ピクシブ百科事典

ゼットン星人

ぜっとんせいじん

ゼットン星人とは、ウルトラシリーズに登場する宇宙人である。
目次[非表示]

データ

種別変身怪人
身長2m(マックス版は1.9m)
体重60㎏(マックス版は135㎏)
出身地ゼットン星


概要

宇宙恐竜ゼットンを操る宇宙人。『ウルトラマン』最終話「さらばウルトラマン」に登場。
本隊の円盤部隊が到達する以前に、工作員が地球へ侵入していた。科学特捜隊が本隊との戦闘に出撃する際には既に基地の内部にまで侵入しており、岩本博士を襲い失神させ、その姿に化けて基地破壊した(脚本では武器庫も破壊され、科特隊は携帯していたスーパーガンマルス133以外の武器を失った)。しかし逃走中にアラシ隊員に追いつかれ、殴られて醜悪な正体を晒してしまい、ハヤタにマルス133で射殺された。
彼の上げた断末魔の叫び声に応じるかのように、ゼットン星人の円盤からは青い風船玉が現れ……

ウルトラシリーズのゼットン星人達

映像作品

マックス版

変身怪人 ゼットン星人(マックス版)


CV:堀之紀
ウルトラマンマックス』ではゼットンを率いてウルトラマンマックスを苦しめるが失敗、ゼットン星人の遺伝子を1万年前に組み込んだ人間の子孫・夏美に催眠術をかけ、くノ一にして操った。続けてキングジョー日本を襲い、主人公のトウマ・カイトを異次元空間に誘い込んで夏美に襲わせるが、カイトの言葉で自我を取り戻した夏美に斬り殺された。
初期案では、『ウルトラマン』のゼットン星人がゼットン・ナノ遺伝子を植え付けていたという設定だった。

レイオニクス

CV:末永博志
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』第10話では同じく初代マン出身のテレスドンを操り、再生ドラコを使役するフック星人とバトルを繰り広げた。
しかし、皮肉にも「マックス」でこき使っていたキングジョーにテレスドンとドラコが射殺され、本人もそれを操っていたペダン星人ダイル光線銃で撃ち殺されてしまった。

ベリアル配下の個体

変身怪人 ゼットン星人(ウルトラ銀河伝説)


CV:永倉大輔
ウルトラ銀河伝説』ではウルトラマンベリアルの命令で宇宙船ペンドラゴンに侵入し、ZAPクルーを襲撃。しかしそこに突如現れたアスカ・シンによって蹴散らされ、ドロドロに溶けて死亡した。
書籍類などでは、宇宙竜ナースを率いたレイオニクスという説もあるが、劇中ではバトルナイザーを所持している描写がないため、詳細は不明。

ギンガS版(ゼットン星人ベルメ

ウルトラマンギンガS』第14話にて登場。声優はウルトラマンベリアル(『ウルトラゼロファイト』以降)と同じ小野友樹
ガッツ星人ボルストの後任としてチブル星人エクセラーによって送り込まれた最後のエージェントで、ハイパーゼットンにモンスライブする。その戦いに敗れた後、闇のエージェントと共にダークルギエル特戦隊としてUPGを襲った。

X

第9話にてババルウ星人率いる暗黒星団チームの1人としてゲスト出演する。ベルメにそっくりだが同一人物かは不明。

オーブ版(ゼットン星人マドック

第5話「逃げない心」に登場。
惑星侵略連合のメンバーの1人で、ハイパーゼットンデスサイスを操り、オーブの打倒を目論む。
声優は、前作『ウルトラマンX』でスラン星人クワイラ役を演じた松本健太氏。

