ピクシブ百科事典

にせウルトラマン

にせうるとらまん

「にせウルトラマン」は、ウルトラシリーズに登場するウルトラマンの偽物。
目次[非表示]

この記事ではザラブ星人の化けた元祖にせウルトラマンについて述べる(ザラブ星人に関しては当該項目を参照)。
それ以外の偽物のウルトラヒーローはニセウルトラマンの記事を参考。

データ

にせウルトラマン


身長:40メートル
体重:2万5千トン
出身地:ザラブ星(東京ビル街とも)

概要

ウルトラマン』第18話「遊星から来た兄弟」に登場。

ハヤタ隊員を捕らえたザラブ星人が、ウルトラマンの評判を落とすために化けた姿。
赤黒く光るつり上がった目、尖った耳、鋭い顎、身体に走る黒いライン、カールしたつま先が本物との違い(ただし当時のBタイプウルトラマンもつま先がカールしている)。
一目で分かる偽物だが、誰も気が付かなかった事で有名。ムラマツキャップも「例えウルトラマンでも、この地球上で暴力を振るう者とは戦わなければならん」と語っている。
あくまで姿をコピーしただけなので、スペシウム光線等の能力は使えない。
街を破壊し、ホシノ少年を宙吊りにして窮地に陥れたが、本物のウルトラマンが現れたことで格闘戦に突入、飛んで逃走しようとした隙にスペシウム光線をモロに喰らって悶絶し、正体が露見した。

本物のウルトラマンが登場するまで正体がバレなかった理由について、「夜に出現したため昼間よりも全体像が把握できなかったから」という説や、「地上にいる人間の視点からでは差異の大きい顔の判別が難しかったから」との説が挙げられている。
実際、後の作品において、昼間に出現したニセウルトラマンメビウスはすぐに偽物だとバレている(正体を見破ったサコミズが、にせメビウスを観察しやすい状況だったこともあるだろう)。
また、巨影都市をプレイすると、如何に人間視点での判別に苦労するかが分かる。

視聴者の観点だからこそ、彼を即座に偽物と判断できるとも言える。
視聴者は、ウルトラマンの戦いを毎回安全な立場から見て、正しい外見を把握しているのに対し、作中のモブの一般人は怪獣の被害から避難するため、自分に手一杯の者が多いはずである。更に、怪獣は毎回同じ土地に現れる訳ではないため、ウルトラマンを実際に見た回数はそれほど多くない可能性もある(さらにウルトラマン自身には制限時間が存在する)。緊急時で観察する余裕も暇もない一般人が、ウルトラマンの正確な外見がわからなくて気付かないこと自体はあながち不自然ではない。
毎回最大3分しか登場しないため、映像記録もろくに残っていないだろう点にも留意してほしい。この時代は今と違って誰もがカメラ付き携帯スマホなど持ち歩いていなかったのだ。
むしろ「身長と大まかな体型、それに色使い」と何万光年も離れた異星人の主要な特徴に関してはほぼ正確に把握しているザラブ星人の情報収集能力を褒めるべきだろう。それに比べれば「目つきが悪く爪先がカールしている」程度の違いは許容範囲かもしれない。
ぶっちゃけた話、完全に本物そっくりの偽者が登場した場合、視聴者どころか製作スタッフまで混乱する事態になるため、見分けがつくように本物とは多少の差異を出す必要があった。

本放送時には、次回予告(音声のみ現存)の時点で、ザラブ星人がウルトラマンに化けることが明かされていた。

着ぐるみは本物のAタイプスーツを改造したもので、マスクのみ新たに製作された(本物は本編第14話からBタイプに変更されている)。スーツは撮影後ゾフィー隊長に改造された。

以降の作品

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』にも登場。こちらはZAPクルーの目の前で変身したことや、怪獣オタクのオキがいたためすぐに正体がばれてしまい(ヒュウガは指摘される前に一瞬だけ引っ掛かっていたが)、レイゴモラと対決するも敗北。
登場や構えのポーズを間違える、ゴモラにチョップして痛がる、スペシウム光線の構えを取ってゴモラを怯えさせるも結局放つことができない真剣白刃取りに失敗してゴモラの尻尾が頭に直撃する、仕舞いには捕らわれて姿を借りられたハルナから「もっと上手く化けろ!」と突っ込まれながら彼女が乗る小型宇宙船「ドラゴンスピーダー」から撃たれるなど、コミカルな描写が目立った。それ以前に原点にはなかった青野武氏による掛け声も爆笑もの。
ちなみにアーケードゲーム版ではやたら高性能になっており、フェイクではあるがウルトラ水流やスペシウム光線が使える。

