ピクシブ百科事典

サウロロフス

さうろろふす

白亜紀後期の北米とアジアに生息した大型の鳥脚類である。
目次[非表示]

発見と命名

1911年、アメリカ自然史博物館のバーナム・ブラウンがカナダのアルバータ州で新種の鳥脚類の化石を発見し、1912年にサウロロフス・オズボルニと命名した。
それから30年以上後の1946年、旧ソ連の調査隊がモンゴルのゴビ砂漠でS.オズボルニとは別のサウロロフスの化石を発見し、1952年にS.アングスティロストリスと命名された。
最近アメリカ・カリフォルニア州から見つかった化石には、2013年にS.モリシと命名された。
サウロロフスとはその特徴的なトサカに因んで「隆起のある爬虫類」を意味する。S.オズボルニはアメリカ自然史博物館の古生物学者ヘンリー・F・オズボーン(ティラノサウルスヴェロキラプトルなどを命名)に因んでおり、S.アングスティロストリスとは「幅の狭い口先」を意味する。

特徴

サウロロフスはモンゴルでS.アングスティロストリスの足跡や皮膚の印象を含んだ保存状態の良い化石が何体も発見されているため、大型鳥脚類の中でも比較的研究が進んでいる。

最大の特徴は頭頂部に上方に伸びるトサカである。このトサカは中空ではなく、鼻から吸った空気の通り道にはなっていなかった。おそらくこれは種の識別などに用いていた可能性が高い。鼻腔のまわりに浅くて広い凹みがあることから、ここには空気を吸った時に風船状に膨らむような組織があり、肺に乾燥した空気がそのまま到達しないようにする機能があったとする説もある。
前肢の指先がひづめ状になっていたことから四足歩行をしていた可能性が高いが、急ぐ時などは二足歩行も出来たと思われる。足跡の化石などから、彼らの後脚のつま先はやや内向きで、前肢の爪は2本だけだったことが分かっている。
皮膚の印象化石から、サウロロフスの皮膚は直径2センチほどの大きな鱗と、直径3~5ミリの小さな鱗となっていた事が分かった。

全長は種によって異なるが、S.アングスティロストリスは最大で全長12メートル・体重3~5トンと、鳥脚類の中でも比較的大型の恐竜であった。

生態

歯は他のカモノハシ竜と同様「デンタルバッテリー構造」となっており、植物をしっかりすり潰して食べていたと思われる。近縁種と同様、彼らも群れをつくって行動していた可能性が高い。
その巨体から成体にはほとんど敵はいなかったと思われるが、幼体や弱った個体はティラノサウルス類の獣脚類の格好の餌食となっただろう。モンゴルから見つかったS.アングスティロストリスの上腕骨に、当時生息した大型獣脚類タルボサウルスの歯型が残っていたことがそれを物語っている。

余談

サウロロフスはパラサウロロフスの名前の由来となったが、両者はハドロサウルス類の鳥脚類であること以外はほとんど接点はない。
また、モンゴルの種とアメリカの種のどちらが原始的であるのかもまだ判明していない。

関連タグ

鳥脚類 マイアサウラ パラサウロロフス

pixivに投稿された作品 pixivで「サウロロフス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3138

コメント