ピクシブ百科事典

フォルトゥナ

ふぉるとぅな

フォルトゥナ(Fortuna)はローマ神話に登場する運命の女神。
目次[非表示]

概要

フォルトゥナは運命、特に時に応じて変化する不安定性である偶然の女神である。
それゆえにフォルトゥナは、豊穣の角(コルヌー・コピアイ)や帆(移ろいやすさ)を手にして、舵(運命を操る道具)や車輪(運命の浮き沈み)、糸車(運命を紡ぐ道具)を操作し、球体(気まぐれ、不安定)に乗った図像で描かれ、女神自身は全裸にを持ち、先が読めない運命を示して目隠しをした姿で表された。

もともとフォルトゥナはローマ独自の女神ではなく、ローマの東にあるプラエネステ周辺で信仰されていた預言の女神である。赤子に授乳する姿で描かれるように豊穣多産が神性の中で最も重要視されており、フォルトゥナの名は「もたらす」を意味するローマ語が源流と言われる。
フォルトゥナ信仰はローマ王セルウィウス・トゥリウスによってローマに持ち込まれたといい、ギリシャ神話の運命の女神テュケーと同一視されるにおよび、固有の神話を持つことのないままパンテオンに組み込まれた。
子宝や戦争の勝利など多くの運命を予言するフォルトゥナへの信仰は民間から皇帝まで広い層に信者を生み出し、幸運のボナ・フォルトゥナ、悪運のマラ・フォルトゥナ等権能に応じて多種多様な別名を持っていた。

ガリア地方にも伝わったフォルトゥナは、太陽を車輪に、時間の運航を車輪の回転に託したガリア人の文化でも独自の発展を遂げ、車輪を持った女神の彫像やレリーフが数多く発見されたという。

女神転生シリーズ』のフォルトゥナ

運命に惑わされ生命に囚われる


初出作品は『デビルサマナー ソウルハッカーズ』。種族は「女神」。
頭にかぶったスカーフから前髪だけを垂らし、胴に車輪を備えた“運命の女神”然としたデザイン。白いスカーフと黒いスカートがたなびく様に弧を描き、陰陽を思わせる形になっているのも特徴。
女神の中でも早い段階から仲魔にでき、回復・補助スキルにより優秀な後衛として扱える。また、『ペルソナ3』以降は衝撃・疾風属性にも秀でたスキル構成になったことから、攻撃魔法よるアタッカーとしても活躍する。

真・女神転生Ⅳ』ではチャレンジクエスト「神の聖杯 悪魔の大釜」にて、フォルトゥナがケルト神話の地ガリアで信仰された女神として、トゥアハ・デ・ダナーンに混ざってダグザの大釜を天使から取り返す描写が存在する。



テイルズオブデスティニー2』のフォルトゥナ

CV:島津冴子
本作のラスボス。人々の幸福になりたいという想いがレンズを介して具現化した存在。自分の分身としてエルレインリアラを生み出し、彼女らの行動によって人々を幸せに導こうとする。しかし、エルレインの独善的な幸福論に反対したカイルたちの「神がいなくても人は幸せに生きていける」という言葉に自分の存在意義を否定されたと激怒し、エルレインの考えに同調して世界を破壊・再生させるべく巨大彗星「神の卵」の落下を促す。最終的にはカイルによって本体である巨大レンズを砕かれたことで消滅した。
カイル達に敗北した時の断末魔は「きえ…る…、消えると・・・い゛うのがぁあぁぁあぁぁあ!!!」と、どうやっても神とは思えない声を上げていた。
ラスボスなのだが、配下であるエルレインやバルバトスの暗躍が目立つため、やや印象の薄いラスボス。ボスとしては十分な強さを持つ。

関連タグ

ローマ神話 女神 運命
ろんぐらいだぁす!倉田亜美達が決めたチーム名が『チーム・フォルトゥーナ』

関連記事

親記事

ローマ神話 ろーましんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フォルトゥナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66455

コメント