ピクシブ百科事典

クリトサウルス

くりとさうるす

白亜紀後期の北アメリカに生息していた中型のカモノハシ竜の一種である。

概要

全長6mほどの中型のハドロサウルス類である。
名前の由来は「分離したトカゲ」から来ている。
割と原始的な特徴を持ったハドロサウルス科(いわゆるカモノハシ竜)の鳥脚類である。頭骨の幅は広く、が目立って盛り上がり、瘤のような膨らみがあるのが特徴。
かつてはアルゼンチンまで進出したと考えられていたが、近年の研究でアルゼンチン産の化石は別種と判明している。

関連項目

恐竜 鳥脚類 ハドロサウルス

関連記事

親記事

ハドロサウルス亜科 はどろさうるすあか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「クリトサウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 222

コメント