ピクシブ百科事典

ホシノ・イサム

ほしのいさむ

「ホシノ・イサム」(星野 勇)は、『ウルトラマン』に登場した防衛チーム「科学特捜隊」に出入りを許された少年。後に科学特捜隊の特別隊員となる。
目次[非表示]

演者

 津沢彰秀

概要

 『ウルトラマン』の科学特捜隊日本支部への出入りを許された11歳の少年。通常、一般人の出入りが許されていない科学特捜隊本部への出入りを許されていることから、科学特捜隊の関係者に身内や親族などがいるとも、既に将来の隊員候補として認定されていたとも考えられる。
 1~4話、6話、9話、11話、16~18話、21話、24話、25話に登場。17話でハヤタ隊員を助けたという功績から、科学特捜隊の特別隊員となり、以降の登場回では常に科学特捜隊の隊員服を着用している。

劇中での活躍

 3話:スパイダーショットネロンガの目を潰す。もっとも、スパイダーショットは無断で本部から持ち出したもので、ジェットビートルに密航しての現場入りであったが……科学特捜隊の警備システムって……(たしかにやたらと侵入されているが……)
 
 4話:フジ隊員アラシ隊員の危機を救うために、巨大ラゴンを引き付ける囮となる。不自然なまでにラゴンがホシノ少年たちを追い回したのは、ホシノ少年に包丁で刺された恨みのようにも見えたが……

 6話:宝石強盗ダイヤモンドキックを発見。誘拐されるも、監禁されていた部屋の鍵を自力でピッキングして脱出。

 10話:宇宙から降ってきた謎の石(後にギャンゴになるやつ)を発見、科学特捜隊本部に持ち込む。

 16話:バルタン星人二代目の策略でR惑星に取り残されたムラマツ隊長たちを、岩本博士が開発した宇宙船フェニックスで、フジ隊員たちと迎えに行く。宇宙に行くためか、このときは隊員服を着用していた。

 17話:謎の隕石(ブルトンになるやつ)の正体をいち早く見抜く。前述したように、このときにハヤタ隊員を助けたという功績から、特別隊員となり隊員服を与えられる。

 18話:ザラブ星人に捕らわれたハヤタ隊員を救出し、忘れていったベーターカプセルを渡す(ホシノ君の台詞から察するに、ハヤタがいつも大事にしているのは見られていた模様)。ハヤタ救出後に、今度は自分がにせウルトラマンに捕らわれてしまうが、本物のウルトラマンに救出された。

 21話:ケムラーの毒ガスで失神したフジ隊員に代わって、ムラマツ隊長の指示を受けながら小型ビートルを操縦。ケムラーの弱点が背中にあることも見抜いてイデ隊員に助言。

 24話:グビラによってパイプラインが破壊され、孤立した海底基地の中で慌てることもなく、ムラマツ隊長を補佐。

余談

  • 隊員服着用前に頻繁に被っていた赤い帽子は、飯島監督の私物だったとのこと。
  • 前述したとおりに、17話で正式に特別隊員となるが、16話のラストで既に隊員服を着用している。これは、製作順では16話が先(ホシノ君の私服が同じことから、ほぼ同時撮影とも思えるが・・・)のために、現場も混乱していたためと考えられる(監督も同じ飯島監督)。それを差し引いて考えれば、隊員になる以前から既にホシノ君用の隊員服が作られていたことになる(演じていた津沢氏の話では、わりと早い段階で隊員服用に寸法などは図ってたとのこと)。
  • 一番の活躍回ともいえる18話だが、演じていた津沢氏は丁度変声期にかかっていたために、にせウルトラマンに捕らわれる際の叫び声がアフレコで出せずに相当苦労した模様(たしかにこの頃は、初期の頃と比べるとホシノ君の声が低く聞こえる)。今では色々ありえない話だが、アフレコが深夜までかかったらしい・・・
  • 25話を最後に姿を消すが、これは演じていた津沢氏が24話の撮影後に人工スキー場で遊んでいたところ、骨折してしまい以降の撮影が不可能になってしまったため。25話は、科学特捜隊本部での待機組で、ほとんど台詞もなく24話が実質の最後の活躍回になってしまった。おそらくだが、33話のフジ・サトル少年は本来ならばホシノ少年の役回りだったと考えられる。

関連記事

親記事

科学特捜隊 かがくとくそうたい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホシノ・イサム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75

コメント