2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ハドロサウルス科

はどろさうるすか

鳥脚類の恐竜の一群であり、ハドロサウルスとその近縁種の仲間達の分類である。
目次[非表示]

概要

白亜紀後期に生きていた、中型から巨大型の植物食恐竜で、2本足で歩いたり4本足で歩いたりしていた。カモノハシ竜とも呼ばれるように、カモノハシに似た広い角質を持ち、一部の者には鶏冠がある。多数のデンタル・バッテリーを造り、ミット状の手足には状のがあった。最も繁栄した植物食恐竜と言える。

デンタル・バッテリー

ハドロサウルスの仲間には、から出ている使用中の物と、顎の骨の中に控えている生え替わり用を加えて、550~1400本の歯があった。使用中の歯擦り減ると抜け落ち、生え替わり用の歯が、下から上がって来る仕組みになっていたのである。このような歯の集まりを「デンタル・バッテリー」と言う。所で、ハドロサウルスの仲間が顎を閉じると、上下の歯が噛み合う。この時、噛み合う面は斜めになっている。ハドロサウルスの仲間の上顎は、左右に広げられたため、斜めに噛み合った歯の間で、食べ物は効率良く磨り潰されることになる。堅い繊維質の植物を食べるのに、よく適していた。同じようなデンタル・バッテリーは、角竜類にも見られる。

主な種類

ハドロサウルス亜科

ランベオサウルス亜科


関連タグ

恐竜 鳥脚類 ハドロサウルス亜科
ランベオサウルス亜科

関連記事

親記事

鳥脚類 ちょうきゃくるい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハドロサウルス科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1867

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました