ピクシブ百科事典

サムエル・ホドリゲス

さむえるほどりげす

METAL GEAR RISING REVENGEANCEに登場するキャラクター。
目次[非表示]
サム


これが剣術だ

人物

Samuel Rodrigues
CV:平田広明/Philip Anthony-Rodriguez
ブラジル生まれ。
彼の名はブラジル読みであり、英語ではサミュエル・ロドリゲスと読む。
別名「ジェットストリーム・サム」。
デスペラード・エンフォースメントLLCに雇われているサムライ風の謎の男で、今作における雷電ライバルキャラ

日本人ブラジル移民が伝えて独自に変化したブラジリアン剣術『ホドリゲス新陰流』の使い手で殺人剣である『裏太刀』の達人。サンダウナーのような自分の残虐性をさらけ出すタイプというよりは、自分より強い者を斬ることに快感を覚えるタイプの戦闘狂
無手での戦闘にも優れており、投げなど多彩な格闘手段を持つ。

2000年初頭のSOPもサイボーグ技術も普及していない時代に、重火器で武装したマフィア集団を生身のまま刀一本で殲滅したという伝説を持っている。尚、これは師である父親を殺した弟子の一人に関わるマフィアへの報復であった、とされている。
中南米ではアンデスの冷たい南風、ミヌアーノとして裏社会に恐れられていた。
その後は世界各地を回り、用心棒などで裏社会の揉め事に関わり、自らを法として無法者を斬って回っていた。
しかしそれに限界を感じていたサムはコロラド州デンバーのワールド・マーシャル社に腕試しと称して単身挑む。

なお、雷電がデンバー脱出の際に借用したバイクはサムがデンバーを訪れた際に使用したもの。感謝の言葉は皮肉にも宿敵に向けたものであった。

PMCコントラクターは全身サイボーグが当たり前の時代でありながら、殆ど生身の体のままでありMGS4でのスネークヴァンプのようにパワーアシストスーツを着込んでいる程度となんら変わりはない。そのため、雷電らサイボーグが切りつけられると白い人工血液(ホワイトブラッド)が流れるのに対して、サムが切られた際に飛び散るのは本物の赤い鮮血である。(なお、海外版ではサイボーグも赤い人工血液であるため、生身とサイボーグの違いが判りにくい)
スーツの表面は耐ブレード皮膜で覆われており、多少の攻撃は防ぐことが出来る。
右腕から右胸あたりまでを剣速を上げる為に高出力の人工筋肉で強化、更にプロテクターで覆っており、左右非対称な姿となっている。
フェイスガードは高濃度酸素カートリッジを内蔵した酸素供給装置となっており、戦闘時の酸素不足を防ぐ。
スーツには自己修復機能や電力吸収機能が搭載されている。
そのため、雷電の特殊作戦用義体同様に戦闘用サイボーグから自己修復ユニットやMCSF(燃料電池)の電解質を奪うことでスーツの機能の維持が出来る。
愛国者達の崩壊により流出した技術に元になった技術があったのか、偶然同時期に似たような技術が生まれていたのか、ドクトルが雷電の特殊作戦用義体に使用した技術と何らかの繋がりがあると思われるが、詳細は不明。

DLC第2弾では過去のサムの操作が可能だが、フェイスガードはなく、まだ右腕は強化されていないため左右対称の姿となっている。

作中での活躍

物語序盤で雷電と対決し終始圧倒、彼の剣が「快楽に怯えている」ことを見抜き彼の左腕と左目を斬り捨てた。
その後も活人剣を掲げて戦う雷電の本性を引き出すために様々な手を使って挑発していく。
サンダウナーが敗れた後、大統領暗殺を阻止すべくパキスタンへ急ぐ雷電の前に立ち塞がり、殺人剣に覚醒した彼と二度目の対決に臨む。
LQ-84iブレードウルフ)とは以前に何度か行動を共にしており、本心こそ伝えなかったものの多くの影響を及ぼしている。
また、雷電の生き方にも影響を及ぼしており、彼のミームは伝えられていく。

腕試しの際にLQ-84iと交戦しており、戦いに適さないことを見抜き、自由を求めることと共にそれを告げている。
モンスーンとの問答、そしてスティーヴン・アームストロング交戦、ナノマシンの欠点を見抜いて腕を切り落とすも、高質化した切断面を槍代わりとしたアームストロングに利き腕である右腕を貫かれてしまう。
限界を感じていたサムは唯一であった戦いでも精神面でも敗れたことで諦め、アームストロングの思想に共感していたこともあって軍門に降るのであった。

戦闘時の曲は「The Only Thing I Know For Real」。ロックに和をプラスした曲調、闘う事しかできない苦悩を表す歌詞が特徴。

高周波ムラサマブレード

サムが使用する高周波ブレード。
先祖代々サムの家に伝わるあの名工ムラサマにより16世紀頃に作られたと云われる戦国太刀を改造して高周波ブレードにしたもの。
玉鋼と高周波の反応により色が赤く変わっているものの、刀身自体は太刀そのままであり、柄に機構を仕込むことで高周波ブレード仕様に改造されている。
インジケータランプを兼ねている目釘を抜くことで刀身を外すこともできる。
高周波ブレードは性能を高めこそするものの、その威力は元となった刀剣の性能に依存するため、サムの高周波ブレードは雷電の持つそれよりも強力。
IDロックが搭載されており、ロックを解除しない限りは高周波機構は認証を通ったものしか使用ができないようになっているが、通常の太刀として使うことは可能。
鞘は火薬の爆発力を用いてスパイクを打ち出し、スパイクに押し出される形で太刀が飛び出す高速の抜刀を可能にする機構を備えている。
そのため、鞘用のマガジンを複数携行している。
鞘のデザインはM16アサルトライフルっぽくなっている。
誰の手により改造されたかは不明。
ちなみに『ムラサマ』の名は初代ウィザードリィに登場する最強の剣『Murasama Blade』(村正村雨を混同してしまった物)が元ネタと思われる。
なお、ケヴィンが調べた妖刀としての伝説は村正のものになっている。
ケヴィンは日本刀について詳しくないためか、太刀を佩いているのを裏太刀は刀も逆に持つのかといった発言している。

作中ではサムが雷電との二度目の決闘で敗れ死亡した後、「形見にしたい」と希望するウルフに雷電によって手渡された。
そして物語終盤、ブレードを折られてピンチに陥った雷電に時間経過でIDロックが解除されるように設定されていたこの刀と録音していたサムの言葉がウルフによって届けられ、雷電は最後の決戦に挑む事になる

モチーフ

サムエルの名前や一部の設定は、旧日本軍の開発した戦闘機烈風をモチーフにしていることが、作品のディレクターを務めた齋藤健治氏のツイートで語られている(ただし公式設定ではないとのこと)。
同じく戦闘機雷電を名前の由来とした主人公でありライバルの雷電とは、以下のような対比がなされている。

  • 雷電の本名Jackが「雷電」の連合国側のコードネームだったのに対し、サムエルの愛称Samは「烈風」のコードネームである。
  • 「烈風」「雷電」ともに、零戦の後継機候補として堀越二郎氏によって設計された兄弟機である。
  • 雷電が「Mr. ライトニングボルト」と呼ばれたのに対して、サムのコードネーム「ジェットストリーム」は烈風の意訳と考えられる。

関連タグ

MGR 雷電 サンダウナー ミストラル モンスーン LQ-84i
 日本刀

pixivに投稿された作品 pixivで「サムエル・ホドリゲス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 123162

コメント