ピクシブ百科事典

イデ隊員

いでたいいん

『ウルトラマン』に登場する防衛チーム・科学特捜隊の隊員。
目次[非表示]

演者:二瓶正也
CV:江原正士ULTRAMAN

イデ隊員とは、『ウルトラマン』に登場する防衛チーム・科学特捜隊の隊員である。
本名は「井手 光弘」(イデ ミツヒロ)。

劇中でのイデ隊員

科特隊では主に兵器開発などのメカニックを担当。
おしゃべりでお調子者だが、根は真面目で思いやりのある人物。同僚のアラシ隊員と行動する時は漫才のようなやり取りになる事も多かった。

基本的にギャグ発言の目立つムードメーカーであるが、科学者としては非常に真面目で有能な人物であり、様々な新兵器で科学特捜隊の危機を救い、ウルトラマンをサポートしてきた。
故郷は地球」においては棲星怪獣ジャミラを抹殺することに反対したり、暴れるジャミラに向かって「バカヤロー!!ジャミラ、お前は人間の心まで亡くしちまったのかよ!?」と怒鳴り、そして最後に感情を必死で抑えるなど、要所でシリアスな活躍を見せる事も多かった。
まぼろしの雪山」では幼いときに母親を亡くしていることを語っている。

また、ハヤタ隊員とウルトラマンの関係を勘ぐる描写もあったが、結局最後まで確信に至る事は無かった(ただし、漫画『ULTRAMAN』では気付いていたことになっている)。

語録

こんなこともあろうかと2丁作っておきました、マルス133」……彼の代名詞の一つ。この他にも様々な大発明を行う。

「鬼が出るか、蛇が出るか」……金星ロケットとの通信を妨害した交信の解析の際の台詞。結果出たのは、鬼でも蛇でもなくであった

「犠牲者はいつもこうだ、文句だけは美しいけど」……宇宙開発のイメージ保持のため抹殺された宇宙飛行士の慰霊碑の前で呟いた台詞(台本などの出典がないため台詞の全容は正確には分かっておらず、「犠牲者」ではなく「為政者」「偽善者」とする説などもある)。

「ウルトラマンが、今に来るさ」……どんなに凄い兵器を開発しても最終的にはウルトラマンが倒してしまう、と悩んでいたイデが、ジェロニモンの操る再生ドラコを前にして放った言葉。マーゴドン戦まで続くウルトラシリーズに共通する根源的な防衛隊の葛藤であり、シリーズを通して語られるテーマの一つでもある。

小説版にて

ウルトラマンメビウス』の小説版『アンデレスホリゾント』では、アライソ整備長の台詞の中で触れられており、「天才だった」と呼ばれている。
彼の発明したマルス133が公式では人類初のメテオールとして扱われている事や、バリアーマシンがウルトラ警備隊のポインターのバリアとして実装されたことが語られたが、同時に彼の発明品がオーバーテクノロジー過ぎて、装備が後継組織へ受け継がれなかったことも明かされた。
なお、存命かどうかは不明。

初代ウルトラマンの後日談を描いた小説『ウルトラマンF』では、事実上の主人公として活躍。
ウルトラマンが光の国に帰った後、本人にも解析ができないメテオール技術とルパーツ星人からの技術提供を合わせて新たな怪獣・宇宙人対策用にメテオール「ウルトラアーマー」を製造すると同時に本人の希望もあってハヤタに人体実験を施し、彼の中に残るウルトラマンの痕跡を捜索していた。
国連軍からの依頼で巨人兵士開発プロジェクト「F計画」に関わるが、自らのダークサイドとも言える非人道的な科学者インペイシャントとの確執や、巨大化能力に目覚めてしまったフジ・アキコ隊員を危険に晒すことへの葛藤、そのほか様々な「科学の暗黒面」に苦しみながら地球を襲う侵略者達と戦いを繰り広げていった。
また、ウルトラマンの顔が何度か変化した事に関して、Aタイプは格闘戦、Bタイプは特殊能力、Cタイプは光線技と状況に応じて姿を変えているのではないかという仮説を提唱している。

関連項目

ウルトラマン 科学特捜隊

pixivに投稿された作品 pixivで「イデ隊員」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3291

コメント