ピクシブ百科事典

テルマトサウルス

てるまとさうるす

白亜紀後期のヨーロッパに生息していた中型のカモノハシ竜の一種である(メイン画像左下の2頭の恐竜)。

概要

全長5mほどの中型のハドロサウルス類である。
名前の由来は「湿地のトカゲ」から来ている。
原始的な特徴を残している。頭骨は平らで、鼻面は短く、幅の狭い口先を持ち、の前部にはがなかった。

関連項目

恐竜 鳥脚類 ハドロサウルス

pixivに投稿された作品 pixivで「テルマトサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 626

コメント