ピクシブ百科事典

イギリスの妖怪

いぎりすのようかい

イギリスで伝承されている妖怪で、一般には妖精や水妖と呼ばれているものが多い。
目次[非表示]

概要

イギリスで伝承されている妖怪で、日本においては妖精水妖と呼ばれているものが数多く知られている。

現在伝承されているものは、島のケルトと呼ばれるケルト人によるケルト神話の神々や魔物がキリスト教の伝道後に零落したものであるともされるが、ドルイドによる儀礼や祝祭は同化することによって文化として残り、その中でもカボチャ提灯(本来はカブ)を造ってお化けに仮装するハロウィンは、現在においても形は変われど続いているものの一つである。

またベオウルフなどの叙事詩や中世のアーサー王伝説などに登場する魔物なども知られており、さらに16世紀にシェイクスピアによって書かれた『夏の夜の夢』によって妖精のイメージが一般化している。

近代になり、産業革命によって急激に人口が増加したロンドンにおいて、様々な事件や実在の人物をモデルとした幽霊話や都市伝説などの怪談が生まれ、ルイス・キャロルによる小説『不思議の国のアリス』などを筆頭に、不思議な生き物や怪物が登場する文学作品が多数生み出されている。

世界的に一般化しているドラキュラフランケンシュタインの怪物ミイラ男などの怪物もイギリスの小説家たちによるゴシック小説によって生まれた存在であり、さらに現在のファンタジー作品の原典であるといわれ、様々な怪物が登場する『指輪物語』の作者トールキンもイギリスの言語学者である。

実存主義などの思想によってキリスト教の信仰が衰退すると、その反動からか「新異教主義(ネオペイガニズム)」によるウイッカや、アレイスター・クロウリーの魔術結社の台頭などのオカルト思想が生まれ、古代の信仰が蘇らせられるのと同時に新たな神格がいくつも生まれることとなった。

なおイギリスという国の呼び方は日本独自のもので、正確にはグレートブリテン及び北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)であり、実際はイングランドウェールズスコットランド北アイルランド(イギリス王室属領のマン島含む)という4国の同君連合型の単一主権国家である。

そのため、各地域ごとに独自の言語による多彩な妖怪が伝承されているといわれている。

一覧

この項では隣国であるアイルランド共和国の伝承も掲載する。

ケルト神話


イングランドの伝承


スコットランドの伝承



ウェールズの伝承


アイルランドの伝承


マン島の伝承


イギリス全域の伝承

キリスト教文化およびヨーロッパ全域の伝承で英訳されているもの含む


騎士伝説・叙事詩


その他


近現代の創作

シェイクスピアの作品群

ルイス・キャロルの作品群

当該記事および子記事群を参照。

J.R.R.トールキンの作品群

当該記事および子記事群を参照。

J・K・ローリングの作品群

当該記事および子記事群を参照。

アレイスター・クロウリーの神秘思想

当該記事および子記事群を参照。

モンティ・パイソンの作品群

ゴシック小説・SF小説

ハマー・フィルム

MGM

イギリス出身であるとされるもの

関連イラスト

イギリス伝承系まとめ_その1
【WORK】世界の本当に怖い妖怪・モンスター (下巻)


関連タグ

外国の妖怪 アメリカの妖怪 西洋妖怪 イギリス アイルランド
ケルト神話 叙事詩 ハロウィン
ヨーロッパ キリスト教 ギリシャ神話 ローマ神話
妖精一覧 妖精 水妖

英国面

関連記事

親記事

外国の妖怪 かいがいのようかい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イギリスの妖怪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2078

コメント