ピクシブ百科事典

ゴブニュ

ごぶにゅ

特撮番組『ウルトラマンティガ』に登場する怪獣。
目次[非表示]

「我々ハ 『保障システム』 我々ハ 『禁ジラレタ力』ヲ 使ワレタ時 活動スル」

概要

第19話「GUTSよ宙へ・前編」、第20話「GUTSよ宙へ・後編」に登場。
マキシマオーバードライブの開発を妨害しようとする何者かによって作られたロボット。
劇中ではヴァハ、ギガ、オグマの3種が登場した(メイン画像はオグマ)。

ゴブニュ(ヴァハ)

別名:機械人形(メカロイド)
身長:2m
体重:350kg
出身地:機械島
CV:田中亮一


人間サイズのゴブニュ。
深夜のメトロポリスに突如出現して徘徊し、人々から「鋼鉄の仮面」と呼ばれた。
首を360度回転させながら空を飛ぶこともできる。

TPC警務局の隊員を軽々と持ち上げられるほどの怪力の持ち主だが、非常に打たれ弱くガッツハイパーガンで銃撃されただけで機能を停止してしまう。中には部品らしいものは入っていない。

大量の個体がGUTSに回収されたが、本拠地であるダイブハンガーの中に運び込まれることでマキシマオーバードライブを搭載したアートデッセイ号を破壊しようと企んでいた。
しかしアートデッセイ号が機械島に向かって発進してしまったため作戦は失敗し、合体してギガとなる。

その後は機械島を防衛するために多数出現し、GUTSと宇宙戦を展開した。

ゴブニュ(ギガ)

機械人形 ゴブニュ(ギガ)


別名:巨大機械人形(きょだいメカロイド)
身長:60m
体重:8万t
出身地:機械島

無数のヴァハが合体し、巨大なロボットとなった姿。体内の自爆装置でダイブハンガーを破壊しようとする。
ヴァハと違って打たれ強くなり、体が頑丈になっただけでなくウルトラマンティガパワータイプ以上の怪力を誇る。
背中のノズルからのジェット噴射で敵を吹き飛ばし、頭部に約7個並んでいるランプは自爆までの残り時間を示すタイマーになる。

ティガが現れても相手にせず、ひたすらダイブハンガーを目指す。ティガに片足をもぎ取られてもなお自爆を試みたが、間一髪のところで上空に運ばれ、ティガが力を使い果たして消えた直後に大爆発した。
その後、GUTSのヤズミ隊員が回収した破片を調査して、機体を構成する金属そのものがコンピューターでありエンジンでもあることや、マキシマオーバードライブ(の原理)を開発(解明)した文明を消滅させるのが目的であることが判明する。

ゴブニュ(オグマ)

機械人形 ゴブニュ(オグマ)


別名:巨大機械人形(きょだいメカロイド)
身長:67m
体重:8万8千t
出身地:機械島

機械島の中に囚われたGUTSの救出に向かったマドカ・ダイゴの前に現れた、機械島の番人。
その体全体が機械島の一部でできているためヴァハやギガ以上に防御力が高く、パワーは800万馬力にも及ぶ。武器は怪力と、頭部から放つ電撃。頭部の形状を利用した頭突き攻撃も得意。
顔にある4つのランプは、ハーモニカのような音を立ててスクロール点滅する。

機械島と一体化することでさらに力を高めることもでき、ティガの両足を掴んで機械島と共に自爆しようと企むが、アートデッセイ号のマキシマ砲で倒された。

ちなみに、デザインを行った丸山浩のお遊びで、頭部には特技監督の名前がカタカナで隠されている。

機械島

全長:直径3km
重量:不明


宇宙空間を漂う、小島のような形をした要塞。
材質は地球外の金属で、アートデッセイ号のデラック砲をも受け付けないほど硬い。内部は空洞で誰も乗っていない。武器は本体下部から発射する電撃。
また、火山のようなハッチを開いて接近する物体を吸引することができ、一度取り込まれてしまうと外部との通信ができなくなる(電波を遮断するだけなので、有線ケーブルによる通信は可能)。

これらの防衛システムはマキシマエネルギーに反応して動くため、別のマキシマオーバードライブ搭載機のマキシマを逆位相で動かし、もう一方と相殺することで解除できる。

ゴブニュ(オグマ)と一体化してティガを道連れにしようとするが、オグマがアートデッセイ号に倒され、自身もゼペリオン光線で爆破された。

余談

名前の由来は、アイルランド神話の鍛冶の神ゴヴニュ(ゴブニュ)から。

関連タグ

ウルトラマンティガ ウルトラ怪獣

関連記事

親記事

ウルトラマンティガ うるとらまんてぃが

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴブニュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4218

コメント