ピクシブ百科事典

にせウルトラマン

にせうるとらまん

ザラブ星人の化けたウルトラマン
目次[非表示]

偽物ウルトラマンは大勢いるが、ここではザラブ星人の化けた元祖にせウルトラマンについて述べる。(ザラブ星人に関しては当該項目を参照して下さい)
そのほかはニセウルトラマンの記事を参考にしてください。

データ

身長:40メートル
体重:2万5千トン
出身地:ザラブ星


ウルトラマン第18話「遊星から来た兄弟」に登場

ハヤタ隊員を捕らえたザラブ星人が、ウルトラマンの評判を落とすために化けた姿。
はっきり言ってバレバレの偽物だが誰も気が付かなかった事で有名。…まぁ、彼が初のにせウルトラマンであり、ウルトラマンの生態(悪に落ちると容姿が変わる)を知っている地球人など一人もいなかったから仕方ないとも言えるが。
姿をコピーしただけで、スペシウム光線等の能力は使えない。
街を破壊し、ホシノ少年を宙吊りにして窮地に陥れたが、本物のウルトラマンのスペシウム光線で正体を表した。

ジード一コマ漫画


バレバレの偽物とは、視聴者の観点だから、とも取れる。
視聴者は、ウルトラマンの戦いを毎回、安全な立場から見て、正しい外見を把握しているのに対し、作中のモブの一般人は、怪獣の被害から避難するため、自分に手一杯の者が多いはずである。更に怪獣は、毎回同じ土地に現れる訳ではないため、ウルトラマンを実際に見た回数はそれほど多くないはずである(さらにウルトラマン自身には制限時間が存在する)。緊急時で観察する余裕も暇もない一般人が、ウルトラマンの正確な外見がわからなくて気付かないこと自体は不自然ではない。
毎回最大3分しか登場しないため映像記録もろくに残っていないだろう点にも留意してほしい。この時代は今と違って誰もがカメラ付き携帯スマホなど持ち歩いていなかったのだ。
むしろ「身長と大まかな体型、それに色使い」と何万光年も離れた異星人の主要な特徴に関してはほぼ正確に把握しているザラブ星人の情報収集能力を褒めるべきだろう。それに比べれば「目つきが悪く爪先がカールしている」程度の違いは許容範囲かもしれない。

本放送時には、次回予告(音声のみ現存)の時点で、ザラブ星人がウルトラマンに化けることが明かされていた。

そんなにせウルトラマンの着ぐるみだが、実はAタイプスーツの流用。本人じゃねーか! そりゃ見分けもつかないわ(本物は14話からBタイプに変更)。

以降の作品

ウルトラギャラクシー大怪獣バトルにも登場。こちらはZAPクルーの目の前で変身したことや、怪獣オタクのオキがいたためすぐに正体がばれてしまい、レイゴモラと対決するも敗北。
スペシウム光線の構えを取ってゴモラを怯えさせるも、結局放つことができないなどのコミカルな描写が目立った。

ウルトラ銀河伝説ではザラブ星人がウルトラマンベリアルが捕えられている宇宙牢獄に潜入する際にこの姿を取った。

ウルトラマンSTORY0にて星間連合の一員として登場したザラブ星人が化けたにせゾフィーは、最初こそ本物そっくりだったが、エースタロウに追い詰められ逆上するとこのにせウルトラマンのように目のつり上がった姿になった。意外と集中力の要る技なのかも知れない。

ウルトラ忍法帖第9話にも登場した。眼の周りに模様があり、忍び装束が朧党の物になっている。アントラーを攻撃するウルトラセブンの前に現れるが、その正体は本物のマン(悪そうな目もメイクによる物)。正月に冗談で500円しかお年玉をくれなかった将軍に腹を立てて朧党に寝返った。闘いを拒むセブンを刀や手裏剣、放屁連発で痛めつけるが、流石にブチ切れたセブンのワイドショットアイスラッガー乱れ切り、カプセル怪獣トリプル攻撃、エメリウム光線連射で逆に自分がやられてしまう。首領からはお年玉を4袋貰っていたが、中身が首領のプロマイドだったために首領も八つ裂き光輪乱れ撃ちで倒す。その後反省した将軍とも仲直りするが、将軍がお年玉を落としてしまい「これが本当のお年玉」とふざけたために将軍もボコボコにする。

にせウルトラマンの系譜

にせウルトラセブン
エースロボット
にせアストラ
妄想ウルトラセブン
にせウルトラマンダイナ
にせウルトラマンアグル
にせウルトラマンガイア
幻影ウルトラマンアグル
にせウルトラマンコスモス
カオスウルトラマン/カオスウルトラマンカラミティ
カオスロイド
ダークザギ
ニセウルトラマンメビウス
ニセウルトラ兄弟(SRチーム)
ダークロプスゼロ
ニセウルトラマンオーブ

pixivに投稿された作品 pixivで「にせウルトラマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33197

コメント