ピクシブ百科事典

ケルト神話

けるとしんわ

ケルト神話はケルト人の神話。
目次[非表示]

概要

現代にケルト神話として伝わる、体系化された神々英雄の物語は、ケルト人たちが伝えてきたアイルランドウェールズ地方の神話・伝承を指す。
ブリテン島やガリアに伝わる神話はドルイドの口伝によって伝承されていたが、ケルト文化のローマ化に従ってドルイドの宗教が禁止された為に完全に消滅してしまったとされる。また、ケルト人の宗教は基本的に祖霊崇拝や精霊崇拝が中心だったため、他の多神教のような複数の神による序列そのものが築かれることもなかったといわれる。
一方、アイルランドやウェールズ地方の神話はローマの侵攻から免れ、またアイルランドに布教したパトリキウス(聖パトリック)がキリスト教とケルト文化の融和を図り、周辺の伝承を収集・記録したことから命脈を保つことに成功した。
そして12世紀頃から『侵攻の書』など「ケルト神話」として知られる各種伝承記録を編纂した書物が登場するようになった。

欧米を中心に催されるハロウィンはケルトの新年祭「サウィン」を原型としている。

アイルランドにおけるケルト神話

アイルランドにおけるケルト神話は以下の4つのサイクルで構成されている。

神話サイクル

ダーナ神族を初めとする、神々の物語。創世神話はなく(失われたともいう)、今のアイルランドにあたる「エリン」の島に50人の女性と3人の勇者が漂着するところから始まる。その後、四度に渡って島外からの諸部族の漂着(あるいは来寇)、繁栄、天災や巨人族等による滅亡が繰り返される(それゆえ来寇神話ともいう)。そして次第にエリンは巨人族フォモールが支配するようになった。第四次の来寇部族フィル・ヴァルウは、滅亡した第三次来寇部族のうち南に逃れて奴隷となった者たちの子孫であり、巨人と同盟してエリンに定住するようになった。

そこに第五次の来寇部族が襲来する。第三次来寇部族のうち北に逃れて北方魔法王国で魔法を学んだ者たちである。彼らこそ「トゥアハ・デ・ダナーン」ことダーナ神族つまりアイルランドの神々であった。王である戦神ヌァザに率いられたダーナ神族はフィル・ヴァルウを滅ぼしてフォモールの巨人族に挑む。ヌァザ王は巨人の王バロールに倒される。しかし、ヌァザの孫である太陽神ルーがバロールを討ち取って巨人族を滅ぼし、ついにダーナ神族がエリンの支配者となった。やがてミレー族という第六次の部族が来寇する。ダーナ神族はミレー族に敗れて海の彼方の世界「ティル・ナ・ノーグ」に逃れ、残った者は力を失って山野に戯れる妖精となっていった。このミレー族が現在のアイルランド人であるという。

登場する神々

ヌァザバロールルー等。

アルスターサイクル

クー・フーリンを中心とした英雄の物語。エリンの北東、アルスター王国を舞台とする。太陽神ルーの子として生まれたクー・フーリンは、冥界の女王スカアハのもとで武術を修業し、魔槍ゲイ・ボルグを手に入れる。やがてアルスター王国はコノート王国と開戦する。コノート側には事情あってアルスターから亡命した勇士たちとアイルランド諸州から集めた大軍があり、さらにアルスターの兵士たちを力萎えの呪いが襲う。この窮地をクー・フーリンは一人で凌がねばならない。この決戦に登場する人物たちの物語がアルスターサイクルである。

登場する英雄

クー・フーリンフェルグス・マック・ロイコナルフェルディアメイヴコンラスカアハ等。

フェニアンサイクル

フェニアンサイクルとはフィアナ騎士団の成立から崩壊までを描く物語である。エリンの上王が設立したフィアナ騎士団は、多くの英雄が集う騎士団であった。なかでも神の王ヌァザの血筋を引く英雄フィン・マックールは、知恵と癒しの力を持ち武術に優れており、王の課した試練を経て騎士団長となる。

登場する英雄

フィン・マックールオシーンディルムッド・オディナ等。

歴史サイクル

歴代のアイルランド君主の物語。

ウェールズにおけるケルト神話

イギリスのウェールズやコーンウォール、フランスのブルターニュに伝えられた神話の総称。現代では1849年にシャーロット・ゲストがまとめた『マビノギオン』によって知られる。
マビノギオンはおよその4つの物語からなる。「四つの枝のマビノギ」「マクセンの夢」「スィッズとスェヴェリス」「アルスル王の物語」

四つの枝のマビノギ

狭義でのマビノギオンとはここに含まれる4つの物語を指す。マビノギとは若者の物語を意味し、女神アリアンロッド、英雄ルー・ロー・ギッフェス(太陽神ルーのこと)らが登場する4つの若者たちの英雄譚が語られる。

マクセンの夢

ローマ皇帝マクセンが夢で見た乙女エレンを求めてブリテン島に上陸して結ばれ、本国の反乱と戦う物語。

スィッズとスェヴェリス

ブリテン王スィッズが直面した三つの危機に、フランス王となった弟のスェヴェリスが助力して挑む話。

アルスル王の物語

いわゆるアーサー王とその武将縁者たちが登場する物語群。中世騎士物語『アーサー王物語』の原典ということになるが、その成立順序や影響関係の詳細は不明である。

エピソードが現存しない神

クロム・クルアハケルヌンノスのように、上記のような神話中の物語が残っていない神格もある。

ケルト神話に登場する概念

ドルイド

ドルイドとは王たちの相談役のこと。司祭であり、立法者や裁判官であり、医者でもある。予言の力や魔術の力に優れていた。アーサー王伝説に登場する魔術師マーリンもドルイドの一人である。

ゲッシュ

ゲッシュとは騎士たちの誓いのこと。騎士たちはゲッシュによって強大な力を手にし、英雄となることができた。しかし、これを破ることは破った者の死や破滅をもたらすものであった。

関連タグ

神話
ヨーロッパ ブリテン島 アイルランド ウェールズ
ケルト人 アーサー王物語

ケルト神話をモチーフにした作品

ティルナノーグ
マビノギ
アリアンロッド

pixivに投稿された作品 pixivで「ケルト神話」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147452

コメント