ピクシブ百科事典

バルバトス・ゲーティア

ばるばとすげーてぃあ

「今日の俺は紳士的だ。運が良かったな。」
目次[非表示]

男に概要の二文字はねぇ!

年齢:32歳
身長:187cm
体重:82kg
一人称:俺
声優:若本規夫
使用武器:斧

テイルズ オブ デスティニー2』で初登場の敵キャラクター。
殆どの場合、長いフルネームでタグがつけられる事は無く、「バルバトス」タグが使われる。

天地戦争時代に仲間を裏切ったことにより元仲間のディムロスによって処刑されたが、エルレインによって蘇らされた事により、「英雄を抹殺する」ことを目的として時空を飛び回る。
英雄への憧れを強く持っていたが、凄惨な戦い方故に英雄として認めてもらえなかったことと、天上軍の兵への残虐な行為によって処罰されたことが裏切りへと繋がった。
しかし、カイル・デュナミスと戦ってからは、しだいにカイルを倒す事のみを目的とするようになっていき、何度もカイル達の前に立ち塞がる。
本編中では3回、移植されたPSP版での隠しダンジョンを含めるとなんと5回も戦うこととなる。

盲目的に英雄を目指す序盤のカイルに対するアンチテーゼの一面も持っている。
バルバトスの声を担当している若本氏からは「スーパーピカレスク(超悪漢)」「けったいなドンキホーテ」「本当は繊細」等と例えられている。

「アイテムなぞ使ってんじゃねえ!」「術に頼るかザコどもが!」「俺の背後に立つんじゃねえ!」等々、戦闘中のセリフにはかなりのインパクトがある。
また、戦闘中にプレイヤーの様々な行動に対し不条理なカウンター攻撃をしかけてくることや、中の人の演技等から、シリーズ中でも印象に残る敵キャラクターとなっている。

理不尽な攻撃のほんの一例を挙げると、

「バルバトスを攻撃しても鋼体でのけぞらず、慌ててガードしたらガードブレイク効果の付いた攻撃を喰らう」

「傷ついた味方に回復アイテムを使用」

/アイテムなぞ使ってんじゃねぇぇ!!\

「全滅した…。」
ちなみにこれは、リメイク版のテイルズオブデスティニーや一部の客演作品でのことであり、彼の初出作品テイルズオブデスティニー2では育成次第では全滅しないのでご安心ください

敵にしては根強い人気を誇っており、『リメイク版テイルズオブデスティニー』『テイルズオブヴェスペリア』をはじめとして様々なタイトルにゲスト出演している。
前述のやたら濃いカットインもリメイク版テイルズオブデスティニーの奥義使用時のもの。(PSP版テイルズオブデスティニー2では隠しダンジョンでも戦う時にこのカットインを左右反転させたものがでる)
初出演作では自身の特技のみならず初戦の開幕で詠唱してくる上級晶術を始めとして多くの晶術も使いこなす戦闘スタイル(「術に頼るかザコどもが!」と言いつつ本人も上級の術を使って反撃してくるため、言ってる事とやってる事がまるっきり違うじゃねーか!と言う感じ)だったが、外部出演では特技一辺倒の力任せな戦闘スタイル、及びカウンター攻撃がアイテム使用に対してのみである事が多い。特技自体も出演回数に比例するかのように増えていっており、中にはステータス異常を引き起こす追加効果を伴うものもある。

