ピクシブ百科事典

太刀

たち

日本の刀剣武器の一種。 日本刀の部類で、室町時代まで作られていたもの。 刀身が長く刃の反りの大きいことが多く騎馬戦を重視したものといわれている。(※異説あり)
目次[非表示]

概要

 この武器平安時代から戦国時代にかけて一般的に使用された日本刀の一種であり、その語源は「断ち」から来ていると言われる。太刀はに乗ることができる身分の高い者が持つであるとされる。
 この項目では実際のこの種の武器、およびゲーム、モンスターハンター状に存在する武器の解説である。

分類

 刃身は基本的に二尺( 約60cm )以上の長さで反りが深い。携行する際はに通したに吊るし、刃が下向きになり、「佩く」と表現される。
 刃渡り三尺(約90cm)以上のものは「大太刀」または「野太刀」と呼ぶ。この種の武器は普通に使用する限り当時の日本人の体格では使い辛く、使いこなせた例は少ないとされ、実戦的なものではないと言う意見もある。
 しかし、江戸時代に入ってからは弓、長柄武器と共に所持携帯に対する強い規制を受けたこと、軍と倭寇との戦いの記録では驚異的な物の一つとして描写されていること、そして大太刀( or長巻 )の部隊が存在したことから一定の実用価値はあったと思われる
 また、前述の規制や南北朝期末期以降の大太刀使用の減少等の理由から短く仕立て上げられ短刀や通常の長さの打刀やさらに短く仕立てて脇差短刀などに生まれ変わったものや、権威の誇示や奉納品として作られた物も多く、漫画ゲームでは巨大武器の類いとして、背負った形でよく登場する。
 また、平安時代には牛車等狭い場所にて扱いやすいように刀身を短く、そりを深くした車太刀( ちなみに、源義経が使用したとされるものが現存 )や、体格に劣るものなどが利用するため刀身をを短くしたとされる小太刀などが存在する。

歴史

 太刀は騎馬武者の武器として発展してきた歴史がある。全体的な傾向として打刀より長く反りが大きく、基本的に片手での使用を前提としている。

馬上の武器

 まず、平安時代末期~鎌倉時代初期においての太刀の形状は、刃渡り80㎝内外程のものが多く、反りの中心が鍔元にある。刀身の幅も先端部分の幅が鍔元の幅に比べかなり細く、馬上使用を強く意識し重心が手元に来るようになっていると一般的には言われる。
 しかし、単純に「刃こぼれなどの補修のために、砥ぎ減って細くなっただけ」という説や当時の太刀の使用方法は「徒歩兵士が使う」か、「馬から降りざるを得なくなった際」など、徒歩の状態で使用する場合が多く馬上使用のための形状であったかのか怪しいという説もある。
 その後、鎌倉時代中期以降から太刀の馬上使用が増加するとともに、厚みや幅が増し、これまで先端部分と鍔元の刀身の幅の差が減り、先端(切っ先と呼ぶ)が太くずんぐりとした形状になった。
 また、反りの中心も徐々に先端へ向かうように鍔元から離れていく。鎌倉時代末期に起きた二度の元王朝の侵攻( 元寇 )の経験により、厚みが薄くなり切っ先が鋭く伸び、反りが浅くなった( この変化は元軍の皮鎧に対抗するためだったといわれるがよく分かっていない )。

用例の変化

 室町時代の初めに起きた、南北朝の騒乱では騎馬武者の主武器がから近接武器に移り、以前は強弓でパワフルさを誇示していたものが大きな武器を扱うことでそれを誇示するというものが多くなった。そのため、太刀や薙刀が大型化し、刀身の長さが85㎝を超えるのが珍しくなくなった。このような太刀を大太刀、また背中に背負って携帯する場合もあることから背負い太刀とも呼んだ。
 大型化の度合いにもよるが、特に大きいものは馬上用の刀剣というより薙刀などの長柄武器のような運用法になった。なお、その他の形状の変化については、切っ先はさらに鋭く長大化、厚みは重量軽減のために薄くなっており、反りも以前よりも浅くなった( ただし、後世の打刀よりは深い )。
 南北朝の騒乱が落ち着くと、平安末期辺りの姿にちかくなる。その後、応仁の乱などを経て南北朝の騒乱に誕生した打刀に徐々に取って代わられていき、江戸時代にはこの種の武器は形骸化し儀仗用となった。