小説・漫画

ULTRAMAN

漫画『ULTRAMAN』では、初代ウルトラマンのゼットン星人と同族と名乗る「エド」が登場する。今のところ、一応味方サイドだが、詳細な目的等は明示されていない。

ウルトラマンF

本作の黒幕。国連軍の科学者インペイシャント博士に成りすましていた(インペイシャントという人物は実在していて偽物とすり替わったのか、そもそも存在しない架空の人物だったのかは、劇中でも謎とされている)。
当初は異世界の存在との接触を図る天才少年・躁躁たちの研究を陰から援助し、彼らに別次元へ繋がる『超次元微小経路』を作らせようと企んでいた。しかし、完成直前に研究施設をスタンドアローンにされてしまい、経路の利用が不可能になってしまう。その為、国連軍の科学者として躁躁の研究施設に侵入するため『F計画』に携わりながら機を窺っていた。
最終話では遂に国連調査団のメンバーとして研究施設へ侵入、超次元微小経路を利用して別次元からイフを呼び寄せる事に成功する。その後、正体を現して嵐隊員を銃撃し、人間よりも遥かに優れた身体能力を発揮して井出隊員を殺害しようとした。
しかし、科特隊隊員は対ダダ戦の経験から格闘術を学んでいた為、ゼットン星人の打撃は悉く受け流され、想定外の苦戦を強いられてしまう。最期は井出の放った強烈な蹴りを頸部()に喰らって致命傷を負い、「イフは切り札を育てる為の餌に過ぎない」「(人類が滅びるところを)見物できないのが残念だ」という恨み節を語りつつ、高笑いと共に絶命。その肉体はドロドロに溶け消滅した。

なお、この小説では「ゼットン星人という名称は地球人が付けた安直なコードネームに過ぎず、彼ら自身の種族名は別にある」という設定が語られている。

インペイシャントさん


インペイシャント
ゼットン星人が化けていた某国の科学者。
自身を天才と称しており、地球防衛を大義名分に非人道的な研究を行っている
また、「ウルトラマンの真価は光線技にあり、格闘戦の結果は偶然」という持論を唱えていたが、前述の通り自らが侮っていた格闘術の前に敗れ、命を落とす羽目になった。

舞台・ライブステージ

「ウルトラマンライブステージ2・宇宙恐竜最強進化!」版

ゴース星人がゾフィーから貰った卵から幼少のゼットン星人が登場。クローンゼットンを進化させる鍵となる。

ウルフェス2016版

ウルトラマンフェスティバル2016ライブステージ第1部「新たなる光 バルタン星人の襲来!」に登場。
MCのお姉さんに化け、観客の応援の力を利用しゼットンとバルタン星人をフュージョンアップしゼットンバルタン星人を呼び出した。

その他

ケムール人じゃないの?

ゼットン星人とケムール人


物凄くそっくりだけど違います。
見分け方は「を着ているか全裸か」…ではなく、正面から見た目の数。ゼットン星人は単眼で、ケムール人は互い違いに付いている。また、の形もゼットン星人の方が武骨でが長い。
まあ地球人そっくりな宇宙人が腐るほどいる世界なので、ケムール人そっくりな宇宙人がいても不思議は無い。たぶん。

そんなケムール人とは『ウルトラマンX』第9話で共演している(詳細は→ゼットン星人ベルメ)。

ちなみに、初代ゼットン星人のスーツはケムール人のマスクを前後逆にし、ケロニアの爪をつけた上で服を着せたものである。

ゾーフィ星人じゃないの?

確かに60年代の雑誌とかじゃたまにそう書いてあるけど、そりゃ誤植だったんだってば!

ウルトラ怪獣擬人化計画

ウルトラ怪獣擬人化計画「ゼットン星人」


円谷プロ公認企画(!)により美女化されたゼットン星人。
原作における左右非対称のデザインを、脚のカラーリングと顔の黄色いフェイスペイントで表現している。また、比較的スリムな体型だった原典とは異なり、かなりグラマラスな体型に描かれているのも特徴である。
デザイン担当はニトロプラスなまにくATK氏

『オーブ』で女子高生に化けていたことから、セーラー服姿のイラストも投稿されている。

ゼットン星人


本当にどうしてこうならなかった

漫画版

ゼットンという設定で登場。怪獣図鑑制作部の部員でもある。
学校内ではクールでカッコいい先輩として見られているが、実際には朝寝坊してドタバタするなどぐうたらな性格(そのため、からは白い目で見られている)。また、言動もどこかずれており、周囲を困惑させることもしばしば。でも、ツッコミに回ることもある。
妹からはウザがられているが、彼女自身は妹を溺愛している……というか、妹の前では完全にただのダメ姉になる

ちなみにゴモラの『ごもぉ』に負けず劣らぬ、『ゼットーン』という変わった鼾をかいて寝てる事が多い。
なおフェイスペイントのような模様は通常時は描かれておらず、感情が高ぶった時などに現れるような描写もなされている。

関連項目

ウルトラ怪獣 宇宙人 ゼットン
ウルトラマン 科学特捜隊
ウルトラ銀河伝説 ナース


バット星人バルタン星人 - 同じことをした連中

ペダニウムゼットン:マックス版のゼットン星人が操っていた怪獣同士がフュージョンライズしたベリアル融合獣

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼットン星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 414191

コメント