彼が「みんなのトラウマ」と呼ばれる理由は、初出のデスティニー2の本編でボスとして登場した時のの強さよりも、リメイク版デスティニーにおいて"絶対に倒せない敵"として登場したことが由来とされる。
あまりにも長時間、同じフィールドで戦い続けてると
「貴様ら、こんな所で長々と何をしている?鼠の様に逃げ仰せるか、この場で死ぬか…どちらか選べぃ!
とバルバトスが乱入し、逃げるのに手間取るとすぐに全滅させられる…
このインパクトもあり、稼ぎプレイで出現するモノは「野生のバルバトス」なんて呼ばれることも。…一応逃げる猶予を与えるだけ紳士的か。
同じマップで経験値稼ぎ作業をしていると遭遇しやすく、「スティック倒しっぱなし&全員オート操作で放置」すると確実にエンカウントする。要は当時流行した裏技「放置レベル上げ」作業を防止するために導入されたオシオキ要素である。
ソレ以外で遭遇する彼とは一応、戦う事もできるが…とにかく一撃マトモに貰うと即死しかねないので、アーマーを剥がした後はそのままハメ殺すくらいの集中力がないとやってられない。なお、音属性の耐性に穴がありジョニーの「ビートヘヴン」→「まわれロンド」でCCが続く限り延々と浮かせ続けることが出来る。
ちなみに同作において難易度を最低の「SIMPLE」にして彼に遭遇すると、「貴様に俺と戦う資格はねえ!」と即死級の攻撃、「チープエリミネイト(多段大ダメージの砲撃技)」を戦闘開始早々いきなりブッ放してくる。避ける事が出来ても、ステータスは他の難易度に比べ高くなると言うおまけ付き。長期戦は免れない。
また、瀕死時に繰り出す最強奥義の「ワールドデストロイヤー」は、有志の調査によりダメージは21億4743万3647と言う超オーバーキルのトンデモ数値技だと言うことが判明(なお、普通に喰らっても数値は表示されない)。ディスガイアに行けよ、もう…。このせいで状況によっては食らった側のHPがオーバーフローして愉快な事になる。

関連項目なぞ見てんじゃねぇ!

関連イラストだと?貧弱すぎるわ!

死ぬか!消えるかぁ!
貴様の死に場所はぁ…!


ゆっくりしてい・・・あれ?
狂月眼


関連タグに頼るかザコどもが!





↓重大なネタバレは…ここだあぁぁ!!

















実を言うと、彼は物語の開始から数年前に、世界を救った英雄であるスタンとルーティの命を狙って、カイルの家であるデュナミス孤児院を襲撃。
卑劣にもロニを人質にとり、無抵抗にならざるを得なかったスタンとルーティを攻撃。ルーティは一命を取り留めたが、スタンは不幸にも殺害されてしまった。
さらに胸糞を促す悪役らしく、人質をとるという卑怯な手段をとっておきながら、スタンを殺した直後は「脆過ぎる」と、勝ち誇ったように彼を嘲笑っていた。
(しかし結城聖先生の小説版では、スタンは殺される直前にバルバトスに反撃を加えており、バルバトスを焦らせた)

カイルはあまりのショックに、父の死の記憶を無意識の内に封じており、彼が死んでいたことを忘れていた。ルーティはこれ以上息子に苦痛を与えたくない思いから、「父さんは旅に出た」と嘘をついていた。

前作主人公を殺害するという意味でも、バルバトスはかなり衝撃を与えた人物であり、カイルは復讐心を見せることはなかったが、彼にとってバルバトスは父スタンの仇でもある。

英雄という存在をひがみ同然に憎むバルバトスだが、そんな彼を蘇らせたエルレインがなぜ、バルバトスの孤児院襲撃を許したのかはわかっていない。
だが、エルレインが目的のために人々の信仰と支持を必要としていたことを、世界を救ったという功績を持つ英雄であるスタンたちの存在を考えると、スタンたち四英雄は邪魔だったのかもしれない。
(信仰対象である自分たちより、四英雄たちの方を讃えるようではフォルトゥナ復活の障害となることが予想されるため)

しかし、最期は18年前(テイルズオブデスティニー時代)のダイクロフトでカイルと雌雄を結し、敗れたあとに自分の手で死を選ぶと神の眼に飛び込むという形で幕をひいた。
PSP版では更にカイルへの恨みが時空の狭間を漂い、隠しダンジョンのアクアラビリンスで肉体を得て再び復活、最初は一人で挑んでくるが二度目は同じくカイル達に因縁のあるサブノックダンタリアンと組む事になった。

ディムロスに向けた憎悪も根深いものであったため、リメイク版テイルズオブデスティニーの隠しダンジョンのアルカナルインでは階層を突破していく度にブラックバックに彼の怨みを綴った言葉が表示された。

pixivに投稿された作品 pixivで「バルバトス・ゲーティア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81667

コメント