ピクシブ百科事典

文鳥

ぶんちょう

鳥綱スズメ目カエデチョウ科ブンチョウ属に分類される鳥類の一種。
目次[非表示]

概要

スズメ目カエデチョウ科ブンチョウ属に分類される鳥の一種。
インドネシア原産。
古くから家禽化され、日本には江戸時代に渡来したと言われている。
丈夫で飼いやすく、20年ほど生きた記録がある。
気が荒く対の関係に拘りがち、よく言えば一途、悪く言えば協調性が悪いわけだが、この性格がたまらないというファンが多い。
舌の構造上言葉の真似は殆どできないが、知能は高くヤマガラ同様おみくじ引きの芸などを仕込むことができる。

愛知県の弥富村で養殖されているものが有名だが、最近は台湾産も多い。

野生のブンチョウは絶滅の危機に瀕し、レッドデータブックの「絶滅危惧2種」に記載されている。
日本でも嘗ては多摩川などの大規模な芦原で野生化したブンチョウを見かける事が多かったが、現在では稀になった。

関連イラスト

タマゴ式鳥絵塾で描いた文鳥



関連タグ

 ブンチョウ 白文鳥/ハクブンチョウシロブンチョウ) 桜文鳥 ぶんちょうぼう
手乗り

pixivに投稿された作品 pixivで「文鳥」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1942029

コメント