ピクシブ百科事典

京都見廻組

きょうとみまわりぐみ

江戸時代末期に幕臣によって結成された京(京都)の治安維持のための警察部隊・軍事組織。

概要

元治元年(1864年)、京都守護職松平容保の配下として、備中浅尾藩主蒔田広孝と旗本松平康正が京都見廻役に任命された。蒔田・松平の下にはそれぞれ約200名の旗本・御家人が配属され、京都見廻組として京都の市中警備を行うことになった。後に見廻役は幾度か交替しており、実質的な指揮は与頭(隊長)の佐々木只三郎が執っていた。
見廻組の詰所は二条城近くに置かれ、主に二条城や御所周辺を管轄とした。
同じく京都守護職配下で市中警備を行っていた新撰組とは、身分の違いや管轄権争いなどから反目しあっていたとされる。

慶応3年(1867年)11月15日、坂本龍馬中岡慎太郎の暗殺(近江屋事件)に佐々木只三郎、今井信郎、渡辺吉太郎、高橋安二郎、桂早之助、土肥仲蔵、桜井大三郎、渡辺篤らが関与したとされている。

鳥羽伏見の戦いで佐々木をはじめ多くの隊士が戦死し、見廻組は事実上瓦解。
残った隊士は狙撃隊として再編され日光東照宮の警備などに当たったが、新政府軍に解散させられた。

関連項目

新撰組
衝鋒隊・・・後に今井信郎が副隊長として所属。
遊撃隊幕府軍
前島密・・・養父前島錠次郎は見廻組隊士。
見廻組・・・同組をモデルにした少年漫画『銀魂』に登場する警察組織。

コメント