ピクシブ百科事典

小太刀

こだち

小太刀とは、日本刀の一種である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

らんま1/2」の登場人物。→九能小太刀
大図書館の羊飼い」の登場人物。→小太刀凪
日本のフリーライター。→小太刀右京

概要

 刃長が二尺(約60cm)前後の太刀あるいはを指す。
 一般的には定寸刀と呼ばれる2尺3寸( 約70㎝ )の日本刀と1尺( 約30㎝ )未満の短刀の中間程度の長さとされるが、この定義だと「脇差全般を指す」、「2尺にわずかに満たないいわゆる大脇差長脇差を指す」、あるいは「差し方や作りによって名称が変わる」など諸説存在する。
 なお、現代の刀剣の登録においては小太刀という区分が存在しないため、長さにより2尺( 約60㎝ )以上は太刀あるいは刀として、それ未満は脇差として扱われている。

歴史

 この兵器歴史鎌倉時代まで遡ることができるが、牛車での取り回しがしやすいように刀身を詰めたとされるいわゆる「車太刀」から進化したものか、あるいは体格に劣るもの、特に子供が用いる用途とも言われており、大太刀などとは異なり当時はどのように用いられていたかについては資料不足しており、また当時実戦で用いられたかどうかも不明である。
 また、後世になり用法が変更されたらしく、それがこの兵器のイメージをあいまいなものにしている面があるかもしれない。
 なお小太刀術という剣術が誕生したが、これは南北朝時代まではさかのぼるものの、その兵器の登場よりも後であり、後年の武器の変化もあり小太刀というよりは脇差を片手で用いる為の剣術であり、時代劇などで帯刀を許されていない女性などが用いることが多い武術のひとつであるため、見た目はイメージしやすいかもしれない。

創作

 このようにこの兵器は実戦での使用は少なかったと見られているが、創作物においては「打刀や太刀よりも取り回しに優れた片手用の刀」として度々登場する。特に忍者などが好んで使う場合が多く、珍しい武器であるためか個性的なキャラクターが使用する傾向にある。
 有名なものであれば、「るろうに剣心」の登場人物・四乃森蒼紫が、取り回しの良い小太刀を用いた、防御に優れた剣術の使い手として描かれている。

関連タグ

日本刀 太刀 脇差 短刀

参照

wikipedia:同項目

pixivに投稿された作品 pixivで「小太刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40376

コメント