ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

科学特捜隊携行火器の一つ。後部のダイヤルを操作することでビーム砲、音波光線砲、火炎放射など様々な攻撃を可能としている。

「スパイダー」の名前の由来は8種類の光線を使い分けることから8本脚のクモにちなんでと紹介されることがある。

威力に関しては怪獣相手では精々牽制や足止め程度だが、ネロンガドドンゴの目を潰したり、ミイラ人間を倒したり、スフランの大群を焼き払ったり活躍をしている。


子どもでも撃てるほどに反動は小さく、動力源はなんと小型原子炉!!・・・なのだが劇中「スパイダーのエネルギーはもうありません!」とエネルギー切れを起こすことも多い。カセット式で交換も可能という設定だが劇中でそのような描写はない。


劇中ではアラシ隊員が「俺のスパイダー!!」と呼ぶように、彼が基本的に使用する事が多い。稀にイデ隊員やキャップも使う。

初期のころはイデ隊員が持っていることが多く、第8話では多々良島での上陸時はイデ隊員、スフランと遭遇した際にはアラシ隊員が所持していた。


派生作品

ウルトラ怪獣かっとび!ランド』では、アラシ隊員がレッドキング(等身大)に対して発射したところ、「いいマッサージだ、の方も頼む」とやせ我慢されてしまった。


ウルトラ怪獣擬人化計画ギャラクシー☆デイズ』では、31話でゴモラが地中から掘り返したガラクタの中に、マルス133や無重力弾等と共に紛れ込んでいた。


余談

撮影用模型は『妖星ゴラス』のロケット銃を改造したもの。『ゴラス』ではほんのワンシーンしか出番がない。アップシーンでは新調したものが使用されたが、改造機が破損したためもっぱら新調機が使用されていた。


関連項目

ウルトラマン スーパーガン マルス133

関連記事

親記事

科学特捜隊 かがくとくそうたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16649

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました