ピクシブ百科事典

鳥脚類

ちょうきゃくるい

恐竜の内、鳥盤目・鳥脚亜目に属する植物食恐竜の1グループ。多くは植物の咀嚼に適した密集した歯列と、くちばし状になった口吻を持つ。
目次[非表示]

概要

 名称はギリシア語のOrnithopodaを直訳したもの。禽竜(とりりゅう)類とも。
 イグアノドンヒプシロフォドンパラサウロロフスなどが含まれる。
 中生代ジュラ紀前期から白亜紀末までの間、大小さまざまな種(小さい種では全長1mのリエリナサウラから大きな種では全長10mを超えるハドロサウルス類まで)が南極大陸を含むほぼ全世界に分布していた。
小さな種はほぼ全てが2足歩行であるが、大型化した種では4足歩行・2足歩行を状況に応じて使い分ける種もあった。

なお、名前は「鳥脚類」だが、特に大型の種では、あまり足の形状は鳥に似ていない。寧ろバクサイなどの植物食哺乳類に近い形状をしている。因みにこれらの恐竜達の生態系地位は現代の動物で言えば、シカアンテロープ等の中型植物食哺乳類辺りの地位に当たる。なお同様に、「獣の脚をした」と形容された事からそう呼ばれる獣脚類も、その名とは裏腹に鳥類に近い形状の脚を持つ種が多く、実際に鳥の祖先となったのは鳥脚類ではなく獣脚類に属する恐竜であった。

分類

・角脚類 Cerapoda
 ・鳥脚類 Ornithopoda
  ・ヒプシロフォドン(Hypsilophodon)
  ・リエリナサウラ(Leaellynasaura)
  ・ドリンカー(Drinker)
  ・アトラスコプコサウルス(Atlascopcosaurus)
  ・オロドロメウス(Orodromeus)
  ・フルグロテリウム(Fulgurotherium)
  ・スールーオサウルス(Siluosaurus)
  ・イグアノドン類 Iguanodontia

関連項目

恐竜 鳥盤類

pixivに投稿された作品 pixivで「鳥脚類」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9056

コメント