ピクシブ百科事典

ミイラ人間

みいらにんげん

『ウルトラマン』に登場するミイラ。
目次[非表示]

データ

身長2メートル
体重110キログラム
出身地奥多摩・鬼の台丘陵


概要

第12話に登場。別名「ミイラ怪人」。
壁画が発見された鬼の台丘陵の洞窟で、7千年前のミイラとして発掘された。
猿人の様な姿をしており、極めて不気味。怪力を持ち、念力ドドンゴと同じ光線を発したりする能力も見せた。
科学センターに運び込まれ保管されたが、その夜に自身の念力で電源装置を動かし、電気のショックで復活した。
センターの警備員二人を殺害し逃走、再び洞窟に戻って眠りに着こうとしたが、科特隊によって下水処理場に追い詰められる。
不気味な唸り声でドドンゴを呼び出すが、アラシ隊員スパイダーショットの一撃を受けて倒された。

ミイラ人間がドドンゴを呼び出し、ドドンゴもミイラ人間を助けようとしたことから、両者は飼い主とペットの様な関係だったと思われる。

人間を殺しているとはいえ、目的は洞窟に戻ることであり、最初から最後まで人間の身勝手な行動に振り回された、可哀想な怪獣・怪人だといえる。

ウルトラマンが


楳図かずおによる漫画版では、目を光らせただけでたちまち機械腐食させる能力を持っていた。大好物のネズミを追いかけて過酸化水素水ガソリンを倒してしまい、爆発事故に巻き込まれそれが原因で死亡する。

関連項目

ウルトラマン ウルトラ怪獣 ミイラ男

pixivに投稿された作品 pixivで「ミイラ人間」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3199

コメント