たちの光線によってマガゼットンを倒され、人々の祈りの声に応えて復活したウルトラマンと再戦。
激しい激闘の末、ウルトラマンとの光線との撃ちあいに競り負け敗北。
ウルトラマンの力の秘密を知り、「勝てぬわけだ…」と呟き切り札であるゼットンバルタン星人を召喚し姿を消した。

ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀

本作にて、初めて映像作品に登場する事が判明。

こちらでもゼットン軍団を率いてウルトラ戦士達と対峙する模様。

その他

ゼットのスーツは既存スーツの改造品であるが、ボディ部分のデザインラインがウルトラマン・ザ・ネクストレイバトスに酷似している。これは没映画『ULTRAMAN2_requiem』に登場するはずだったキャラクターのスーツを改造した名残であると言われているが、レイバトスとは異なり公式では特に触れられないままである。

ゼットの声を演じた杉田はウルトラマンギンガの声を演じている。

関連タグ

ゼットン
ウルトラマンオーブ

ウルトラマンゼット - 4年後に登場した同名のウルトラ戦士。

関連記事

親記事

ゼットン ぜっとん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「宇宙恐魔人ゼット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34587

コメント