使用法

 全体的な太刀の使用方法としては、反りを生かした非装甲部分への切り付けはもちろん刺突の他、しばしば、相手の動きを鈍らせたり、初期にはを脱落させるために、鉄兜を殴りつけることもした( このため、兜の内側にクッションが付くようになる )。騎乗では主に片手で徒歩では両手で扱うため片手半剣に近いかも知れない。
 ちなみに刃を下に向けて佩くのは刃を上に向けて携行すると太刀は反りがあるためにが動く度に鞘尻が馬に当たり、馬が落ち着かなくなるためである。つまりお馬さん思いのお馬さんに優しい携行の仕方である!ただしこれは「刃を下に向けて佩く理由の一説」なので別にも理由があるといわれる。
 また帯びに差さずにぶら下げるのは馬に乗ったまま太刀を抜く時に帯に差したりして携行していては太刀の反りがきつく馬に乗るために腰の自由がなく抜きにくいためである。

打刀との違い

太刀


 腰から吊って身に付けるという太刀は非常時の抜刀しやすさに難があり、室町時代中期ごろから従来は短い腰刀として用いられていた打刀がその長さを伸ばす形で太刀に取って代わるようになる。
 打刀は刃を上にして帯に差すため、抜刀から即攻撃ができるという点で優れており、実戦の時代に求められる帯刀様式だった。太刀と打刀の刀身に関しては作られた時代に応じた地金の質以外に違いはなく、長い太刀を短く刷り上げて打刀として用いられたものも多く存在する。打刀でも騎乗の際には、太刀のように刃を下にして腰に帯びる場合もあった。

『モンスターハンター』シリーズ

鎌威太刀
抜刀


 現代のpixivで「太刀」と言われたら大体これ。
 カプコンの『モンスターハンター』シリーズにおける武器系統の一種。初代から大剣の1カテゴリとして存在していたが、『モンスターハンター2(dos)』(MH2)で独立した。
 いわゆる細身の刀。だが、その形状は「太刀」に留まらず、薙刀や鎌、中には「骨」そのものまである。また、「太刀」というものの、その長さは対モンスター用なので巨大。帯刀方法も、腰に提げるのではなく、背に背負う形になる。
 元々は大剣から派生した武器であるが、大剣と違い、抜刀時でも素早く移動出来、且つ素早く攻撃を行えるために、一部のハンターに人気の武器である。
 特徴は「気刃斬り」。攻撃すると溜まるゲージを消費して使用する攻撃で、全段ヒットした時の爽快感は良く、また与える総ダメージも高い。
 『モンスターハンター3(トライ)』(MH3)ではオミットされず、フィニッシュで「気刃大回転斬り」が発動し、モンスターに当てることで攻撃力が上がる要素が増えた。
 しかし、大剣と違ってガードが出来ない上に威力も抑え目なので、双剣ほどではないが、手数を要求される武器でもあり、攻撃の性質上、片手剣ランスガンランスと相性が悪く、気刃斬りでコケさせてしまって迷惑をかけてしまうことがよくある。
 MHP3ではドリンクスキルに「尻もち着かず」、狩猟笛の旋律に「のけぞり無効」などがあるため、それなりの対策は出来なくは無い。

関連タグ

日本刀 打刀 武器
野太刀バスタードソード 大太刀

斬馬刀 サーベル 軍刀
天下五剣 …… 日本刀でも傑出した五本の太刀

pixivに投稿された作品 pixivで「太刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1636077

コメント