ピクシブ百科事典

バロール

ばろーる

ケルト神話に登場するフォモール族の王。 予言により「子孫に殺される」運命を知り、娘を監禁し、彼女の産んだ子を海へ棄てさせた。 しかしそのうちの一人が生き残って光神ルーとなり、最期は予言通りルーに討たれた。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. バロール(Balor,Balar)とは、ケルト神話の登場人物である。本稿で説明
  2. TRPG「ダブルクロス」の能力。
  3. ザ・ランブルフィッシュ」の架空の組織。本項ではこれも併せて解説する。
  4. 女神転生シリーズ」に登場する悪魔。1が元ネタ。


概説

アイルランドの先住民族であるフォモール族で、トーリー島に居を構えていたという。

バロールはあらゆる武器が通用しない不死身で、彼の最大の武器は見たものを殺す邪眼である。バロールの邪眼は太陽のように輝いて見る者全てを倒したとされるが、生まれつき備わった能力ではなく、彼が父親の魔術の儀式を目にしたことで獲得したものであるという。
「侵略の書」に描かれるバロールは隻眼であり、年齢と共に重くなり湿ったまぶたとまつげに蔽われたその眼を開く為に4人の部下が滑車で持ち上げなければならなかったとされる。

強大な力を持つバロールであったが、自身の孫に殺されるという予言を受けていたため、娘のエスリン(エスニエ)を塔(洞窟)に監禁し、彼女が妊娠して3人の子供を産んだ際には部下に命じて海に投げ込んだ。
しかし、そのうちの1人ルーだけが生き延びてしまう。
時隔てた“モイ・トゥラ第二の戦い”で、邪眼によってヌアザ等のダーナ神族を壊滅寸前に追いやったバロールに対して、孫であるルーは遠間から投石機で邪眼を撃ち抜き予言通りバロールを殺害する。
そして、バロールの死体から転がり出た邪眼によってフォモール族は壊滅し、ダーナ神族の勝利が決まった。

一説によると同じくケルト神話に登場するゴブニュと同一視、同一人物とされている。

バロール(ザ・ランブルフィッシュ)

東欧に設立されていた地下格闘組織。
闘士を各地に派遣するギルドに近い性質を持つ。
身寄りの無い子供を闘士として育成しており、見込みの無いものは「穴」に送られ処分される。
(公式HPサブストーリーより抜粋)
ゼンはここで育ちグリードも闘士として所属していた。
ゼンが闘士として登録された直後グリードの手で壊滅する。

その後新生バロールが立ち上がりそこの闘士としてラッドが所属している。

関連タグ

ケルト神話 アイルランド 巨人 フォーモリア

関連記事

親記事

フォモール族 ふぉもーるぞく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バロール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167020

コメント