ピクシブ百科事典

負けイベント

まけいべんと

負けイベントとはゲーム用語でシナリオ展開上負けるイベントのことである。
目次[非表示]

概要

特に戦闘を伴うイベントで負けが確定しているイベントのことである。負けバトルと呼ばれる事もある。シナリオ展開上勝つことは出来ず、負ける事でシナリオが展開する。但し、作品によっては(通常では考えられないくらいにレベルを上げれば)勝つことが出来る場合もある。

勝っても負けても進行するイベントのことは負けイベントと呼ばれないことが多く、どちらかと言えば勝つことはまず不可で、負ける前提であるものが負けイベントとされる。大体の場合は、この後更に強い助っ人が助けに来てくれるか、敵に捕まえられ(一時的な捕縛)るか、或いは想定外の横槍で見逃されるかどれかである場合が多い。ただし主人公が複数存在する作品などでは、そのまま退場もありうる。
主人公や仲間が覚醒し敵を倒すなど、バトルには負けるがイベントとしては勝利と言える結果になる場合もある。

RPGでは時折、この負けイベントが含まれる事があり、馴れたプレイヤーであれば負けイベントと分かれば無意味にアイテムを消費せず潔く負けてしまうことも多い(基本的に勝てないのだからアイテムを使うのは無駄である)。一方で、そんなプレイヤーの心理を突いて「負けイベントか」と思わせて敗北したらその後、○○達の行方を知る者は誰もいなかったと出てゲームオーバーになり唖然としたプレイヤーもいるようなので注意が必要である。また、全滅ではなく一定ターンを生き延びるか逃げなければならない(一定ターン後、敵の技で死亡やイベント発生で戦闘終了など)というパターンもあり、こちらの場合は一定ターンを経過する前に全滅した場合はゲームオーバーとなるため注意。

このような性質のイベントなのでプレイヤーに敵の強さを知らしめる役割であることが多く、その時点では敵わなくとも最終的に打ち倒せるようになる展開である事が多い。

しかしながら、やり込みプレイヤーの中にはこの負けイベント(に限らず通常のプレイでは倒せない敵)を、あり得ない程のレベルアップや作戦などを用いる事で勝利に導くものも居る。
大体、この場合以下のパターンのどれかの展開になることが多い。

  • 倒せない
    • そもそも無敵不死の設定がされているか、HPを0にする前に戦闘が強制終了して倒せない
    • 負けイベントに限らず、敵の撤退やイベントで勝利などのパターンでも使われる
  • 敗北扱いになる
    • 勝利してもストーリー上は展開が変わらない
  • 勝利すると展開が変わる
    • そのまま続行するケースとその後イベントで敗北させられるケースがある
  • 連続戦闘になる
    • 敵が無限湧きするため、負けるまで延々と戦いが続く
  • ゲーム終了になる
    • ゲームオーバーになる場合もあれば、エンディングになるパターンも
  • 不具合発生
    • バグってしまい、ゲームそのものがフリーズし進行不可になる
ほとんどはこのいずれかである。

無理矢理勝とうとした場合の挙動

どうやっても倒せないものは倒せない

異常に高い能力値によって実質倒せないケース、パーティを全滅させる攻撃によって負けさせられるケース、無敵フラグ、HPを一定以下に削ると戦闘終了等などによって勝利が絶対不可能なケースなど。
昔のゲームでも一部あったものの、データ容量などに制約が少なくなった最近のゲームには特に多い。これは無敵フラグなどを実装しやすくなったためである。ダメージが全く入らない、またはHPを一定以下にすると終了といったパターンはとすぐに負けイベントだと気付けるが、ダメージは入るが不死(HP0になっても死なない)だと気付きにくいため注意。アイテムの浪費などには気をつけたい。
DQ9のイザヤール戦のような、こちらが抵抗することさえできない特殊なイベントも中にはある。

敗北扱いになる

倒せないパターンに類似しているが、昔のゲームに見られがちなケースであり、容量の都合で「絶対に」倒せないスペックを作れない場合にこうなることが多い。
倒しても「負けたかのように」展開が進んでいく為、(普通は有り得ないが)負けイベントと気付かなかった場合は意味不明の展開となる。これは元々勝つ想定が為されていないためであり、戦闘終了=敗北イベント展開となっているからである。

勝利すると展開が変わる

勝利するとイベント内容が変わる為、やり込みプレイヤーなどには嬉しい仕様。ストーリー上勝利できる場合は、レアアイテムが手に入ることもある。
周回などで「強くてニューゲーム」があれば、このパターンが用意されていることも多い。この場合、1周目では負けイベントだが、周回プレイなどでは異なる展開を与えるものであり、制作者側が勝つ想定をしていると言える。

連続戦闘になる

サガフロンティア2の南の砦のように、勝利しても続いて新たな戦闘が発生し、こちらが負けるまで延々とバトルが繰り返されるパターン。プレイヤー側のリソースが尽きるまで続くため、敵の強さを考慮する必要が無く、一見すると強くないザコ敵とのバトルが実は負けイベントだったという罠を仕掛けることが可能。当然、勝利してバトルが終わること自体がありえないため、必然的に最終的には負けて普通に進行することになる。「倒せないほどの強敵に敗北する」というよりは、「あまりにも敵の軍勢が多すぎて押し潰される」というシチュエーションに多い。
FC版FF3の暗闇の雲のようなパターンは、想定外の戦力で倒された場合の対策として用意されたイレギュラーなもの。この場合は専用のセリフがあるため、開発者も想定していたようだ。
ちなみに、一部で有名なDQ4(初代)のキングレオに関してはバグであり、本来は敗北扱いのパターンである。なお、これに関してはチートを使用しないと勝利すること自体不可能になっている。

ゲーム終了になる

勝利すると展開が変わるパターン同様、やり込みゲームでは見受けられる展開である。当然1周目用ではなく周回プレイ前提で用意されていると言える。

一例

不具合発生

昔のゲームによくあったパターンで、通常は勝つことを想定させていないため、勝った場合のフローが無く、そこで勝ってしまうとバグってフリーズしてしまい、ゲーム自体の進行が不可能になって詰んでしまい、どうしてもリセットするしかなくなる。
フリーズの仕方は色々で、そのまま画面が止まった状態になるか、スプライトが乱れておかしな表示になる。
あまり無茶なことをやらかしてしまうとこのような事になり、最悪な場合、データ自体が消えてしまうこともある。
但し、極々稀に勝利できることを制作陣が想定しているのか、倒せないあるいは敗北扱いにされるパターンが多く、滅多にないケース。
他に、負けイベントのイベントが発生せず、勝つことも負けることも出来ずにバトルが延々と続いてしまうという不具合もある。尚、シミュレーションRPGで敵を倒すことが勝利条件ではないイベントで敵を全滅させると経験値稼ぎ以外にやることがなくなるが、勝利条件を満たせば終了となるため不具合ではない。

一例

著名な負けイベントの敵

負けイベントに見せかけて負けイベントでは無い敵

余談

pixivでは勝てる気がしないというタグがある。イラストキャラクターがあまりに強そうな場合の閲覧者の声なのだが……負けイベントとは、要するにそういう相手を眼前としたイベントだと思えば良い。

ゲーム以外の作品において、主人公達が負ける話を「負けイベント」と言うこともある。

関連イラスト

ゲマァァァァァ!!


関連タグ

ゲーム用語 敗北 勝てる気がしない
類似語主人公補正ガン無視 ある意味負けイベントの一つ

pixivに投稿された作品 pixivで「負けイベント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 746423

コメント