ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ペットとは、広義には愛玩を目的として飼育される生物のこと。
一般的には、日常生活で飼育される動物のことを指す。愛玩動物とも呼ばれる。

ペットは人心を和ませたり楽しませる・その姿や鳴き声などを鑑賞するといった理由で人間の生活にかかわっている動物であり、生物である以上はその生存のために一定の世話を必要とする。その意味でペットは、人間との相互関係の中で生活している。

ペットのあれこれ

かかりつけの獣医

人間と同じく動物も病やケガをする。そんな時の為にかかりつけの獣医がいる動物病院は必ず探しておこう。予防接種や健康診断やペットの日常相談や一時預け等でもお世話になる。
ペットと暮らすと言う事はこういったものにも気を付ける責任がある。

ペットの葬儀

近年では家族としてペットとの関係を築いている人が増えた為、来るべき時がきた場合にお葬式をあげるケースも多く、ペット葬儀を承る業者・霊園・寺社も見かけるようになった。
しかし、中には悪徳業者が存在するケースがありトラブルに発展した例もある為、事前によく吟味して調べておこう。特に「移動火葬」の業者には遺体を火葬炉に入れた瞬間に「追加料金を払わないと生焼けで返すぞ!」と豹変して恫喝してくるという悪質な手口で遺族の心情につけ込みまんまと高額の料金を巻き上げるケースがある為、要注意である。これに関しては日本動物霊園連合では加盟している業者は犯罪に使われかねない移動火葬炉を一切扱わない事や市町村自治体に移動火葬車を認めないように陳情している事を宣言している(※)。
最近では埋葬する場所が無い事が多くなった為、霊園に併設する斎場で火葬するケースが多くなった。
ここで注意しないといけないのが、ペットの遺骨を持って帰れるか否かである。たまに火葬=霊園埋葬の場合があり納骨堂収容まで含まれ年間供養の供養料が発生する為。のちのちトラブルにならないようこの事もきちんと調べておく必要がある。
遺骨の埋葬は自由であるが。遺骨を自宅に安置して自宅供養する道もある。
特に気を付けないといけないのが「犬」に関しては行政に飼う場合に届け出をする必要があり(各市町村で異なる場合がある)、死亡した場合は死亡届けを必ず提出しなければいけない。

ペットを飼っている人の多くは信じがたいと思うだろうが、実は動物は死亡すると市町村の自治体としては燃えるゴミの種類として扱う事がある。
確かに自治体の清掃センターで引き取る事はあるにはあるのだが、家族として愛情を持って暮らしてきたペットをそのような扱いをするのはさすがに少数と思われる。

(※)…実際に暴力団員の殺人事件での遺体隠蔽の手段として使われたのが発覚した事件が起きている。移動火葬車に対する所有や使用に対して法規制がとくに無く、犯罪に使われる事が問題視されている。

責任について

ペットショップで購入したペットは外来の生き物である為、購入したら逃げないように徹底的に管理をし、最後まで責任を持って飼う必要がある。もし、飼い切れなくなった場合はかわいそうではあるが、生態系や衛生面の観点から殺処分をする必要性が出てくるのである。
また、特定の生物は飼育が禁止されており、例えばカミツキガメを飼育していた場合、外来種被害防止法違反となる。無論、ペットが逃げ出して外来種になった生物に餌付けをするのもダメである。ここら辺については外来種の頂も併せて参照していただきたい。

ちなみにカブトムシカマキリなど近辺で捕獲したペットの場合は逃しても問題は無いが、あくまで捕まえた場所に逃す必要がある。実は同じ国内に住む同種の生物であっても、遺伝子はそれぞれ異なる。交雑を防ぐ為には非常に重要な事なのだ。(人間に例えると同じ日本人であってもそれぞれ血筋は異なるのと一緒である。)

ペットを飼育したいと思ったらその生物の事柄をしっかりと理解し、未来を見据えた上でしっかりと決断する必要があるのである。無論、これらの約束事は植物にだって同じことが言えるのだ。

コンパニオンアニマル

「ペット」では無く「コンパニオンアニマル(伴侶動物)」という言葉を好んで使う人の例もある。従来の所有物扱いの呼称である「ペット(愛玩動物)」に対して、生活していく上での伴侶的存在であり、より密接な関係を人間と持っている動物という意味で使われる。

関連タグ

/ネコ/ねこ /イヌ/いぬ
うさぎ/ウサギ/ ハムスター モルモット
/カメ/かめ トカゲ カナヘビ 金魚 錦鯉 熱帯魚 カブトムシ/クワガタムシ
インコ 文鳥 カナリア 十姉妹/ジュウシマツ ひよこ/ヒヨコ
愛玩動物 ペットショップ ペットロス
キリン:理論上はペットに出来る生物として度々話題にされる。

関連記事

親記事

飼育 しいく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ペット」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ペット」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15229930

コメント