ピクシブ百科事典

イグアノドン

いぐあのどん

最初に発見された恐竜。命名順は2番目だが、草食恐竜としては第一号である。
目次[非表示]

概要

植物食恐竜のひとつ。和名は「禽竜(きんりゅう)」。

全長9~12m。ウマの様な頭部、親指が棘状に変化した前脚、頑丈でよく発達した後脚、腱で強化された棒状の尾を持つ。吻の先端は嘴のような構造になっていた。通常は四足歩行だが、急いで動く必要がある場合は後脚だけで走る事もできたと考えられている。
前足の親指は鋭いスパイクになっており、ネオヴェナトル等の肉食恐竜を撃退する際に使われたと考えられている。
ベルギーでは数十体分の化石がまとまって発掘された例があり、群れで行動していたのではないかと推測されている。
また近縁種を含む化石はヨーロッパの広範囲からアジアアメリカなど各地で見つかっており、非常に繁栄した恐竜だったのではないかと思われる。

イグアノドンは同時期に発掘された肉食恐竜・メガロサウルスと共に、恐竜についての学問的な記述が最初期になされた化石として知られている。

発見当初はイグアナを全長60m程度に相似拡大させてツノを付けたような姿の「マンテル・イグアノドン」として復元されていた。

イグアノドン



その後ベルギーで化石が大量に発見されると、尾を地面につけ、2本足で立っている復元(俗に言うゴジラ立ち)に見直された。(ツノとされていたのは親指のスパイクと判明)

仕掛人藤枝イグアノドン



さらにその後、新たに復元が見直され、尾を持ち上げ、2足でも4足でも移動ができる今の復元図(メイン画像)となった。

ディズニー映画の『ダイナソー』の主人公アラダーもこの種類である。

名前はイグアナの歯を意味するが、これは最初に見つかったのが歯の化石だったため。歯がイグアナのそれとよく似ていたので、「これは大昔のイグアナの仲間に違いない!」ということから付けられた。
後に怪獣ポケモンの名前の接尾語「ドン」の大元になったと推測される。

またゴジライグアノドンの胴体、ティラノサウルスの頭部、ステゴサウルスの背鰭がモチーフで様々な恐竜を併せ持った外見である。

古代王者恐竜キング

第6紀から草属性で登場。バトルタイプは第6紀はこうげきタイプ、2007第1紀から2007第2紀はそっこうタイプ、激闘!ザンジャークはまもりタイプ。ショルダーネームは「繁栄の象徴」。

アクト団の使う超アクト恐竜も「7つのかけら」で先行登場し、後にアーケード版でも目覚めよ!新たなる力で登場した。「7つのかけら」ではレアリティが星6つ(アーケード版における強さ2000に該当)で登場したが、アーケード版では強さ1600で登場した。

関連タグ

恐竜 鳥脚類 イグアノドン科

主な近縁種

フクイサウルス テノントサウルス オウラノサウルス アルティリヌス

主な共存した恐竜

エオティラヌス ネオヴェナトル バリオニクス ヒプシロフォドン ヒラエオサウルス ポラカントゥス

関連記事

親記事

イグアノドン科 いぐあのどんか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「イグアノドン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「イグアノドン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27294

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました