ピクシブ百科事典

エースロボット

えーすろぼっと

異次元人ヤプールが作り上げたウルトラマンエースのロボットである
目次[非表示]

「我々ヤプールの科学を持ってすれば、エースの一人や二人創りだすことなど雑作もないことなのだ」

データ

別名:超人ロボット
身長:40メートル
体重:4万5千トン
出身地:異次元

第14話「銀河に散った5つの星」に登場

ヤプールエースキラーテストの為に用意したロボット。捕まえたウルトラ兄弟への嫌がらせも兼ねてウルトラマンエースにそっくりに作ってある(ニセモノらしく関節部にプロテクターが付いてるがそれ以外はそっくり)。
後にサロメ星人サロメロボットのニセウルトラ兄弟のエースロボを作っているが、こちらは機動性重視の設計であった。

能力的にはエースと同等ということになっていて、本物同様にメタリウム光線を撃つことが出来る(だが動きはぎこちなく、すごくノロい為、本物よりも威力が弱いかもしれない)。特筆すべきはむしろその防御力で、エースキラーとの戦闘では、何とエースキラーの放ったスペシウム光線を3発、エメリウム光線を2発、ウルトラブレスレットを一回喰らっても耐えぬいたほど! 

ヤプールはこれを量産して使えばよかったんじゃないか?
並の超獣よりもエースを追い詰めれる可能性はあるのだが…(現にサロメ星人はそれでウルトラマンゼロを追い込んでいる)。

活躍

ゴルゴダ星でエースキラーのテストとして、ウルトラ兄弟の前に現れる。メタリウム光線を放つもエースキラーには全く通じず、逆に必殺技の嵐を食らいまくり最終的はM87光線で破壊される。エースキラーと一緒に戦わせればエースに勝てただろうに勿体無い…

ヒーローショーなどでは、既存のスーツに手を加えればすぐできるため、たまに悪のロボット怪獣として登場することがある。

派生作品

ウルトラマン Fighting Evolutionシリーズ

PS2のゲームソフト「ウルトラマン Fighting Evolution 3」にも登場。

強すぎたエースロボット


ウルトラモード「死刑!ウルトラ5兄弟」でエースロボットでエースキラーを倒すと強制Sランク「強すぎたエースロボット」が取れ、プレイアブルキャラクターにエースロボットが追加される。

しかし、肝心の性能はと言うと、耐久力は低い、動きはトロい、攻撃力も低いと弱さ三拍子で、玄人向けの性能である(しかし、一部の攻撃にスーパーアーマー持ちなので相手の攻撃中に攻撃するという強引な事も出来る)。

ウルトラマン倶楽部3またまた出撃!!ウルトラ兄弟

FCのゲーム「ウルトラマン倶楽部3またまた出撃!!ウルトラ兄弟」にもボスキャラクターとして登場。
一度倒した後はラストダンジョンでのボスラッシュ戦にも再登場する。だがこの時にエースロボットを倒してしまうと、戦闘終了後に画面がバグり、謎の空間に飛ばされそこから一歩でも動くとエリア1(ステージ1)の洞窟の奥深くにある四次元空間にワープさせられるというバグが存在する。しかも回避方法はなく、確実に発生してしまう。通称エースロボットバグ

これにより、果てしなく続いたダンジョンの道が突然のバグによって水の泡になってしまうという鬼畜仕様である。(ただラストダンジョンとエリア1は一応同じ場所なため、かなりの遠回りになるが戻ってくることは出来る。また、これが発生するのはラストダンジョンの終盤で、そろそろ回復アイテムの補充が必要になる頃なので、に戻ってセーブし再び戻ってくるという手段がある)

回避方法はないが、対処法は存在する。その方法は画面がバグったらその場を動かずにセレクトボタンでステータス画面を呼び出してキャンセルをすれば画面のバグが元に戻る。

因みにこのバグは仕様ではないかという説が存在する。

ウルトラ怪獣擬人化計画 feat.POPComiccode

75話で、ヤプールによって作られたエースロボットが登場。
ヤプールはこれ以前にも新型の超獣製造機を使って、エースとそっくりの超獣を作り出したことがあるため、その技術を応用したものと思われる。

原典と同様、体の各部にプロテクターを施され、容姿がエースと似ているのは原典と同様だが、外見がかなりデフォルメされ、フォルムも全体的に丸っこくなっているので、正直全く強そうに見えない

エースキラーの性能をテストするために戦わされるが、案の定全く歯が立たずに一方的にボコボコにされ、M87光線で止めを刺されそうになるが、直前で慌ててヤプールが「壊れちゃうといけないから」と止めに入ったために事なきを得た。

その後はヤプールに連れられて一緒に寝室へと入っていった

ULTRA-ACT

2014年09月25日に魂ウェブ限定商品として商品化及び注文開始。その後2015年03月18日に発送された。正式商品名は「エースロボット&ゴルゴダ星セット」
同梱として第13話・第14話に登場したゴルゴダ星の十字架が計5つ付属。

基本的にULTRA-ACT・ウルトラマンエース(再販売版)の流用でただリングパーツとプロテクターを装着しただけの商品ではあるが、一部パーツがオミットされている。(手首はデフォルトと合わせても3種(構え・握り手・平手)のみでエフェクトはメタリウム光線のみ、交換用カラータイマー付属)

またリングパーツやプロテクターは全て外せるので、その気になればウルトラマンエースにする事が可能だが、やはりパーツの少なさは否めないのが惜しいか。しかしメタリウム光線のエフェクトは本物のエースに付属するメタリウム光線のエフェクトよりも原作に忠実なカラーリングとなっており、もちろん本物に転用する事ができる。

一方で十字架は異なる3種類の金具(首と右手・左手と足で長さは異なる)をセットするという組立式ではあるものの、その分ステージジョイントに対応しているなど使い勝手はよく、ジョイントは位置調整も可能なのでウルトラ兄弟以外も磔にする事が可能。

またULTRA-ACT以外のフィギュアも磔にする事ができる(ただしフィギュアによっては合わない物もあり)ので汎用性は高い。

余談

スーツは撮影用のAに、ウェット素材で造形された金色のパーツをかぶせたもの

関連タグ

ウルトラマンA
超獣
ヤプール
噛ませ犬
ニセウルトラマン
エースキラー

pixivに投稿された作品 pixivで「エースロボット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29445

コメント