ウルトラ銀河伝説』では、ザラブ星人がウルトラマンベリアルが捕えられている宇宙牢獄に潜入する際にこの姿を取った。

ウルトラマンSTORY0』にて星間連合の一員として登場したザラブ星人が化けたにせゾフィーは、最初こそ本物そっくり(よく見たら目元が濃く、悪者っぽい)だったが、エースタロウに追い詰められ逆上するとこのにせウルトラマンのように目のつり上がった姿になった。意外と集中力の要る技なのかも知れない。

ウルトラ忍法帖』第9話にも登場した。眼の周りに模様があり、忍び装束が朧党の物になっている。アントラーを攻撃するウルトラセブンの前に現れるが、その正体は本物のマン(悪そうな目もメイクによる物)。正月に冗談で500円しかお年玉をくれなかった将軍に腹を立てて朧党に寝返った。闘いを拒むセブンを刀や手裏剣、放屁連発で痛めつけるが、流石にブチ切れたセブンのワイドショットアイスラッガー乱れ切り、カプセル怪獣トリプル攻撃、エメリウム光線連射で逆に自分がやられてしまう。首領からはお年玉を4袋貰っていたが、中身が首領のプロマイドだったために首領も八つ裂き光輪乱れ撃ちで倒す。その後反省した将軍とも仲直りするが、将軍がお年玉を落としてしまい「これが本当のお年玉」とふざけたために将軍もボコボコにする。
のちにナイス率いる「ウル忍2軍」のメンバーとして本物の(?)にせウルトラマンが登場。親切を信条とする好人物だが忍者としての強さはからっきし。
いずれも朧党の忍獣挫羅武(ざらぶ)とは無関係である。

ウルトラマングラフィティ』では本物のマンを冷蔵庫に閉じ込めてウルトラマンキングの300万歳の誕生パーティーに出席し、キングに媚びを売って遺産相続人の座を狙う。結局本物が会場に現れたことで目論見は阻止され、洗礼光線によりザラブ星人の正体がバレた後はあっさり去っていったが、遺産を巡るゴタゴタでウルトラ戦士たちの仲は険悪なものとなってしまった。
この作品では一貫して「にせウルトラマン」としか呼ばれていない。

ウルトラ怪獣かっとび!ランド』ではザラブ星人がレギュラーとして登場するものの変身能力を使う事は滅多になく、にせウルトラマンの登場は2回のみ。1回はブラックキングへの仕返しにザラブが変身しあらん限りの光線を浴びせると脅して戦意を喪失した隙に叩きのめすが、本物が人助けでいつまでもお使いから帰らなかったためから折檻を受ける羽目になる。
2回目はヨイトマカ星に迷い込み怪獣退治に意気込む科特隊から罠の位置を聞き出した。

余談

『ウルトラマン』本編での格闘中に、本物がにせウルトラマンの頭にチョップを叩き込んだ直後に痛そうにしている描写が存在するが、これは演技ではなく素で痛がっている
ウルトラマンを演じた古谷敏氏曰く、「思いっきりチョップをしたところ、それがたまたま頭部に直撃してしまい、あまりの激痛に思わず上述のリアクションをとってしまった」とのこと。

人相の悪い偽物ヒーローキャラの草分け的存在であり、ウルトラシリーズに限らず後の作品の偽物キャラに与えた影響は大きく、ちょくちょくネタにされがちなキャラだが、カルチャー的にも何気に重要な存在とも考えられる。

関連タグ

にせウルトラマンの系譜

にせウルトラセブン
エースロボット
にせウルトラマンジョーニアス
にせアストラ
妄想ウルトラセブン
にせウルトラマンダイナ
にせウルトラマンアグル
にせウルトラマンガイア
幻影ウルトラマンアグル
にせウルトラマンコスモス
カオスウルトラマン/カオスウルトラマンカラミティ
カオスロイド
ニセウルトラマンメビウス
ニセウルトラ兄弟(SRチーム)
ダークロプスゼロ/ダークロプス
ニセウルトラマンオーブ
ウルトラマンオーブダーク

ウルトラマンジード - 似てはいるがこちらは正義の戦士である。

ジード一コマ漫画

関連記事

親記事

ザラブ星人 ざらぶせいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「にせウルトラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52619

コメント